選手FOCUS / IN FOCUS

小峰 徹也 Tetsuya Omine

フォワード・FL

シャイニングアークスに4人いる清真学園出身者のひとり。その後も名門大学ラグビー部に入部し、日本一を経験する。競争の激しいポジションで、自分のプレースタイルを貫きながらも強さを身につけ、トップリーグ公式戦出場を目指す。

小峰 徹也

中学高校のプレースタイルが今も基本になっている。

――ラグビーを始めたきっかけを教えてください。

元々はサッカーをやっていたのですが、僕が通っていた清真学園中学にはサッカー部が無くて、ラグビー部があるんです。サッカーと似ているかなって思って最初はラグビーを始めました。あとは小学校のサッカー部の先生が元々ラグビーの選手で、その先生に「やったらいいんじゃない?」って勧められたのがきっかけです。

――ラグビーへのイメージはどんなものを抱いていましたか?

あんまり詳しくは知らなかったのですが、ボールを蹴れるし、体も当てられるし、サッカーに似ているのかなと思って始めました。でも全く違っていました(笑)。中学の時って、そんなにタックルが激しくなかったし、僕らの代は中1の時から結構強くて勝つ試合が多かったので、楽しんでやっていました。

――サッカーへの未練はありませんでしたか?

たまに練習でサッカーをやったりもしていて、学校のすぐ近くに鹿島アントラーズのスタジアムがあって、アントラーズのジュニアユースを受けてみようかなと、色々考えたこともありました。でもまあ、ラグビー始めたし、ラグビーで良いかという感じでやっていたら大学、高校、社会人と続いています。

――中学卒業後も清真学園高校でラグビーを続けますが、当時のポジションは?

高校2年まではBKをやっていました。FB、CTBのポジションでした。でも捻挫とか、怪我をしょっちゅうしていて、FWならBKほどステップも踏まないし足に負担がかからないと言われ、FLにコンバートされました。

――1年生、2年生の時、清真学園は花園に出場していました。花園という舞台の感想は?

1年生の時は、僕はまだリザーブで花園の雰囲気を味わっただけでしたが、2年生の時は出場しました。緊張と感動で、1試合目の前半なんかはほとんど記憶に無いくらい緊張していたんですけど、あのグラウンドで、あの観衆の前でプレー出来て嬉しかったですね。

――高校日本代表に選ばれていますね。

高校3年の夏にセレクションを受けて、自分では絶対に駄目だろうなと思ったんですけど、代表メンバーに入ったと言われて、信じられなかったです。ニュージーランド遠征に行きましたけど、向こうはもう高校生からして体が大きいんですよ。しがみついてようやく止められるといった感じで、外国人選手の凄さを痛感させられました。

――清真学園は、どちらかと言うとコンタクトを避けるプレースタイルですよね?

そうですね。コンタクトプレーは苦手でした。逃げる、かわすというスタイルでずっとやっていましたので、それが今でも自分のプレースタイルになっていると思います。

――3年の時は県予選の決勝で敗れて、かなり悔しい思いをしたそうですね。

当時は周りからも、全国に行っても上位にいけるチームだと評価もされていたんですけど、その期待を裏切るような形で、県予選決勝で敗退してしまいました。自分はキャプテンだったんですが、練習メニューも僕が決めていましたので、それが甘かったのかなとか色々考えてしまいました。しかも、僕らが花園出場を逃してから、去年まで清真学園は花園に出場できていなかったんですね。だから「お前らのせいで花園出られなくなった」みたいなことも言われて、きつかったですね。今年の花園には清真学園が出場できたので、やっとその苦い思いから開放される気分です。

――練習メニューはどうやって考えていたんですか?

1週間のうちに、何曜日は走りこみをして、何曜日と何曜日は筋トレをして、というふうに決めていて、後はチーム練習の中で、チームに何が足りないのか、意見を出し合って、メニューに取り組んでいました。それに監督に与えられたメニューを取り入れたりと、副キャプテンと話し合って決めていました。練習メニューを考えるのは面白かったですね。今の自分が持っている知識で考えれば、もっと色々出来たかなと思いますけど、当時は毎日何をやるのか考えるのに必死で、1日のことに集中しすぎていたかなとは思いますね。

――清真学園出身の人は、慶応大学に進路を選ぶことが多いようですが、何故早稲田大学に進学を決めたのでしょう?

