Select Language : English 日本語

南北アメリカ

ブラジル: English / 日本語 / Português do Brasil
アメリカ: English

ヨーロッパ、中東、アフリカ(EMEA)

EMEA:
(ベルギー, フランス, ドイツ, オランダ, スペイン, アラブ首長国連邦, イギリス)
English / 日本語 / Español / Deutsch / Français
ロシア: English / 日本語 / русский

アジアパシフィック

日本(法人のお客さま): English / 日本語
日本(個人のお客さま): English / 日本語
オーストラリア(NTT Com ICT Solutions): English
中国本土: English / 日本語 / 簡體中文
香港/マカオ: English / 日本語 / 繁体中文 / 簡體中文
インド: English / 日本語
インドネシア: English
韓国: English / 日本語 / 한국어
マレーシア: English
フィリピン(DTSI): English
シンガポール: English / 日本語
台湾: English / 日本語 / 繁体中文
タイ: English / 日本語
ベトナム: English / 日本語

最新AI/IoT活用事例
AIチャットボット導入でコールセンター業務の社内情報共有を改善・効率化を実現

会社名
株式会社コンカー
事業内容
出張・経費管理、請求書管理クラウドサービスの提供。
URL
https://www.concur.co.jp
課題・ニーズ

 コールセンター業務や社内問い合わせへの対応において、必要な情報に素早くアクセスできない状況が大きな問題となっていた。この課題を解決するために、必要な情報をAIで瞬時に検索できるプラットフォームの構築に乗り出すことになった。

背景

 株式会社コンカー(以下、コンカー)は、世界トップシェアの出張・経費管理サービスを提供するSAP Concurの日本法人として2010年に設立。以来、国内でも業界トップシェアを確立し、急速な成長とともに進化し続けるクラウドサービスベンダーである。

 同社では事業拡大を進めていくなかで、顧客対応力の強化が求められていた。特に電話セールスや顧客サポートなどのインサイドセールス業務では、応対時間の長さと応対品質にばらつきが発生。オペレーターの効率的なスキル習得による生産性の向上は喫緊の課題だった。

 また一方で、ビジネスが急成長したことで社員数も増加し、社内の事務手続きなどの問い合わせ件数が増えたことも現場の負担となっていた。

 こうした社内外の問い合わせ業務を効率化するために、コンカーでは各事業部に分散された情報や各種資料を整理し、集約した情報の中から適切なものを抽出するためのツールとしてチャットbot導入の検討を始めた。

対策

 同社では、まず社内に次世代の情報共有基盤を構築するための取り組みとして、各部門の代表者が参加する「情報共有タスクフォース」を設立。顧客からの問い合わせ内容や社内手続きに関する質問などのデータベースをFAQとして整理し、そのほかのさまざまな文書や資料を集約した。

 これらの膨大な情報から必要な内容を素早く抽出するための手段として、コンカーはNTTコミュニケーションズの「COTOHA Chat & FAQ」を採用。「COTOHA Chat & FAQ」は、AIを利用したチャットボットを実現したソリューションであり、テキストチャットで入力された自然文の「意味」を理解したうえで、適切な回答をデータベースから検索・提示できるサポートツール(システム)である。

フォーム入力ページに遷移します。フォームの項目を入力していただき記事のPDFをダウンロードしてご覧ください。

関連サービス

COTOHA Chat & FAQ
NTTコミュニケーションズの「COTOHA Chat & FAQ」は、ウェブサイトの利用者が入力した質問に対して適切な回答を表示し、利用者自身が疑問を解決できるよう支援する企業向けのAI(人工知能)サービスです。「意味検索エンジン」の採用で、不完全な文章、表記に“ゆれ”がある文章でも、質問の意味を正しく理解し、適切な回答を示すことができます。

関連記事

現在、問い合わせ応対の効率化に向けてAIを活用する取り組みがコールセンター業界で高い関心を集めています。AIの活用は企業のお客さま対応業務だけでなく、社内システムのヘルプ…【続きを読む】

コールセンター業務のお悩み解決

AIを活用した自動応答や顧客の声のビッグデータ分析など、コールセンターの高度化に向けた取り組みが各社で始まっています。こうした最新トレンドを採り入れるためにも、まずは既存…【続きを読む】

特集コンテンツ

この記事が注目されています

このページのトップへ