Select Language : English 日本語

NTTコミュニケーションズ

法人のお客さま: English / 日本語
個人のお客さま: English / 日本語

NTT Ltd.

グローバルサイト English

お客さまの課題解決のヒントをお届けするデジタルマガジンICT Business Online

メルマガ登録 サービス
オンライン注文

意外と知らない?ITトレンド用語

プロキシサーバーとは

クライアントとサーバーの中間で、両者の通信を中継する役割を担うサーバーをプロキシサーバーと呼びます。プロキシサーバーを介した通信では、クライアントからサーバーへのリクエストをまずプロキシサーバーが受け取り、その内容を宛先のサーバーに送信します。サーバーからリクエストに対する応答があれば、その内容をプロキシサーバーが受け取ってクライアントに送り返します。

プロキシサーバーを利用する目的の1つがコンテンツのキャッシュです。Webサーバーから送られてきたコンテンツを一時的に保存しておけば、同じコンテンツがリクエストされた際にWebサーバーへアクセスすることなくコンテンツをクライアントへ送ることができます。

さらに現在では、セキュリティを目的としてプロキシサーバーが使われることが増えています。プロキシサーバーはクライアントからのリクエストやサーバーからのレスポンスをすべて把握することが可能であるため、詳細な通信内容をログとして記録したり、Webサーバーから送られてきたコンテンツをチェックし、不正なコードやマルウェアが含まれていないかをチェックしたりするためにプロキシサーバーの仕組みが使われています。

「プロキシサーバー」概要説明図

クラウドプロキシーでゼロトラスト時代の第一歩を|仕組み・機能・オンプレミスとの比較

クラウドサービスの利用やテレワークの浸透など、企業のIT環境は近年大きく変化を遂げました。しかし、社内、社外を区別せずに働くことでユーザーの利便性が増す一方で、マルウェア感染や情報漏洩などの新たな問題も発生しているのが現状です。近年のIT環境に関するさまざまな課題を解決できる、「クラウドプロキシー」について、その仕組みや機能、活用するためのポイントなどについて、わかりやすく解説します。

クラウドプロキシーでゼロトラスト時代の第一歩を|仕組み・機能・オンプレミスとの比較

あわせてこの用語もチェック

アルファベット順で探す

ITトレンド用語ランキング

おすすめ用語

  1. EDR
  2. レピュテーション
  3. ACL
  4. フォレンジック
  5. ユビキタス

よく見られている用語

  1. eSIM
  2. PoC
  3. DNSサーバー
  4. 輻輳
  5. LBO