Select Language : English 日本語

NTTコミュニケーションズ

法人のお客さま: English / 日本語
個人のお客さま: English / 日本語

NTT Ltd.

グローバルサイト English

お客さまの課題解決のヒントをお届けするデジタルマガジンICT Business Online

メルマガ登録 サービス
オンライン注文

意外と知らない?ITトレンド用語

M2Mとは

産業機器や建設機械、車両、各種センサーなどの機器が人手を介さずに別の機器、あるいはサーバーなどと通信を行い、データの収集や交換などを行う通信をM2M(Machine to Machine)と呼びます。

M2Mで利用される通信形態にはさまざまなものがありますが、一般的に広まっているのは携帯電話網を利用して通信を行う形です。回線を敷設する必要がない携帯電話網であれば、さまざまな場所にある機器でM2M通信を実現することができます。

昨今ではM2M通信に特化した通信サービスも続々と登場しています。M2Mは一般的な通信よりも送受信するデータ量が少ないことから、帯域幅や送受信可能なデータ量を制限する代わりに低コストで提供されている通信サービスもあります。

あわせてこの用語もチェック

アルファベット順で探す

ITトレンド用語ランキング

おすすめ用語

  1. EDR
  2. レピュテーション
  3. ACL
  4. フォレンジック
  5. ユビキタス

よく見られている用語

  1. eSIM
  2. PoC
  3. DNSサーバー
  4. 輻輳
  5. LBO