Select Language : English 日本語

NTTコミュニケーションズ

法人のお客さま: English / 日本語
個人のお客さま: English / 日本語

NTT Ltd.

グローバルサイト English

お客さまの課題解決のヒントをお届けするデジタルマガジンICT Business Online

メルマガ登録

「Office365」「G Suite」の導入で多発する通信遅延の解決策とは?

 企業における「Office 365」「G Suite」といったクラウドサービス利用が広がっており、しばしばネットワーク遅延などのトラブルが発生しています。この問題の有効な対策として注目されているのが、ローカルインターネットブレイクアウト(LBO)です。しかしながら、この技術の実装には「超えるべき大きなハードル」があるのをご存知でしょうか。

「そこから先は個別対応です」からIT部門を救う新サービスが登場

 多くの企業では、全事業所からのインターネット接続を本社に集約しています。全社員が通信量の多いクラウドサービスを一斉に利用すると、トラフィックが急増して遅延が発生します。この遅延問題を解消するのが、ローカルインターネットブレイクアウト(LBO)です。各事業拠点で利用する特定サービスのトラフィックを拠点から直接インターネットに逃がすものです。

 LBO対策に向けて最初にIT部門が頼りにするのは、ネットワークサービスを提供する事業者です。ここでサービス規約という大きな壁が立ちふさがります。一般的にネットワークサービスは規約に則ったサービスの型が決まっており、少しでもサービス提供領域からはみ出ると、高額な個別対応の領域になってしまいます。紳士服でいえば既製品のスーツが好みでなければオーダーメイドのスーツしか選択肢がない状況です。

 そのような中でサービス規約を見直し、セミオーダーのスーツとなり得るサービスが登場しました。従来の定型化されたネットワークサービスではカバーできない個別対応が必要な部分を、セミカスタマイズにより解決します。このサービスの導入によってもたらされる、「IT部門の救世主となる」Network Support Services(NSS)のさまざまなメリットを解説していきます。

ホワイトペーパー

Office 365やG Suite等の利用増によるネットワークトラブルの解決策

Office 365やG Suite等の利用増によるネットワークトラブルの解決策

フォーム入力ページに遷移します。フォームの項目を入力していただき、記事のPDFをダウンロードしてご覧ください。

この記事のキーワード

関連サービス