• docomo business Watch
  • コロナで休業の温泉宿再生「狩猟ワーケーション」って何だ?

コロナで休業の温泉宿再生
「狩猟ワーケーション」って何だ?

コロナで休業の温泉宿再生<br>「狩猟ワーケーション」って何だ?

池田 怜央(NewsPicks for Business 編集部 ライター)福岡県古賀市の山間部にある薬王寺温泉街。地元で長く愛されてきた温泉宿「快生館」は、新型コロナウイルスの影響で2020年に休業しました。古賀市の支援を受けて再スタートを切ったのは、2021年10月のこと。元々の温泉旅館の設備を生かしながら、オフィスやワーケーションなどのビジネス利用を受け入れ、地元の皆さんとの交流や周辺の自然環境を生かした活動もサポートしています。コミュニティマネジャーとして施設利用や利用者の交流を企画・支援する宿野部真央さん(33)にインタビューしました。「狩猟ワーケーション」という企画がイチオシだとか。

目次

メルマガを登録する!(無料)

宿野部 真央

温泉旅館を働く場に「毎日ツルツル」

福岡の古賀市からZoomをつないでくれた宿野部さん。出身は東京で、3年前に福岡に移住しました。

──「福岡の魅力」って何でしょう。

宿野部:海も山も都会も、空も近く、どこにでもすぐに行けるところです。私はいま福岡空港から約30分のところに住んでいます。
働いている株式会社SALTの本社からはオーシャンビューです。コミュニティ運営で勤務している「快生館」は山の中にありますが、これらすべてが1時間圏内で完結できているのは贅沢ですね。

福岡の古賀市快生館(提供)
福岡の古賀市快生館(提供)

──「快生館」と仕事内容を教えてください。

宿野部:古賀市・薬王寺温泉街の中にある元温泉旅館です。新型コロナウィルスの影響で2020年に一度休業しましたが、古賀市からの支援を受け、われわれ株式会社SALTが委託先として、2021年10月から運営再開しました。
大広間や客室などを改装して、ワーケーションや企業研修の場として提供しています。例えば、福岡市内のIT企業に開発合宿の会場として活用いただきました。
私は、施設の運営と地元の人々が集まるようなイベントの企画をつくっています。

──利用者はそこで働いて、温泉にも入れるってことですか?

宿野部:はい。実際は働かない人も多いんですが、例えば「午前中はフリーワークの時間」などとしています。温泉には毎日のように入る方もいます。美肌効果の高いアルカリ性単純温泉なので、肌がツルツルになりますよ。
運営側の私は、(忙しさと身近すぎて)意外と入っていないんですが(笑)。

快生館の天然温泉(提供)
快生館の天然温泉(提供)

周囲に猪や鹿...「狩猟体験」を自ら企画

──コミュニティマネジャーとして快生館で働くきっかけは?

宿野部:元々、フリーランスでいろいろなコミュニティ運営に携わっていました。その中の一つとして、SALTが東京に展開していたシェアオフィスでも働いていました。
ある日、福岡の快生館をコワーキングスペースとして復活させる構想を聞きました。東京から地方に移住したいと思っていたタイミングでもあって、このプロジェクトの立ち上げ初期から参画することになりました。

薬師寺温泉街は1918(大正7)年発祥という歴史ある温泉地。古賀市は、東京圏への一極集中の是正と地方分散型の活力ある地域社会の実現を目的に県外からの進出企業に補助金を交付。インキュベーション(新たなビジネスの創出、新規創業の支援)施設として生まれ変わった。

──快生館で具体的にどんなイベントを企画しましたか?

宿野部:山の中にある快生館の周りでは、猪や鹿といった野生動物が多くて、古賀市では狩猟が盛んなんですよね。実は私も狩猟免許を持っていまして......。

農作物を野生動物の被害から守りつつ、訪れた人が楽しんでくれるイベントを作りたいと思って、2023年2月に「狩猟体験ワーケーション」を企画しました。午前中はコワーキングスペースを開放していて、午後は狩猟体験をしてもらいます。
捕らえた動物のとどめをさす「止め刺し」には狩猟免許が必要になります。一方、狩猟を見学したり、その後に解体をしたりするのは免許がなくても大丈夫です。

体験ワーケーションの様子(提供)
体験ワーケーションの様子(提供)

「命をいただく」価値を伝える

──なぜ狩猟免許を取ろうと思ったのでしょう?

