Select Language : English 日本語

NTTコミュニケーションズ

法人のお客さま: English / 日本語
個人のお客さま: English / 日本語

NTT Ltd.

グローバルサイト English
Select Language : English 日本語

南北アメリカ

ブラジル: English / 日本語 / Português do Brasil
アメリカ: English

ヨーロッパ、中東、アフリカ(EMEA)

EMEA:
(ベルギー, フランス, ドイツ, オランダ, スペイン, アラブ首長国連邦, イギリス)
English / 日本語 / Español / Deutsch / Français
ロシア: English / 日本語 / русский

アジアパシフィック

日本(法人のお客さま): English / 日本語
日本(個人のお客さま): English / 日本語
オーストラリア(NTT Com ICT Solutions): English
中国本土: English / 日本語 / 簡體中文
香港/マカオ: English / 日本語 / 繁体中文 / 簡體中文
インド: English / 日本語
インドネシア: English
韓国: English / 日本語 / 한국어
マレーシア: English
フィリピン(DTSI): English
シンガポール: English / 日本語
台湾: English / 日本語 / 繁体中文
タイ: English / 日本語
ベトナム: English / 日本語

2021年9月1日

日本電信電話株式会社
NTT Ltd.
NTTコミュニケーションズ株式会社

NTTがデータセンターを面積ベースで2割拡大

~法人のインターネット利用増に対応した収容能力拡大によりグローバルリーダーの評価を獲得~

NTTは、今後、法人のお客さまおよびハイパースケーラー向けのフルスタックICTサービスを拡販するため、グローバルデータセンターのサーバールーム面積を約2割拡大します。また、NTTは、IDC MarketScapeレポートにおける「世界規模のデータセンターコロケーションおよび相互接続サービス 2021年度ベンダー評価」※1において、グローバルリーダーのうちの1社に選ばれました。

世界各地域におけるデータセンターの拡大方針

NTTは、北米、EMEA(欧州、中東、アフリカ地域)、アジア、インドでデータセンターを運用しています。北米バージニア、ロンドン、シンガポール、東京など主要な市場におけるデータセンター間を、ネットワークにて相互接続すると共に、各地域におけるデータセンターサービスの収容能力を以下のとおり拡大しています。

北米:2020年から2021年にかけ、バージニア州アッシュバーンにおけるデータセンター拡張に加え、オレゴン州のヒルズボロ、カリフォルニア州のサンタクララ、イリノイ州のシカゴに3つのデータセンターを新設しました。
47エーカー(約190,000m2)のヒルズボロのデータセンターは、終局5つのデータセンターで構成され、IT機器向け総電力提供可能容量(以下、IT電力容量)126メガワットを供給する予定です。加えて、NTTの日米間海底ケーブル「PC-1」を活用することで、ヒルズボロと東京間の太平洋横断のネットワークを提供します。
また、アリゾナ州フェニックスにおいても、2022年初頭データセンターを新設する予定です。フェニックスデータセンターは、IT電力容量36メガワットを供給するデータセンターを終局7棟建設し、合計でIT電力容量240メガワットを供給する予定です。

EMEA:オランダのアムステルダムやドイツのフランクフルトでデータセンターを運営しており、ドイツにおける市場シェアは1位です。英国では、新たにロンドン1データセンターを2020年12月に開設しました。収容能力を現在の2倍以上に向上させ、英国の金融サービスやメディア、ゲーム産業を支えていきます。また、NTTが提供するロンドンエリアにある全てのNTTのデータセンターをつなぐ光ファイバーなどの敷設にも投資を行っています。
また、NTTは、今後2年でEMEAの6カ国、9つの市場に新たに13のデータセンターを建設し、50,000m2のサーバールーム面積、IT電力容量115メガワットを追加することで、EMEAにおけるIT電力容量を40%以上拡大する予定です。
さらに、旺盛なデータセンター需要に応えるため、ウィーンやチューリッヒ、ロンドン、ドイツ各地での増床に加え、スペインのマドリードや南アフリカのヨハネスブルクにも相互接続可能なデータセンターを構築する予定です。

