選手FOCUS / IN FOCUS

鶴谷 昌隆 Masataka Tsuruya

フォワード・LO / FL

双子の兄弟でそろってトップリーガーという鶴谷ツインズの弟、昌隆選手。深刻なケガで長期離脱も経験しながら、力強く復活した。得意のジャッカルとボールキャリーを武器に、2019年ラグビーワールドカップ日本代表も視野に入れ始めた。

チームで一つになれるからラグビーを続けてこられた

――ラグビーとの出会いを聞かせてください。

高校に入学して、ラグビー部に入りました。それまでは、幼稚園からずっと空手をやっていて、小学3年生からはサッカーも。ちなみにピアノも幼稚園から中学校まで習っていました。みんなに意外だって言われるんですけど(笑)。

空手の道場はかなりレベルが高く、その分、厳しいところでした。僕の姉が世界チャンピオンになったり、僕も小学5年生の時は全国3位になったり。やるだけやったので、中学卒業を機に新しいスポーツをやってみたくなりました。

――数あるスポーツの中で、なぜラグビーを選んだのですか?

地元の青森北高がラグビーの強豪で、父が「やってみたら」と勧めてくれたんです。それで(双子の兄の)知憲と一緒に、高校入学前から試合を見たりして、入部を決めました。空手をやっていたので、体を当てるところに魅力を感じたんですよね。

――実際にラグビーを始めてみて、どうでしたか? 当初から楽しかったですか?

最初はルールも分からないし、体も先輩たちに比べたら小さかったので、ラグビー自体が楽しいっていう感覚はなかったかもしれないです。とにかく、体を大きくするのに必死でした。朝ごはんを食べて、学校に着いたらパンを買って食べて、午前中の10分休憩で弁当を食べて、昼休みは学食で食べて、放課後の練習前におにぎりを2個ぐらい食べて、練習が終わったらまたおにぎりを食べて、家に帰ったら晩ごはん。1年、2年で10kgずつ増えて、入学した時は75kgだったのが95kgになりました。よく食べられたなと思います。今、同じことは絶対に出来ないです。胃もたれがハンパないと思う(笑)。

――ラグビーのどんなところが気に入りましたか?

チームで一つになれるところが楽しかったですね。空手は個人競技だけど、ラグビーはチームスポーツなので、全員とつながらないと、一人だけ強くてもダメっていうところがありますから。私生活でもラグビー部の仲間とつるんで、それがあるから、試合でチームのために体を張れたりするんですよね。

――ポジションはどんな経緯でLOやFLに?

入部する時に、監督から僕と知憲でフォワードとバックスに分かれろって言われて。多分ややこしいからでしょうね(笑)。最初は似たような体格だったけど、フォワードをやるうちに僕のほうがデカくなっていきました。1年生の時はLO、2年生はLOとNo.8、3年生の春は兄弟で組んでCTBをやって、夏からNo.8に戻りました。

――高校からラグビーを始めて、高校代表に選ばれているんですね?

たまたまだと思うんですけどね。高校2年生から試合に出られるようになって、花園(全国高校ラグビー大会)にも出て、3年生の時に代表に選んでいただきました。

僕は青森の田舎者だし、ラグビーを始めて3年目だったので、高校代表では周りがまぶしかったですね。周りは小学生からやっている選手が多いですし、みんな自信を持ってプレーしているなと感じました。自信があると、自分はこうしたいと周りにしっかり伝えてプレーできるので、自信って大切なものだなと学びました。

――高校時代の試合で印象に残っているのは?

3年生の時、花園の最後の試合ですかね。僕らは東北で優勝してBシードを取ったので、2回勝てばベスト8だったんですが、その2戦目で大分舞鶴高校と当たって。あの時は自分たちのプランを崩されて、悔しい思いをしましたね(12-22で敗北)。

高校代表では夏に菅平でフランス代表と対戦したり、イングランドに遠征したり。海外遠征って初めてだったので、最初はウキウキだったんですけど、言葉の壁があったり不便に感じ始めると精神的にキツくなったりもしました(笑)。

――進路に筑波大学を選んだ経緯は?

一時は就職も考えていて、自衛隊の試験にも合格したんですが、やっぱりラグビーで高校代表にもなったし、大学からいくつかお誘いもあったので、進学することにしました。

――大学時代は寮生活ですか?

筑波は国立なので寮はなくて、一人暮らしでした。友達を家に呼べて楽しかったですね。ただ、自由って自己管理がついてまわるものなので、そこは大変でした。自分がどれだけ食事や生活をしっかり管理できるかが、選手としての成長やチームの状態にも関わってくるので。食事はなるべく自炊で頑張っていました。

――料理が上手くなったんじゃないですか?

