選手FOCUS / IN FOCUS

伊藤 拓巳 Takumi Ito

バックス・WTB

久我山高校、帝京大学とラグビー選手としてのエリート・コースを歩んできた伊藤選手。1年目はトップリーグ出場機会がなかったが、2年目はトライを取れる選手としてデビューを狙う。チームはトライ数の少なさを弱点として抱えているだけに、伊藤選手の活躍が待ち望まれる。

伊藤 拓巳

久我山と帝京で学んだ、「勝たなくてはいけない」ということ

――ラグビーを始めたきっかけを教えてください。

中学(八王子市立椚田中学校)のとき、友達がラグビー部の仮入部に誘ってくれたのが始まりです。小学5年生から剣道をやってきて、中学でも剣道部に入るつもりでしたが、ラグビーをやってみたら、ボールを持って走って相手を抜いていくのが新鮮で楽しかったので、そのまま入部しました。

ただ、親は剣道をやめることに反対でした。それで、剣道は中学3年間ちゃんと続けて2段まで取るから、ラグビーも始めたいと説得して両方やりました。ラグビーの試合の後、剣道の試験を受けに行ったりで、中学は忙しかったですね。剣道は中学まででいったんやめましたが、ゴルフのように中高年でも楽しめるスポーツなので、またいつか趣味でやるのもいいなと思っています。

――中学のラグビー部でのポジションは?

チーム事情もあって、最初はフォワード(FW)でした。でも、バックス(BK)っぽい動きをしていましたね。3年生になって正式にBKになりました。

先生からは「いいからお前はとにかく前を向いて走れ」と言われていて、それが今の僕のプレースタイルにもつながっていると思います。もともとはそんなに足が速いわけでもなかったんですが、走るうちにどんどんスピードがついて、トライもたくさん取れるようになって、楽しかったですね。先生がよかったと思います。好きにやらせてくれて、ラグビーの面白さを教えてくれました。

――中学ラグビーでの一番の思い出は、どんなことですか?

中学のラグビー部では同じ学年が4人しかいなくて、その分、仲が良かったんです。だから3年の最後の大会は、同学年みんなで出たかったんですが、1人ケガをしてしまって。トーナメント戦だったので、そいつがケガを治して戻ってくるまで、勝ち続けたいと強く思いました。だけど、あと1試合勝てば翌週の試合には彼が復帰できるかもしれないというときに負けてしまいました。それで引退。僕はキャプテンだったし、思うようにプレーできなくて、すごく悔しかったですね。

――高校は国学院久我山。ラグビーの名門ですね。

中学2年生からオール東京や関東選抜に呼ばれるようになって、久我山中学の先生などによくしていただいて、3年生の春に久我山高校から声をかけてもらいました。僕は花園(全国大会)に出てみたくて、東京で花園に行くチームといったら久我山だと思っていたので、うれしかったです。

――全国レベルのラグビー部、入ってみるとどんな感じでしたか?

部員は90人ぐらいいました。中学時代から有名だった選手もたくさんいて、いい刺激になりました。見る世界がぜんぜん違うというか。

久我山で何より強く感じたのは「勝たなきゃいけない」っていうことですね。久我山は絶対に負けたらいけない、という意識をみんなが持っていました。都で優勝するのは当たり前で、花園は出場じゃなくて、あくまで優勝が目標。そういうシビアな雰囲気の中でラグビーができたのはよかったなと思います。

――戦績はどうだったんですか?

1年生のときは、CTBで夏ごろからAチームの試合に出られるようになったんですが、大会2日前に練習試合でケガをして、花園には出られなかったんです。2年生のときはWTBでレギュラーとして出てベスト16でした。3年生のときは東京都予選で前十字靭帯を切ってしまって、また出られなかった。これは悔しかったですね。花園に出るために久我山に来たのに、と思って。

――高校ラグビーではケガに泣いているんですね。いい思い出もありますか?

3年生のとき、高校日本代表に選んでもらって、夏にオーストラリア遠征に参加できたのは思い出深いです。初めて外国人選手と対戦したんですが、思っていた以上に何もできなかった。もう少しできると思っていたんですが(笑)。特にコンタクトなんかはレベルが違いました。ラグビーに対する考え方も同じ高校生なのにかなり違う気がして、刺激を受けましたね。

――それで、大学でもラグビーを続けようと?

