Select Language : English 日本語

NTTコミュニケーションズ

法人のお客さま: English / 日本語
個人のお客さま: English / 日本語

NTT Ltd.

グローバルサイト English

お客さまの課題解決のヒントをお届けするデジタルマガジンICT Business Online

メルマガ登録 サービス
オンライン注文

意外と知らない?ITトレンド用語

Miraiとは

Miraiとは、ネットワークカメラや家庭用ブロードバンドルーターなど、OSとしてLinuxを利用するデバイスに感染するマルウェアです。

感染したデバイスは、外部からのコマンド(命令)に従って動作するボットとなり、ボットネットワークの一部を構成します。攻撃者はボットネットワークに接続されたボットに対してコマンドを発行し、その内容に従ってボットはターゲットに対して攻撃するという流れです。Miraiを使って構成されたボットネットワークは、著明なブロガーのWebサイトや、多くのサービスで利用されているDNSサーバーをターゲットに大規模な攻撃に使われたと考えられています。

ボットおよびボットネットワークは、以前からDDoS攻撃の実施やスパムメールの送信などのために使われてきました。ただ従来は通常のパソコンがボットとなることが一般的でしたが、MIraiはネットワークカメラのようなIoTデバイスや、家庭用ブロードバンドルーターといった個人向けのネットワーク機器を主なターゲットにしていることが大きな特徴です。

これらのデバイスは管理画面へのアクセスなどをIDとパスワードによる認証で制御していることが一般的で、製品出荷時には共通のIDとパスワードが割り当てられています。MiraiはそのIDとパスワードを用いて侵入を試み、認証に成功すれば感染してボット化します。

本来であれば、製品を利用する際にIDまたはパスワードを変更すべきですが、共通IDとパスワードのまま利用しているユーザーは少なくありません。Miraiはこうしたデバイスに感染し、巨大なボットネットワークを構成しています。

すでにいくつものMiraiの亜種が出回っており、セキュリティベンダーのトレンドマイクロでは「Backdoor.Linux.MIRAI.VWIRA」というMiraiの亜種の存在を2019年7月にブログで報告しています
IoT機器等を標的とする「Miraiボット」のアクセスが増加、利用者は設定の見直しを | 最新セキュリティ情報)。

あわせてこの用語もチェック

NTTコミュニケーションズのサービス紹介

  • サイバー攻撃による情報漏えい、あるいは自然災害による事業停止は、企業にとって極めて大きなリスクとなっています。そこでNTT Comでは、基本的なセキュリティ対策からセキュリティマネジメント、認証、安否確認・危機管理に至るまで、幅広いセキュリティサービスを提供しています。

アルファベット順で探す

ITトレンド用語ランキング

おすすめ用語

  1. EDR
  2. レピュテーション
  3. ACL
  4. フォレンジック
  5. ユビキタス

よく見られている用語

  1. eSIM
  2. PoC
  3. DNSサーバー
  4. 輻輳
  5. LBO