• docomo business Watch
  • オンライン商談はコロナ後も増加中!専用ツールを導入するメリットとは

オンライン商談はコロナ後も増加中!
専用ツールを導入するメリットとは

オンライン商談はコロナ後も増加中!<br>専用ツールを導入するメリットとは

コロナ禍以降、営業の現場でもオンラインによる商談が行われるようになっています。今回は、オンライン商談をサポートする専用のツールについて解説します。

目次

オンライン商談は時間とコストが掛からない

「商談」といえば、ひと昔前までは対面で行うのが当たり前でした。しかし、新型コロナウイルス感染症の流行をきっかけに、Web会議システムを用いたオンライン商談も行われるようになっています。

対面営業が可能になった現在でも、引き続きオンライン商談を継続している企業も多いでしょう。オンライン商談は、対面の商談と比べ、以下に列挙するようなメリットがあります。

移動や宿泊のコストが削減できる

かつて「営業」といえば、顧客のもとを訪れて対面で商談することが当たり前とされていました。しかし、片道1時間ほどかかる顧客と商談をするためには、1回の商談に往復2時間の移動時間と交通費がかかることになります。さらに、遠方の場合は宿泊費が発生し、コストはさらに上積みされます。

オンライン商談であれば、このように移動や宿泊にかかる時間もコストも不要です。相手が遠方であればあるほど、時間とコストのメリットは大きくなります。

商談件数の増加が見込める

オンライン営業によって移動時間を削減することで、より多くの商談が実施できます。対面では難しい、複数の顧客との商談も、1日に何度も行うことが可能です。商談が増えるほど、新規顧客の獲得の可能性も高まります。

商圏を拡大できる

オンライン商談では遠方の顧客にもアプローチできるため、新たなビジネスチャンスも生まれます。対面では商談が難しい顧客にも対応できるようになり、商圏の拡大につながります。

商談の様子を録画し、従業員教育の教材として使える

オンライン商談の様子をPCで録画することで、その映像を従業員教育のための教材として使用することも可能です。マニュアルで文書を作る手間もないため、教材作成の手間も省ける点もメリットといえます。

Web会議でのオンライン商談にはデメリットがある

オンライン商談をする際、一般的なWeb会議システムを利用しているというケースは多いでしょう。しかし、あくまでも会議用のツールのため、いくつかデメリットもあります。

そのひとつが、「資料の書き込みができない」という点です。対面での商談では、顧客に資料を提示しつつ、その資料に書き込みながら説明を行うことが可能です。しかし、Web会議システムの場合、営業側が資料を画面に投影することはできるものの、そこに追加情報を書き込むことはできません。その結果、資料の内容を淡々と読み上げることになり、印象に残りづらいプレゼンテーションになる恐れがあります。

さらに、一部のWeb会議システムでは、双方が事前にアプリのダウンロード・インストールを行わないと利用できないものもあります。顧客側に手間を強いることになり、そのことが商談に悪影響を及ぼす恐れも考えられます。

オンライン商談専用のツール「dXオンライン営業」は何がすごいのか?

これらのデメリットを解消するため、ドコモビジネスではオンライン商談専用に開発した「dXオンライン営業」を提供しています。dXオンライン営業は、一般的なWeb会議システムとは違い、オンライン営業に最適化された機能が特長で、大企業から中小企業まで全国約4,000社以上(※)に導入されています(※2021年7月末時点)。

dXオンライン営業は、一般的なWeb会議システムと何が違うのか、そのポイントを以下に列挙します。

顧客の接続方法はURLをクリックするだけ

Web会議システムの中には、営業と顧客が同じアプリをダウンロード・インストールし、ログインする必要があるものも存在しますが、dXオンライン営業では、顧客側のダウンロード・インストール・ログインの手間は不要です。営業側が発行したURLを顧客側がクリックするだけで、すぐにオンライン商談を始められます。ITリテラシーが高くない顧客でも簡単かつスムーズに案内できます。さらに、スマートフォンやタブレット端末でも接続可能です。

商談中の資料に書き込みが可能

Web会議システムでは、商談中に資料の画面共有はできるものの、書き込みが不可能なケースが多いですが、dXオンライン営業では、営業側と顧客側がお互いにペンやテキストで資料へ書き込むことが可能です。書き込んだ内容はボタン一つで瞬時にダウンロードできるため、スムーズに情報共有できるだけでなく、認識のズレも防げます。

モニタリング機能で営業力を向上

Web会議システムでは、基本的には参加者しか会議は閲覧できませんが、dXオンライン営業では会議に参加せずに、商談の映像・音声が見られる「モニタリング機能」が利用可能です。従業員教育の一貫として若手がモニタリングしたり、上司が商談内容を確認するといった使い方も可能です。

文字起こし機能

dXオンライン営業では、録画・録音機能に加え、音声認識AIが接続画面上でリアルタイムに自動で文字起こしする機能も備わっています。その内容を議事録として記録したり、商談トークのマニュアル作成に転用するなど、幅広い使い方が可能です。

「dXオンライン営業」で、商談はもっとスムーズになる

もちろん、一般的なWeb会議システムでもオンライン商談は可能です。しかし、顧客に不便や不満を感じさせてしまった場合、その商談がうまくまとまらない恐れも十分に考えられます。

dXオンライン営業のような商談専用のツールであれば、顧客の不便や不満を取り除く仕様になっているため、商談の効率アップはもちろん、対面営業以上の効果を得られる可能性が高まります。もし現在、一般的なWeb会議システムでオンライン商談を行っているのであれば、dXオンライン営業のような専用ツールの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

ドコモビジネスがお届けする
メールマガジン(無料)のご案内

  • コラム

    最新のサービス情報や
    ソリューションのご紹介

  • サービス導入事例

    他社の課題解決事例や
    ベストプラクティス

  • セミナー・イベント

    旬なテーマが詳しくわかる
    企画をご案内

\ご登録は1分で完了/

ドコモビジネスでは、法人向けインターネットやスマホをはじめ、
中堅・中小企業のお客さまに役立つサービスを多数ご用意しています

最適なサービスを探したい方はこちら

中小企業向けサービスサイト
検索