いえ、高校を卒業したら就職するつもりでした。父が自営で内装業の職人をしていて、僕は子どもの頃からその仕事を継ぎたいと思っていたので。でも先生に止められたり、両親に「プレーする姿をもう少し見せて」と言われたり、中学時代の恩師に「行けばまた違った世界が見られるぞ」とアドバイスされたりして、進学を決めました。僕はラグビーは高校で区切りだと思っていたし勉強も嫌だし(笑)、行きたくなかったんですけど。だから......関係者に怒られちゃいますが、本当は"いやいや"進学を決めました。

――ラグビー選手で「いやいや」帝京大に進む人はきわめてまれでしょうね。

今思うと考えが子どもだったんだと思います。帝京には2年生のとき声をかけてもらって、最初はピンとこなかったんですが、3年生のときのケガで考えが少し変わりました。ラグビーを始めて6年ずっと試合に出ていたので、ラグビーができない辛さを初めて知ったんです。試合をスタンドから見て応援する立場になって、やっぱり自分はラグビーやりたいんだなってそのとき気づきました。大学に行くって言っておいてよかったなって(笑)。

――帝京大の練習は厳しかったですか?

今思い出しても、4年間本当に大変でした(笑)。練習は15時から20時ぐらいまで。ラグビーだけじゃなく、生活全般についても厳しく指導されましたね。周りの支援があってラグビーをやれているんだから、感謝の気持ちを忘れるな、挨拶しろ、だらしない格好で出歩くな、寮はきれいにしておけ、そういう基本的なこと。人として当たり前のことを当たり前にできるように、教えてもらいました。

――帝京大は2学年上に沼尻選手もいましたよね?

沼尻さんは、監督からいろいろ指導される役で、大変だったと思います。僕もですけど「気を抜くな」「ボケっとするな」みたいな集中攻撃を食らうんです。別にボケっとしてないんだけどな、と内心では思ってましたけど(笑)。沼尻さんはわかりませんが僕は気が抜けてたなと今では思います。

――帝京大は選手層も厚いから、試合出場までに時間がかかったんじゃないですか?

それが、高校3年生のときのケガから復帰した試合っていうのが、大学1年生の対抗戦(関東大学ラグビー対抗戦Aグループ)だったんです。過大評価をいただいて、練習試合じゃなく、いきなり公式戦。成蹊大との試合でメンバー入りして、後半から出たんですけど、たまたまいい位置にいて先輩がボールをくれたりして、運よく4トライできました。

――華々しいデビューですね。

でも、次の試合は思うようにプレーできなくて、故障明けのせいか、昔みたいに走れてないのを感じたり、コンタクトでびびってしまったり。そこから試合に出られなくなってCチームまで落ちました。力不足を感じましたね。

下のチームで、膝に負担をかけないように体をしぼったりして、2年生のとき、またAチームに上がりましたけど、大学4年間ずっと波がありましたね。試合に出たり出なかったり。

――その上下はチーム事情ではなく自身の好不調によるものですか?

そうですね。力を安定的に出し切れない部分がありました。そういう波ってどうして生まれるのか考えてみたら、僕の場合は、周囲の信頼を勝ち取れてなかったんじゃないかと思います。何か劇的なことを一発やるかもしれないけど、80分間、ディフェンスも含めてミスしないで着実にこなせるかといえば、そうじゃない。やっぱりグラウンドで信頼される選手にならないといけないですよね。

――でも、U-20に選ばれましたよね?

大学3年生のときですね。2年生のときはセレクションの1次で落ちて、3年生のときはなんとか。でも、自分のケガがあったり、他にいい選手がいたりで、試合に出てないんですよ。ウォーターボーイをやってました。当時、U-20の監督だった元木さん(元木由記雄氏)に「試合に出られなくてもできることはあるから、しっかりチームを盛り上げてくれ」と言われて。それまでは、どのチームにいても、サポートにまわることがほとんどなかったので、そのとき初めて、そういう立場の辛さがわかった気がします。だからこそ、自分が試合に出ているときは、サポートしてくれる人にもっと感謝しないといけないと思って、接し方も自然と変わっていきました。

――苦しいことも多かった大学時代のようですが、ラグビーでいい思い出というと?

一番はもちろん、大学選手権3連覇です。帝京は試合運びが面白くないと言われたり、FWが競っている間、僕らBKは寒さに震えたりもしていましたが(笑)、これと決めたことをやりきる、その強さが出たと思います。なんと周りが言おうが勝ちですから。苦しいこともあったけど、4年の最後に自分も試合に出て3連覇できて、それで全てが報われた気がします。あんなことはめったに経験できないですから。

僕個人のことでいえば、一番活躍できたのは大学2年生のシーズンです。印象に残っているのは、大学選手権1回戦の関東学院戦。ラスト30秒で逆転トライを取りました。タッチに出た出ないの微妙な判定もありましたが、劇的な展開だったし、結果的にはそこから優勝したので、チームに勢いをつけることができて、うれしかったです。

出たらトライを取る、そんな選手になる

――大学を卒業してもラグビーをやろうと思ったのはいつごろですか?

大学3年生のときですね。ここまできたら、自分がどこまでやれるのか試してみようと思いました。これまでラグビーをやらせてくれた周りへの感謝もこめて、トップリーグに挑戦することにしました。

――シャイニングアークスを選んだのは、どんな理由ですか?

