Select Language : English 日本語

NTTコミュニケーションズ

法人のお客さま: English / 日本語
個人のお客さま: English / 日本語

NTT Ltd.

グローバルサイト English

お客さまの課題解決のヒントをお届けするデジタルマガジンICT Business Online

メルマガ登録 サービス
オンライン注文

意外と知らない?ITトレンド用語

スマートシティプラットフォームとは

スマートシティ官民連携プラットフォームとは、AIやIoTなどのテクノロジーやデータを活用したスマートシティの取り組みを加速することを目的とした、自治体や企業、研究機関、関係府省などを会員とする組織です。2020年3月末時点で、591の団体がスマートシティ官民連携プラットフォームに参画しています。

具体的な活動内容としては、「スマートシティ関連事業の効果的な推進・重点支援」、「分科会の開催」、「企業、大学・研究機関、地方公共団体等の間の情報共有・マッチング支援」、「国内外への普及促進活動」が挙げられています。

各府省ではスマートシティを目指した取り組みを進めており、たとえば内閣府では「近未来技術等社会実装事業」、総務省では「データ利活用型スマートシティ推進事業」を行っています。これらが進められることで、交通やエネルギー、防災、観光および地域活性化など幅広い領域の課題の解決が期待されています。

NTTコミュニケーションズのサービス紹介

  • クラウドからネットワーク、セキュリティ、コミュニケーション、さらにはAIやIoTに至るまで、企業規模や業種業態を問わず、さまざまなニーズに応え、DXの実現につながるサービスをNTT Comではラインナップしています。

アルファベット順で探す

ITトレンド用語ランキング

おすすめ用語

  1. EDR
  2. レピュテーション
  3. ACL
  4. フォレンジック
  5. ユビキタス

よく見られている用語

  1. eSIM
  2. PoC
  3. DNSサーバー
  4. 輻輳
  5. LBO