単純に一番強いところに行きたいなと思っていて、その時はちょうど関東学院と早稲田の2強時代だったので、早稲田か関東学院のどちらかとは考えていたんです。ちょうどテレビで早稲田の大学選手権決勝の試合を見ていて、「荒ぶる」(大学選手権で優勝した時のみ歌われる部歌)を歌っているのを見て、「いいなー」と思って、ダメ元で一般推薦を受けてみたら受かりました。

――早稲田大学は実力によって幾つかのグループに分けられるそうですが、小峰選手がレギュラー組のAグループに定着したのはいつ頃ですか?

4年になるまでは、A(1本目)かB(2本目)を行ったり来たりしていました。2年生の夏くらいまではAにいることが多かったのですが、色々なところを怪我していたんですよ。3年生の時も怪我をしてBに落ちたりしていて。だからずっとレギュラーに定着していたのは4年生の時だけですね。

――大学の時はチームの中ではどんな役割を担っていましたか?

キャプテンが一人で突っ走っていくタイプでしたので、それを他の4年生がフォローして下級生を引っ張っていくという感じでした。キャプテンが厳しくチームメイトに怒ったりするので、僕は皆が落ち込んで沈まないように盛り上げたりする役目でした。

――4年生の時に大学選手権では優勝して、憧れていた「荒ぶる」を歌えました。歌ってみてどんな気持ちになりましたか?

試合の前半は攻められていて、負けるかもしれないという思いがあったのですが、最終的には勝てたので、皆で凄く喜びました。僕らは対抗戦では2敗もしていたし、「優勝は出来ない代」って言われてもいたので、どちらかというと優勝できてほっとした部分が強かったです。

強さを身につけて世代交代を担っていきたい。

――卒業後の進路のことは考えていましたか?

ラグビーは続けたいなと考えていました。でもトップリーグでやっていく実力は無いんじゃないかと、自分では思っていました。でも強いチームでやりたいとは思っていました。それで、トップイーストのチームの中で就職先を探していて、その中で早稲田のコーチにNTTの方がいたので、チームの情報を聞いたりしていました。あとは君島良夫(清真学園の先輩)さんが食事に連れて行ってくれて、そこでNTTコムがどんなチームか色々教えてくれて、今はチーム強化をしているという話も聞いて、NTTコムがいいなと思うようになって決めました。ただその当時は、今のようにトップリーグで順位争いをしているチームになるとは想像もしていなかったですね。

――清真学園での同期、川本祐輝選手も同じ年度に入社します。そのことは知っていましたか?

お互いにNTTコムに入ることは知らなくて、最後の面接があるというので会社に呼ばれて、待合室に通されたら川本がいて、「あれ?」みたいな感じでした。「お前も?」みたいな話をして、その時に初めて知りましたね。川本は慶応で1年生の頃から試合に出ていましたし、僕も早慶戦に備えて川本をビデオでよく見ていたので、4年ぶりに同じチームでプレーしましたが、特に変な感じはしませんでしたね。

――ShiningArcsの3列(FL・No.8)は選手層が厚いので、レギュラー争いも大変ですね。

体の大きい選手だったら他にもいるし、自分が同じプレーをしても勝てないことはわかっています。でも当たらなくてもステップでかわして相手を抜いていけばいいと思うし、僕は「強さ」よりも「キレ」で勝負しています。FWが相手の場合、1対1なら相手を抜ける自信があるので、僕にとってはそこが勝負どころだと思っています。今はまだ局面での強さが足りないとコーチからも言われていますし、1本目のメンバーに選ばれていないという理由もそこにあるんじゃないかと感じています。「キレ」で勝負するのは昔からの僕のプレースタイルなので、そこは変えずにもっと力をつけて「強さ」も備えたいですね。

――今はサテライトリーグに出場していますが、大学ラグビーの時との違いは何でしょうか?

大学の時は負けることなんてあり得ないと思うくらい、負け試合が少なかったし、ファーストジャージを着た以上負けられない責任もあって、プレッシャーを感じながら試合をしていました。
今は公式戦にでれていなくて、勝たなければいけないというプレッシャーが少ないと思います。
今後、チームがどんどん強くなればBチームでも簡単に負けてはいけないと思いますし、プレッシャーのかかる試合が増えると思います。

――入団して3年目になりましたが、チームの今後を考えることはありますか?

今はベテラン選手に頼ることがどうしても多いのですが、チームはどこかで世代が替わっていかなくてはいけないと思っています。ベテラン選手がたとえ抜けても大丈夫なように、良いところはどんどん学んで、今はついていこうかなと思っています。まだ初々しくやっていますね(笑)。