日本 Select Language : English 日本語

×閉じる

南北アメリカ

アメリカ: English
ブラジル: English / 日本語 / Português do Brasil

ヨーロッパ、中東、アフリカ(EMEA)

EMEA:

イギリス,
ベルギー,
フランス,
ドイツ,
オランダ,
スペイン,
アラブ首長国連邦
English
日本語
Español
Deutsch
Français
ロシア: English / 日本語 / русский

アジアパシフィック

日本(法人のお客さま): English / 日本語
日本(個人のお客さま): English / 日本語
オーストラリア(NTT Com ICT Solutions): English
中国本土: English / 日本語 / 簡體中文
香港/マカオ: English / 日本語 / 繁体中文 / 簡體中文
インド: English / 日本語
インドネシア: English
韓国: English / 日本語 / 한국어
マレーシア: English
フィリピン(DTSI): English
シンガポール: English / 日本語
台湾: English / 日本語 / 繁体中文
タイ: English / 日本語
ベトナム: English / 日本語

お客さまの課題解決のヒントをお届けするデジタルマガジンICT Business Online

メルマガ登録

    最新鋭のケーブル敷設船「きずな」の内部に潜入!

    印刷

    島国である日本の通信において重要な役割を担う、海底ケーブルを敷設および修理するための船舶として、新たに就航したのが「きずな」です。このきずなが持つ機能や設備について取材することができたので、レポートとしてお届けします!

    災害対策機能を備え、災害時の迅速な通信の復旧を支援

    2017年3月31日に就航した新しいケーブル敷設船である「きずな」。大地震などにおける迅速な通信復旧に活用できる、災害対応機能を付加した初めてのケーブル敷設船となる。

    インターネットを介して海外のクラウドサービスを接続したり、あるいは世界各地の拠点をVPNサービスで接続したりすることを可能とするため、世界各地の海には海底ケーブルが張り巡らされています。日本と海外を接続する海底ケーブルとしては、アメリカとの接続に使われる「PC-1」、フィリピン、シンガポール、マレーシアなどにつながれている「Asia Submarine-cable Express(ASE)」、そして韓国や中国、台湾などと日本の通信に使われている「Asia Pacific Gateway(APG)」などが代表的な存在です。

    こうした海底ケーブルの敷設、あるいは既存のケーブルの修理などを行う最新のケーブル敷設船として、2017年3月31日に就航したのが「きずな」です。運行するのは、NTT Comのグループ会社であるNTTワールドエンジニアリングマリンで、同社がすでに運行している既存の「SUBARU」と2隻の相互補完体制で、きずなは日本国内の海底ケーブル保守を主に担当、SUBARUは国内外の建設工事を主に担当することになります。

    きずなの大きな特長となっているのは、ケーブル敷設・修理の役割を担うことに加え、災害発生時に迅速に通信を復旧するための災害対応機能も付加されている点です。搭載されている大型クレーン2基を使い、被災地へ復旧資機材の搬入を可能としているほか、きずな内の会議室や医務室、宿泊施設といった船内設備を利用して臨時の災害対策本部として使うこともできます。そのほか、きずな自身が基地局となって被災地での携帯電話の利用を可能にする船上基地局としての利用、岸壁の電源・飲料水の供給なども想定されています。

    この記事のキーワード

    関連サービス