Select Language : English 日本語

NTTコミュニケーションズ

法人のお客さま: English / 日本語
個人のお客さま: English / 日本語

NTT Ltd.

グローバルサイト English
中国本土: English / 日本語 / 簡體中文
フィリピン(DTSI): English

お客さまの課題解決のヒントをお届けするデジタルマガジンICT Business Online

メルマガ登録

被災時のスムーズな事業継続には、事前の「リモートワーク環境」の構築がカギ

印刷

通常時には“働き方改革”、被災時には“事業継続”の基盤

災害などの事業継続リスクへの備えは欠かせないものの、いつ災害が襲ってくるかは予測できません。しかしいつ来るかわからないリスクのためだけに、多額の予算と時間を投じることに躊躇している企業も少なくないのではないでしょうか。

その施策の1つとして注目されているのが、リモートワーク環境の構築です。通常時は“働き方改革”の実現手段となるだけでなく、被災時には“事業継続”を支えるIT環境としての役割を果たすことができます。現実に被災した場合には、オフィスや設備の被害、交通網などのマヒなどで出社できない可能性があります。しかし、そうした状況下においても、リモートワーク環境が整っていれば、従業員は自宅や安全な場所で業務を継続することが可能となります。リモートワーク環境の構築という働き方改革の施策でありながら、事業継続リスクの対応策としても有効です。

リモートワークの仕組みを、業務継続のプラットフォームとして活用

リモートワーク環境とは、外出先や在宅勤務などにおいて、社内と同じように業務を行うための環境のことですが、使用するPCなどの端末を、社内の業務システムに接続できるようにすればいいという単純なものではありません。

社外で端末を利用する際の情報セキュリティ上の懸念を払拭しなければならないうえに、端末のキッティングを担当するスタッフを用意する必要がありますし、導入のための予算も確保しなければなりません。まさに全社的なプロジェクトとして推進する必要があるため、導入ハードルは決して低くありませんでした。

図:災害時のリモートワークイメージ

リモートワークを実現するためには、従業員が自宅など社外で使用する端末を用意し、セキュリティも確保した上で、業務に必要となる情報にアクセスし、他の従業員との情報共有やコミュニケーションが行える環境を整えておく必要があります。さらに被災時に備えて、普段からリモートワークに使っている端末で、業務復旧のためのアプリケーションを利用できるようにしておかねばなりません。

関連サービス