全然ダメです(笑)。栄養は偏らないように作りますけど、メニュー的には同じものばっかりになっちゃって。鶏の胸肉と野菜を一口大に切っていためて食べるとか、そんな程度です。

――筑波は鶴谷選手たちの代から強くなってきましたよね。練習は厳しかったんですか?

そんなに厳しくなかったです。ただ、僕らの代は本当に仲が良くて、それが良い方向に働いたと思います。同期で試合に出る選手が2年生ぐらいから多くて。僕も1年生の時から出ていましたし。おかげで、3年生、4年生の時は他の大学ほどメンバーが大きく変わることがなかったので、チームワークもますます強くなっていました。

――4年生の時はバイスキャプテンも経験。

周りからはイジられる方だったんですが、キャプテン(内田啓太選手、現在はクボタ所属)が厳しい人だったので、その分、僕がフォローするということで、副キャプテンをやっていました。

――大学時代、一番思い出深い試合は?

4年生の時(2012年度)の関東大学ラグビー対抗戦です。試合前に連覇が決まっていた帝京大学との対戦で、僕らが勝てば同率優勝という試合でした。勝つことしか考えてなかったですね。試合に入って、その時は「(相手の強さが)こんなものだったっけ」というぐらい、勢いに乗っていました。自分でトライも取って勝って(24-10)、国立大で初めて(同率)優勝。ラグビーをやっていて本当に良かったと思いました。

ただ、その後、選手権の決勝で当たった帝京はまったく違うチームになっていましたけどね。強すぎて試合開始20分ほどで内心「これはヤバい」と思っていました(22-39で敗北)。

――大学時代もU-20代表を経験。社会人ラグビーの選手になる意志が生まれたのはこの頃ですか?

高校卒業時点で一度、就職も視野に入れた分、進路は早い段階で意識していました。僕らの頃は企業からの勧誘って、3年の夏に監督から紙で渡されるんですよ。紙束をもらった時は「おっ、結構来てる」と思って、うれしかったですね。

2019年ラグビーワールドカップ日本代表を目指して

――複数社から勧誘があった中で、なぜNTTコムを選んだのでしょうか?

熱心に誘っていただいたし、上り調子でこれから強くなるチームだと思ったのも大きいですね。最初から強いチームに入るより、やりがいがあるような気がして。同期の顔ぶれを見ても「これは絶対強くなるぞ」と思っていました。

――入団して、シャイニングアークスの第一印象はどのようなものでしたか?

選手みんなの人間性が良くて、そこは期待以上でした。一人ひとりがしっかりしていて、普段話していても気持ちがいいし、ラグビーへの姿勢もリスペクトできるところがたくさんあります。自分勝手なことで怒る人はいないので、新人でも発言しやすかったですね。

――初めて、トップリーグの試合に出た時のことは覚えていますか?

(1stステージ第3節の)豊田自動織機戦ですね。確か、ものすごい雨でした。僕は緊張していて、試合前はとにかく怖かったです。相手にぶつかるのも怖いし、責任をしっかり果たせるのかどうかも不安だったし。それでも、試合に出て10分ぐらいすると緊張もとけて、終わった後は達成感もありました。

――その後、新人ながら順調に出場を重ねましたが、このシーズンは2ndステージ第2節から出場機会がありませんでした。

ケガですね。試合中に何回か頭を打って、だんだん頭痛が取れなくなって体調が悪くなって、気づいたらドクターストップでした。私生活も含めてずっと頭がフラフラしていましたね。3カ月ぐらい休んで、良くなったので復帰したんですが、昨季も(1stステージ第5節の)NEC戦で頭を打って救急車で運ばれて。そこから体調不良が続いて結局、2年連続、シーズン途中でチームを離れることになりました。

――頭のケガは肉体的にも精神的にも辛かったでしょうね。

一度は引退も考えました。人生は長いのに、これでパンチドランカーにでもなってしまったら後々まで影響が出るし、家族にも迷惑がかかるし。それで、ロブ(監督)に引退を考えていることを伝えたら、オールブラックスのリッチー・マコウ選手のことを話してくれました。マコウも若い頃に脳震とうで3年を棒に振ったそうなんですね。「彼はそんな深刻な状態から、自分の気持ちや体を整えて復帰して、あんなに輝かしいキャリアを積んでいるんだ。お前にも出来る。今季はしっかり休んで来季の復帰を目指したらどうだ」と言ってもらって。

