Select Language : English 日本語

NTTコミュニケーションズ

法人のお客さま: English / 日本語
個人のお客さま: English / 日本語

NTT Ltd.

グローバルサイト English
Select Language : English 日本語

南北アメリカ

ブラジル: English / 日本語 / Português do Brasil
アメリカ: English

ヨーロッパ、中東、アフリカ(EMEA)

EMEA:
(ベルギー, フランス, ドイツ, オランダ, スペイン, アラブ首長国連邦, イギリス)
English / 日本語 / Español / Deutsch / Français
ロシア: English / 日本語 / русский

アジアパシフィック

日本(法人のお客さま): English / 日本語
日本(個人のお客さま): English / 日本語
オーストラリア(NTT Com ICT Solutions): English
中国本土: English / 日本語 / 簡體中文
香港/マカオ: English / 日本語 / 繁体中文 / 簡體中文
インド: English / 日本語
インドネシア: English
韓国: English / 日本語 / 한국어
マレーシア: English
フィリピン(DTSI): English
シンガポール: English / 日本語
台湾: English / 日本語 / 繁体中文
タイ: English / 日本語
ベトナム: English / 日本語

2017年7月25日

「OCN」における通信品質向上のための取り組みについて

〜IPoE方式を用いたIPv6インターネット接続機能の提供を開始〜

NTTコミュニケーションズ(以下、NTT Com)は、日本最大※1のインターネット接続サービス「OCN」において、IPoE方式※2 を用いたIPv6インターネット接続機能を無料で提供します。

これは、通信方式の違い(IPv4/IPv6)によって利用するネットワーク設備を自動的に振り分けることで、YouTubeのような動画視聴をはじめとしたインターネットのご利用をより快適にする取り組みです。2017年7月25日から順次、提供を開始します。

1. 背景

近年、動画のように容量が大きなコンテンツサービスの利用が急増し、インターネットを流れるデータ通信量(トラフィック)が飛躍的に増加しています [別紙参照] 。データ通信量の急増は、多くのお客さまの利用が集中する時間帯で、通信速度の低下が生じる原因の一つとなっています。

NTT Comはこのような状況の改善を目的に、これまでも通信設備の増設※3 や、混雑時における『「OCN」における品質向上のための取り組みについて(2016年6月1日実施)』などを行ってまいりましたが、このたびさらなる通信品質の向上を目指し、あらたな取り組みを実施します。

2. 取り組みの概要

従来のPPPoE方式※4によるインターネット接続機能に加えて、ネットワーク設備の大容量化およびIPv6対応を可能にするIPoE方式のインターネット接続機能を導入します。これにより、IPv4通信とIPv6通信の分散化を行うことで、利用の集中による混雑の緩和を図り、通信品質の向上に努めます。

また、本取り組みによってIPv6の普及促進にも貢献します。従来「OCN」のIPv6による接続はPPPoE方式に限られており、これに対応するためNTT東日本・NTT西日本が提供するホームゲートウェイ(以下、HGW)または「IPv6トンネル対応アダプタ」の接続が必要でした。このたびあらたにIPoE方式を導入することで、同方式に対応したHGWであればアダプタが不要になるほか、HGW以外の機器にも対応※5可能となるため、より多くのお客さまにIPv6をご利用いただけるようになります。

イメージ

3. 提供機能の詳細

(1) 機能名

OCN IPv6 インターネット接続機能(IPoE)

ご利用にあたって、お申し込みは不要です。また、追加の料金はかかりません。

(2) 提供条件

以下の対象サービスの標準機能として提供 

本機能に関する詳細、注意事項などは以下のWebページをご参照ください。

http://www.ntt.com/personal/services/internet/hikari/ipv6/ipoe.html

(3) 対象サービス(個人のお客さま向け)

  • 「OCN 光」
  • 「OCN for ドコモ光」

なお、今後「OCN 光 with フレッツ」「OCN 光 「フレッツ」」においてNTT東日本・NTT西日本の「フレッツ光ネクスト」回線をご利用のお客さまにも提供していく予定です。

(4) 提供開始日

【新規に対象サービスをお申し込みされるお客さま】

  • 「OCN 光」2017年7月25日
  • 「OCN for ドコモ光」2017年9月予定

【既に対象サービスをご利用中のお客さま】

2017年8月から順次提供

(提供地域によって提供時期が異なります。詳細は別途お客さまにご案内させていただきます。)

4. 今後の予定

IPv4通信においてもIPoE方式で接続できる機能の提供など、今後もお客さまがより快適にインターネットをご利用いただけるよう、さまざまな取り組みを行ってまいります。

*記載されている会社名、製品名やサービス名は各社の登録商標または商標です。

※1: 2017年3月末のISP事業者のFTTH契約数シェア第1位。出典:株式会社MM総研「ブロードバンド回線事業者の加入件数調査(2017年3月末時点)」

※2: IP over Ethernetの略。Ethernetを使ってIPパケットを伝送する方式のこと。NTT東日本・NTT西日本が提供するフレッツ網におけるIPv6アドレスにも対応している。

※3: 詳細は「OCNの増設工事予定・完了状況」をご参照ください。

http://support.ntt.com/ocn/information/detail/pid25000002e8

※4: PPP over Ethernetの略。インターネットの利用者とISP事業者間の接続で多く利用されている従来型の接続方式のこと。

※5: IPv6パススルー機能(IPv6ブリッジ機能)に対応している必要があります。

本件に関するお問い合わせ先

ネットワークサービス部

販売推進部門

成田、白鳥

03-6700-6149

2017-R074

このページのトップへ