ラグビーをやりながら仕事もしっかりやるという体制が僕にはいいと思ったのと、チームがこれから上昇していくところだったので、そこに魅力を感じました。帝京で「勝ち続ける」ことの難しさは経験したので、今度は下から上がっていって優勝したいという思いがあります。

――1年目のシーズンは同期の選手が次々とトップリーグ・デビューを果たしていきました。どんな気持ちでしたか?

正直、悔しい気持ちでいっぱいです。全試合ほぼ帯同してサポートをしている中で、同期が試合に出て活躍しているのを見ると、うらやましいというより悔しいです。

――トップリーグの試合に出るために、何をすればいいと思いますか?

結果を出すことだと思います。WTBに求められるものは、やっぱりトライだと思うんです。トライを取れば目につくし、出たらトライを取るという選手になれば、当然、使ってもらえるようになると思います。

――トライって、どんな技術を身につけると取れるものなんでしょうか?

技術も大事ですが、センスですね。トライにはいろんな形があります。自分で抜いてトライ、サポートについてトライ、イレギュラーなボールを取ってトライ。いろんなパターンがあるけど、そういう場にいられるセンスが大切だと思います。ポジショニングもそうだし、どのコースに入ったら抜けるのか、どうサポートしたらいいのか。今年(2013年)は春から、どんな試合でもトライを取ることを目標に、そのためにどこにいてどう動いてボールをもらうか、そういう考え方でやっています。

――今年の春はニュージーランドに派遣されていたんですよね?

3カ月弱、Te Rapaというクラブチームに行かせてもらいました。U-20でロシアに行って以来の海外で、初めてのニュージーランドでした。コンタクトも激しいし、さすが本場だなという感じでしたね。プレー以外でも、テレビで常にラグビーが見られたり、町中の誰もがラグビーを知っていたり、そういう環境でした。チームメイトは仕事をしながら無給でプレーして、プロを目指している選手がたくさんいました。ハングリーな気持ちを見せてもらえて、いい練習もできて、本当に有意義な時間でした。

――ニュージーランドで学んだこと、たくさんあると思いますが、1つ挙げるなら?

コミュニケーションの大切さを感じました。日本人同士なら、いちいち話さなくてもだいたい伝わりますけど、向こうでは相手が次にどうしようと思っているのかわからない。ちゃんとお互いに言わないとダメだと思いました。

――コミュニケーションは英語?

そうですね。だから、サインがどうとかディフェンスの角度がどうって細かいことを言われてもよくわからない(笑)。でも、言葉がわからないと周りをよく見るようになるんですよ。周りがこう動いてるってことは、こうしたいのかな、とか。日本ではよく考えなかったようなことを、しっかり考えるようになりました。

――帰国後、チームに合流して調子はどうですか?

今年はほぼ全ての練習試合に出ていて、出るたびにトライが取れるようになってきたので、調子は悪くないと思います。ただ、NECから取れなかったのは悔しいですね。僕は足は速いほうですが、それは加速する距離があってのもので、10mや20mの瞬発力でいったらWTBの中で高いほうじゃないんですよ。その辺りを強化したいですね。トップリーグのチームは、そう長い距離を走らせてくれるはずがないので。

――ほかに強化したい点はありますか?

トライが取れてもディフェンスができないと周りから信頼されないので、もっと体を張らないといけないですね。たとえばハイパントのチェイスにしても、競りにいけなかったり出足が遅かったりしているので、そういうプレーを着実に減らしていって、少しずつ正確性を上げたいです。

――今季の個人目標は?

まずトップリーグに出ることです。応援してくださる皆さんにも早く、試合で活躍するところを見てもらいたいですし、自分でもすごく出たい気持ちがあります。そのために、日々練習で手を抜かない。誰でも疲れている日、気が乗らない日があると思いますが、そういうのをなくしてステップアップしたいと思っています。

――中長期的な目標は?

トライを取れる選手になること。拓さん(友井川選手)みたいに、トライの雰囲気があって、実際にトライを取り続ける選手になりたいです。拓さんは言葉数が多いほうじゃないので、僕のほうからガンガンわからないことを聞きにいったりしています。もちろん、他の選手のいいところも見習いたい。試合で活躍して、新聞に載って、遠くで僕を応援してくれる人にも、頑張っていることを知ってもらいたいです。

――トップリーグでライバル視している選手はいますか?

ライバルではないと思いますが、トヨタ自動車の滑川選手はガツンといわしたいですね(笑)。帝京大の同期で、プライベートでも仲が良いんです。ラグビーに関して、悪いときに心配していろいろアドバイスをくれたので「俺だってちゃんとできるんだぞ」というところを見せたいなと思います(笑)。