日本 Select Language : English 日本語

×閉じる

南北アメリカ

アメリカ: English
ブラジル: English / 日本語 / Português do Brasil

ヨーロッパ、中東、アフリカ(EMEA)

EMEA:

イギリス,
ベルギー,
フランス,
ドイツ,
オランダ,
スペイン,
アラブ首長国連邦
English
日本語
Español
Deutsch
Français
ロシア: English / 日本語 / русский

アジアパシフィック

日本(法人のお客さま): English / 日本語
日本(個人のお客さま): English / 日本語
オーストラリア(NTT Com ICT Solutions): English
中国本土: English / 日本語 / 簡體中文
香港/マカオ: English / 日本語 / 繁体中文 / 簡體中文
インド: English / 日本語
インドネシア: English
韓国: English / 日本語 / 한국어
マレーシア: English
フィリピン(DTSI): English
シンガポール: English / 日本語
台湾: English / 日本語 / 繁体中文
タイ: English / 日本語
ベトナム: English / 日本語
Select Language : English 日本語

南北アメリカ

ブラジル: English / 日本語 / Português do Brasil
アメリカ: English

ヨーロッパ、中東、アフリカ(EMEA)

EMEA:
(ベルギー, フランス, ドイツ, オランダ, スペイン, アラブ首長国連邦, イギリス)
English / 日本語 / Español / Deutsch / Français
ロシア: English / 日本語 / русский

アジアパシフィック

日本(法人のお客さま): English / 日本語
日本(個人のお客さま): English / 日本語
オーストラリア(NTT Com ICT Solutions): English
中国本土: English / 日本語 / 簡體中文
香港/マカオ: English / 日本語 / 繁体中文 / 簡體中文
インド: English / 日本語
インドネシア: English
韓国: English / 日本語 / 한국어
マレーシア: English
フィリピン(DTSI): English
シンガポール: English / 日本語
台湾: English / 日本語 / 繁体中文
タイ: English / 日本語
ベトナム: English / 日本語

環境保護活動
グリーンビルディング認証「LEED」

環境性能の高さがデータセンター選択基準の1つに

NTTコミュニケーションズは、世界各国で展開しているデータセンターの環境負荷の低減に取り組み、世界標準のグリーンビルディング認証「LEED」*の認証取得を行っています。

世界中のお客さまが積極的に環境負荷低減に向けて取り組んでいる中、莫大な電力を消費するデータセンターの選択においても、高信頼性かつ、高い環境性能が選択における基準となっています。その選択基準の1つが世界で最も広く利用されているグリーンビルディング評価システムの「LEED」です。NTTコミュニケーションズでは、世界各国に保有している以下のデータセンターにおいて環境負荷低減に積極的に取り組み、結果、以下のデータセンターにてLEED認証を取得しています。

今後も、お客さまの満足度向上に向けて性能だけでなく環境負荷低減に向けたデータセンターづくりを目指していきます。

*Leadership in Energy and Environmental Design の略:米国グリーンビルディング協会による建物全体の環境性能の認証制度。

データセンター「Nexcenter」

地域 データセンター名 LEED
アジア 香港 ファイナンシャル データセンター 第2棟 (FDC2) Platinum
香港 ファイナンシャル データセンター 第1棟(FDC1) Gold
香港 タイポ データセンター Silver
シンガポール セラングーン データセンター Gold
マレーシア サイバージャヤ 3 データセンター3 Silver
マレーシア サイバージャヤ 4 データセンター Silver
インド チェンナイ 1 データセンター Gold
アメリカ カルフォルニア サクラメント 1 (CA1) データセンター Gold
カルフォルニア サクラメント 2 (CA2) データセンター Gold
カルフォルニア サクラメント 3 (CA3) データセンター Gold
バージニア アッシュバーン 1 (VA1) データセンター Gold
ヨーロッパ イギリス へメル・ヘムステッド 2 データセンター Gold

香港ファイナンシャルデータセンター第2棟(FDC2)

香港ファイナンシャルデータセンタ2(FDC2)

2017年5月に中国・香港地区で初めてLEEDのPlatinum認証を取得した、「香港 ファイナンシャル データセンター」第2棟(以下 FDC2)を紹介します。

中国・香港地域で初のLEEDのPlatinum認証を取得した香港ファイナンシャルデータセンター(FDC2)(右写真)

九龍半島東部の将軍澳地区(Tseung Kwan O)に位置する香港ファイナンシャルデータセンター第2棟(FDC2)においては、先進の壁面吹き出し方式の空調システム(壁吹き空調:Cooling wall)の採用や、停電時にサーバールーム内の温度を約402分間27℃に保つことができる冷水貯水槽(Cooling Battery)を備えています。

また、寒冷時(外気温10.5℃以下)は一部の冷凍機(Chiller)を停止し、冷却塔(Cooling Tower)での熱交換に切り替える間接外気空調もを採用しています。

これらにより、空調システム全体のエネルギー効率性を約20%高めた点が高く評価され、受賞認証取得に至りました。

壁吹き空調(Cooling wall)

 

 

壁吹き空調(Cooling wall)
冷気が二重床の下から吹き上がる従来の冷却方式より20%のエネルギー効率の改善が達成可能(図右側矢印)

冷水貯水槽(Cooling Battery)

 

 

冷水貯水槽(Cooling Battery)

360万リットルの冷却水を貯蔵できる水槽式により、停電時にサーバールーム内の温度を42分間27℃に保つことが可能(右手前白い建物)

間接外気空調の採用

 

 

間接外気空調の採用

気温が10.5℃を下回った場合、冷凍機(Chiller)の電源が節電のため落とされ、冷却塔(Cooling Tower)が直に冷却水を冷やすために使われる。

このページのトップへ