Select Language : English 日本語

NTTコミュニケーションズ

法人のお客さま: English / 日本語
個人のお客さま: English / 日本語

NTT Ltd.

グローバルサイト English

お客さまの課題解決のヒントをお届けするデジタルマガジンICT Business Online

メルマガ登録 サービス
オンライン注文

意外と知らない?ITトレンド用語

シングルサインオンとは

シングルサインオン(SSO:Single Sign On)とは、1度のユーザー認証によって複数のシステム(業務アプリケーションやクラウドサービスなど)の利用が可能になる仕組みを指します。

システムを利用する際、通常は利用者を特定するためにユーザー認証が行われます。これによって特定された利用者が適切な権限を持っていれば、システムの利用を許可するという流れです。

通常、ユーザー認証はシステムごとに行われますが、シングルサインオンの仕組みを利用することにより、1度のユーザー認証で複数のシステムを利用することが可能になります。

現状では多くのシステムがIDとパスワードの組み合わせによってユーザー認証を行っています。シングルサインオンの仕組みがない環境では、システムごとにIDとパスワードの組み合わせを覚えて入力しなければなりません。しかしシングルサインオンの仕組みがあれば、1つのIDとパスワードで複数のシステムが利用できるようになるほか、システムごとに入力する手間もなく、ユーザーの負担を軽減することが可能です。

図:「シングルサインオン」概要説明

あわせてこの用語もチェック

アルファベット順で探す

ITトレンド用語ランキング

おすすめ用語

  1. EDR
  2. レピュテーション
  3. ACL
  4. フォレンジック
  5. ユビキタス

よく見られている用語

  1. eSIM
  2. PoC
  3. DNSサーバー
  4. 輻輳
  5. LBO