アジア(インド除く):2021年内までにインドネシア・ジャカルタの中心地から約30km離れたブカシにIT電力容量15メガワットを供給するジャカルタ 3データセンターを新設します。通信事業者としての強みを生かすことにより、本データセンターにおいてお客さまは、IXs(インターネット・エクスチェンジ)やISPs(インターネット・サービスプロバイダー)との接続が容易になります。
また、マレーシアのサイバージャヤ 5データセンターは、IT電力容量6.8メガワットを供給し、今後、同キャンパス内にさらに同規模の拡大を予定しています。
日本では、2020年9月に東京にIT電力容量21メガワットを供給する東京第11データセンターを建設しました。
今後も、お客さまの旺盛な需要に応えるため、バンコク、大阪、ベトナム南部へのデータセンター拡張も検討中です。

インド:インドで初の大容量データセンター拠点であるムンバイ・チャンディバリキャンパスでは、ムンバイ 8 データセンターの営業開始により、IT電力容量85メガワットを供給する予定です。
また、2022年1月以降順次、ナビムンバイに2つのデータセンターのほか、チェンナイ、デリー(ノイダ)において、合計で50,000m2のサーバールーム面積、IT電力容量133メガワットの大規模データセンターを建設予定です。
インドの10のデータセンターは、2021年にデータセンター間ネットワークで相互接続され、ムンバイとチェンナイでは、海底ケーブルの陸揚局建設も予定されています。これらにより、インドにおけるNo.1の市場シェアをさらに拡大します。

データセンター間を相互接続するグローバルネットワーク

NTTは、収容能力の大幅な拡張を行っているデータセンターとTier1のグローバルネットワークサービスを組み合わせたインフラにより、フルスタッフのICTサービスの需要に応えます。

NTTは現在、シンガポール、マレーシア、インド(ムンバイ、チェンナイ)を接続する大容量の海底ケーブル「MIST」を建設中です。「MIST」ケーブルシステムは、11,000kmの長さを有し、その長さはニューヨークから東京までの距離を超えるものです。2023年中頃の竣工をめざしています。

また、1つの物理ポートから複数の仮想ネットワーク経由で、セキュアにクラウドサービス事業者などに接続できる「Global Data Center Interconnect」 (GDCI)※2により、グローバル市場におけるネットワーク相互接続基盤を提供します。前述の海底ケーブルシステムの拡張は、GDCIの地域を超えたデータセンター間での相互接続の基盤として通信インフラを支える予定です。

森林正彰President and Board Director of NTT Ltd. のコメント

「新型コロナウイルス感染拡大により、人々の生活様式が大きく変容しています。人々の生活の質は、基本的にはインフラに依存しています。この18カ月で、NTTはデータセンター事業を20%拡大し、20以上の国・地域で、サーバールーム面積は600,000m2以上に拡大します。NTTは、さらにデータセンターやネットワークサービス上の法人向けハイブリットクラウド環境を最適化するために約30の「GDCI」の接続拠点をグローバルデータセンターに拡大します。NTTは既にIT電力容量300メガワットの供給への拡大に向けてデータセンターの建設を開始しています。新たなデータセンターや、キャンパスの拡大、「MIST」海底ケーブルのような大容量ネットワークの完成により、NTTは世界中のお客さまの事業に貢献する『つながる未来』を築いていきます」

IDCの評価

米国IDC社が2021年6月に発行した、評価レポート「IDC MarketScape: 世界規模のデータセンターコロケーションおよび相互接続サービス 2021年度ベンダー評価」において、NTTは法人のインターネット利用増に対応した収容能力拡大、総合的技術力、フルスタックICTサービスの提供によりグローバルリーダーのポジションに位置付けられました。

※1:IDC MarketScape: Worldwide Datacenter Colocation and Interconnection Services 2021 Vendor Assessment, June 2021
IDC MarketScapeについては以下URLからダウンロードください(英語のみ)。
A leader in worldwide colocation and interconnection services | Global Data Centers

※2:「GDCI」は、日本のお客さま向けには、NTTコミュニケーションズ株式会社が提供する「Flexible InterConnect」(FIC)においてご利用いただけます。「FIC」は、企業のデータ利活用に必要なすべての機能を、ICTインフラも含めてワンストップで提供する「Smart Data Platform」におけるインターコネクト機能を担っています。
https://fic.ntt.com/

関連リンク

本件に関するお問い合わせ先

2021-R081

このページのトップへ