Select Language : English 日本語

NTTコミュニケーションズ

法人のお客さま: English / 日本語
個人のお客さま: English / 日本語

NTT Ltd.

グローバルサイト English

お客さまの課題解決のヒントをお届けするデジタルマガジンICT Business Online

メルマガ登録 サービス
オンライン注文

意外と知らない?ITトレンド用語

NFVとは

ネットワーク機器やセキュリティ機器の機能を仮想化し、汎用サーバー上で実行する方式のことをNFV(Network Function Virtualization)と呼びます。

ルーターやスイッチなどのネットワーク機器、あるいはファイアウォールやIPS/IDSなどのセキュリティ機器は、ハードウェアとソフトウェアが一体化したアプライアンスの形態で提供されることが一般的です。ただアプライアンスはスペースを占有するほか、処理能力を変更するといったことはできません。

これに対し、ネットワーク機器やセキュリティ機器を仮想サーバーのように汎用サーバー上で実行するNFVでは、専用のスペースを必要としないほか、CPUやメモリといったリソースの割り当てを変更することが可能なため、状況に応じて処理能力を増強するといったことが可能です。

昨今では、このNFVの仕組みを用い、ファイアウォールやUTMの機能をクラウド上で提供するサービスも数多く登場しています。

あわせてこの用語もチェック

アルファベット順で探す

ITトレンド用語ランキング

おすすめ用語

  1. EDR
  2. レピュテーション
  3. ACL
  4. フォレンジック
  5. ユビキタス

よく見られている用語

  1. eSIM
  2. PoC
  3. DNSサーバー
  4. 輻輳
  5. LBO