宿野部:福岡に定住する前に日本を自転車で周遊していて、その道中で出会った猟師さんに狩猟に連れていってもらいました。最初は戸惑ったんですが、止め刺しと解体を目の当たりにして、「命をいただくってこういうことなんだ」と実感しました。

私たちは日頃、当たり前のようにお肉を食べています。食べることは人間にとって根源的な営みだし、動物に感謝して命を頂くことって、やっぱり大事なんだと。狩猟に立ち合って、動物の命の尊さを実感しましたし、もう少し土を感じて、森の中に自分の身を置いておきたいとも思いました。

それまで東京を拠点に暮らしていましたが、快生館のリニューアル話も重なって、福岡に移住して狩猟免許を取りました。いまでは森の中で生きていることが、私にとって大事な価値観になっています。

──ところで狩猟免許って、猟銃で動物を撃つのではないのですか?

宿野部:狩猟免許には、大きく分けて「銃・わな・網」の3種類があります。
私が持っているのは「わなの免許」です。筆記試験と、どうやって動物に罠をかけるかという実技だけで、割と簡単な試験だと言えます。一方で猟銃はちょっとハードルが高いと聞きます。網は野生の鳥を捕まえるために必要な免許です。
わなの狩猟免許があれば、鹿や穴熊(アナグマ)も捕まえることができます。穴熊はすき焼きにすると、すごくおいしいんですよ。

狩猟をする宿野部さん(提供)
狩猟をする宿野部さん(提供)

その土地ならではの体験を提供できるか

──福岡に移住する前は、国内外を転々としていたそうですね。

宿野部:父が国際協力の仕事をしていて、幼いころはフィリピンに3年、グアテマラに2年半、住んでいました。その他にもいろいろな国をめぐってきて、「遊牧民」のように転々と動いてるのが私にとって当たり前。帰国後は東京を拠点にしながら、京都の大学に通ったり、フランス留学したりしていました。
会社員として約6年半働いたのちに、2019年からコロナが本格化する前の8カ月間で、自転車で日本周遊を始めました。

とにかく、いろいろな人間と出会ってきた自信はあります。どんな人とでも仲良くなれる、どんな場所でも物怖じせずに飛び込めるのは、コミュニティマネジャーの仕事に役立っているかな、と思います。

──どんなところに仕事のやりがいや楽しさを感じていますか?

宿野部:ドロップイン(一時利用)の人が「快生館で心地よくワークができました」と言って、また戻ってきてくれるのは、やっぱりうれしいですね。
「狩猟体験ワーケーション」という奇抜な企画のほかにも、天然温泉を生かした「湯治ワーケーション」といった様々なイベントで、福岡の面白い人たちをどんどん巻き込んでいくところにも、やりがいを感じています。

──全国の自治体がワーケーション利用者を誘致しようとしています。ただ広がりや利用者は、まだ一部にとどまっているのが現状です。何が必要でしょうか?

宿野部:その土地ならではの体験を提供できるか、が重要だと思います。
快生館で私は常に、こうした山の中でしかできない体験や、行政の場所として地域資源とうまく組み合わせられないかを意識しています。そんな体験を提供できる施設が増えることで、ワーケーションの需要もより増えていくと思います。

宿野部さん(左から2人目)と同僚(提供)
宿野部さん(左から2人目)と同僚(提供)

九州のサブカルで海外客を呼び込みたい

──今後チャレンジしたいことを教えてください。

宿野部:海外で育ってきたので、インバウンド客を呼び込みたいです。私はディープなカルチャーが好きで、それらを発信したり体験するツアーを作ったりしたいと思っています。
実は日本の性文化に興味があって、熱海秘宝館やストリップ劇場に行ったり、ラブホテルを巡ったりしてきました。奇祭に行くのも好きなんですね。日本の奇祭は海外からみても、オリジナリティが結構あるなと思います。
こうしたサブカルに触れるイベントを企画して、発信していきたいです。福岡にはそうした場が少ないので、九州全体を巻き込んでいけるかが課題ですね。

後編では、地元の古賀市出身で、東京でのモデル活動からUターン帰省して快生館のコミュニティマネジャーとして働く、古賀市PR大使の女性へのインタビューをお届けします。

この記事はドコモビジネスとNewsPicksが共同で運営するメディアサービスNewsPicks +dより転載しております。
文:池田怜央
バナーデザイン:山口言悟(Gengo Design Studio)
聞き手・編集:野上英文

メルマガを登録する!(無料)

ドコモビジネスがお届けする
メールマガジン(無料)のご案内

  • コラム

    最新のサービス情報や
    ソリューションのご紹介

  • サービス導入事例

    他社の課題解決事例や
    ベストプラクティス

  • セミナー・イベント

    旬なテーマが詳しくわかる
    企画をご案内

\ご登録は1分で完了/

ドコモビジネスでは、法人向けインターネットやスマホをはじめ、
中堅・中小企業のお客さまに役立つサービスを多数ご用意しています

最適なサービスを探したい方はこちら

中小企業向けサービスサイト
検索