ロブの言葉もうれしかったですし、引退は考え直したんですが、最初のうちは脳震とうで気分が悪いし、具体的にどう立ち直っていけばいいのか、考えられませんでした。会社も2週間休んで、ずっと家にいて、うつ病になりそうでしたね。朝起きて飯食ってテレビ見て寝る。そんな生活が続きました。

でも、2週間経ってクラブハウスに顔を出したら、チームメイトが気にかけてくれて、「大丈夫か」って声をかけてくれて。練習が出来ていなくても、ちゃんとチームメイトとして見てくれてるんだなっていうのが、すごくうれしかったですね。そういうことがやる気につながって、復帰に気持ちが向かうようになりました。

――苦しい時期を経て、今季8月29日の東京ガス戦(練習試合)で復帰。トライも決めました。

9カ月かかって、やっと復帰できました。試合前はちょっと怖かったり、自分に対する期待が高まってきたり、いろんな気持ちが入り混じっていました。支えてくれた人たちへの感謝を、心の中で強く思っていましたね。片割れ(知憲選手)にもいろいろ助けてもらいましたし。トライはたまたま良いところにいただけなんですけど(笑)。かなりうれしかったし、自信につながりました。

――双子の兄・知憲選手とは、とても仲が良さそうですが、ラグビーをやっていく上ではどんな存在ですか?

自分の悪いところを遠慮せずに指摘し合える良い仲間です。僕もあいつも、お互いが相手だと、何も気にしないで話せるので。

――ケガから得られたものはありますか?

あきらめない気持ち。一番はそこですかね。目の前の状況が厳しいからあきらめるんじゃなくて、可能性が少しでもあるなら挑戦したほうがいいって考えるようになりました。ケガの前まで、そんなことは考えたこともなかったけど、今はそう思っています。あきらめずに努力したら、最後に報われるはずって。

スキルを身に着けることの大切さも感じます。僕はラックにばんばん入って、頭から突っ込んでいくようなプレースタイルなんですが、それが通用するのは大学までだったんだと思います。ジャッカルにしても、なんでもかんでも行くんじゃなくて、51%でもいいから「取れる」可能性が「取れない」より高いと思える状況で取りに行く。そういう判断だったり、頭から突っ込まないという体勢だったり、スキルを大切に思うようになりました。

――ジャッカルといえば小林訓也選手も得意にしていますね。強みを比較してもらえますか?

訓也さんは僕がお手本にしている選手の一人ですね。ジャッカルに入るタイミングがすごい。金正奎も上手いですよ。正奎は相手が次にどう動くかを肌で感じていると思う。そのセンスがすごいですよね。僕は......自分で強みを分析するのは難しいですけど(笑)、気持ちでやってるんですかね。ジャッカルとボールキャリーは誰にも負けたくないし、負けないし、チームで一番になるつもりでやっています。負けず嫌いなんですよ。筋トレやGPSの数値でも、訓也さんや山下(弘資)さん、正奎に負けないように、いつも意識していますね。

――今季、フォワードはセットプレーの改善に取り組んでいますが、スクラムは2列目3列目から見ていかがですか?

スクラムは8人全員で押すことが大切ですよね。昨年はみんなが一人ずつで押していたところがありました。それでも(斉藤)展士さんがいれば、それだけで勝てる時もあるんですけど(笑)。今季はバインドを強くして8人まとまるようにしています。

2列3列の押しがスクラムの勝敗を分けると思うんですよね。FLはどうしても、スクラムから出るボールが気になって肩をはずしがちですけど、それはナシで、スクラムに集中していきたいですね。スクラムで勝てば相手はいいボールが出ないはずですから。

――ラインアウトはどんなことに気を付けていますか?

チームでは「マックスハイ」と言って、常に最高点までキャッチャーをしっかり上げています。それとムーブやジャンプのスピードを意識していますね。うちはフィールドプレーが結構強いので、セットプレーが良くなったら、トップ4も夢じゃないと思っています。

――今季の目標は?

スタメンで試合に出ることですね。僕は2019年ワールドカップに日本代表で出ることを一番の目標にしているので、どんどんアピールしていかないと。

――日本代表になるために、自分をどんな選手に成長させていきたいですか?

強みを伸ばすことが第一ですね。ジャッカルとボールキャリー。次に弱点を平均レベルぐらいには持っていきたいです。タックルが得意じゃないので、そこですね。目標は豪州代表FLのデビッド・ポーコック選手やマイケル・フーパー選手。良い選手のプレーを見て、まず頭に良いイメージを植え付けて、それから練習で実際に体を動かして理想に近づけていくのが、僕のやり方です。