Select Language : English 日本語

NTTコミュニケーションズ

法人のお客さま: English / 日本語
個人のお客さま: English / 日本語

NTT Ltd.

グローバルサイト English

お客さまの課題解決のヒントをお届けするデジタルマガジンICT Business Online

メルマガ登録 サービス
オンライン注文

意外と知らない?ITトレンド用語

ファクトリーIoTとは

ファクトリーIoTとは、工場においてIoT(Internet of Things)を活用するためのソリューションや、その取り組みを指します。

あらゆるモノをネットワーク/インターネットにつなぎ、それによって新たな価値の創出を目指すIoTは幅広い領域で活用されています。そうした領域の1つとして挙げられるのが工場です。ファクトリーIoTに取り組む目的としては、産業用ロボットや製造設備の稼働状況の可視化、品質管理の自動化および高度化、エネルギー利用効率の最適化などが考えられます。

このファクトリーIoTの考え方が広まったきっかけとして、2011年にドイツで「Industry 4.0」が提唱されたことが挙げられます。Industry 4.0はIoTクラウドなどの技術を用いて製造業の高度化を目指す取り組みであり、そのコンセプトは世界中に広まりました。

工場など製造現場でIoTを利用するメリットとして、生産設備や製造状況などの可視化やそれらのデータを用いた製造プロセスの最適化や自動化が挙げられます。またリモートで生産設備を制御することができれば、迅速な故障対応や予防保全、ファームウェアの更新などが可能になり、管理業務の負担軽減や業務効率の向上につながります。そのほか、取得した情報を用いた計画変更や、トラブル発生時の対処を迅速化できることも見逃せないメリットでしょう。

図:「ファクトリーIoT」概要説明

あわせてこの用語もチェック

NTTコミュニケーションズのサービス紹介

  • クラウドからネットワーク、セキュリティ、コミュニケーション、さらにはAIやIoTに至るまで、企業規模や業種業態を問わず、さまざまなニーズに応え、DXの実現につながるサービスをNTT Comではラインナップしています。

アルファベット順で探す

ITトレンド用語ランキング

おすすめ用語

  1. EDR
  2. レピュテーション
  3. ACL
  4. フォレンジック
  5. ユビキタス

よく見られている用語

  1. eSIM
  2. PoC
  3. DNSサーバー
  4. 輻輳
  5. LBO