日本 Select Language : English 日本語

×閉じる

南北アメリカ

アメリカ: English
ブラジル: English / 日本語 / Português do Brasil

ヨーロッパ、中東、アフリカ(EMEA)

EMEA:

イギリス,
ベルギー,
フランス,
ドイツ,
オランダ,
スペイン,
アラブ首長国連邦
English
日本語
Español
Deutsch
Français
ロシア: English / 日本語 / русский

アジアパシフィック

日本(法人のお客さま): English / 日本語
日本(個人のお客さま): English / 日本語
オーストラリア(NTT Com ICT Solutions): English
中国本土: English / 日本語 / 簡體中文
香港/マカオ: English / 日本語 / 繁体中文 / 簡體中文
インド: English / 日本語
インドネシア: English
韓国: English / 日本語 / 한국어
マレーシア: English
フィリピン(DTSI): English
シンガポール: English / 日本語
台湾: English / 日本語 / 繁体中文
タイ: English / 日本語
ベトナム: English / 日本語
Select Language : English 日本語

南北アメリカ

ブラジル: English / 日本語 / Português do Brasil
アメリカ: English

ヨーロッパ、中東、アフリカ(EMEA)

EMEA:
(ベルギー, フランス, ドイツ, オランダ, スペイン, アラブ首長国連邦, イギリス)
English / 日本語 / Español / Deutsch / Français
ロシア: English / 日本語 / русский

アジアパシフィック

日本(法人のお客さま): English / 日本語
日本(個人のお客さま): English / 日本語
オーストラリア(NTT Com ICT Solutions): English
中国本土: English / 日本語 / 簡體中文
香港/マカオ: English / 日本語 / 繁体中文 / 簡體中文
インド: English / 日本語
インドネシア: English
韓国: English / 日本語 / 한국어
マレーシア: English
フィリピン(DTSI): English
シンガポール: English / 日本語
台湾: English / 日本語 / 繁体中文
タイ: English / 日本語
ベトナム: English / 日本語
NTTコミュニケーションズ株式会社/日本マイクロソフト株式会社

2017年3月24日

NTTコミュニケーションズ株式会社
日本マイクロソフト株式会社

NTTコミュニケーションズと日本マイクロソフトが企業の柔軟・迅速な事業展開を支えるハイブリッドクラウド基盤の展開で協業

NTTコミュニケーションズ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役 社長:庄司 哲也、以下:NTT Com)と、日本マイクロソフト株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 社長:平野 拓也、以下:日本マイクロソフト)は、企業向けのハイブリッドクラウド基盤の共同開発・営業連携のため、2017年4月より協業を開始します。

日本マイクロソフトが提供するクラウドサービス「Microsoft Azure」と、NTT Comが提供するクラウドサービス「Enterprise Cloud」を効果的に組み合わせ、エンタープライズ企業のお客さまがグローバル全域で一体的に利用できるハイブリッドクラウド基盤として、両社が市場へ展開します。また、中堅・中小企業向けにはOffice 365による働き方改革ソリューションの提供も新たに開始いたします。これにより、中小企業からエンタープライズ企業まで、より多くのお客さまの迅速・柔軟な事業展開に貢献します。

<本協業に基づく新たなアクションについて>

(1)「Enterprise Cloud」と「Microsoft Azure」を統合したハイブリッドクラウド

両社は、多彩なメニューによりお客さまのニーズにきめ細やかに対応可能な「Enterprise Cloud」と、より安価にスケーラブルなコンピューティングリソースを提供する「Microsoft Azure」をシームレスに統合したハイブリッドクラウドサービスを共同開発・提供します。

具体的には 2017 年 4 月より、NTT Comが「Azure Site Recovery」「Azure Backup」「Azure Virtual Machines」「Azure Storage」を「Enterprise Cloud」のオプションとして提供開始します。NTT Comが提供する管理ポータル「CMP※1」によるハイブリッドクラウド環境の一元管理、契約からサポートまで一元窓口対応が可能となり、ERPなどミッションクリティカルなシステムにおけるDR環境構築やバックアップを柔軟・迅速に実現できます。

さらに今後は、AIを活用したビッグデータの分析機能といった「Microsoft Azure」の豊富なPaaSを順次「Enterprise Cloud」のオプションとして加えていきます。またハイブリッドクラウド環境自体の更なる利便性・信頼性向上に向けて、SDx技術を活用し、高速・高品質な相互接続環境をオンデマンドで提供できるよう両社で取り組んでいきます。

(2)「Microsoft Azure」の運用管理サービスの提供

NTT Comの企業向けICT基盤運用管理サービス「Global Management One」の対象サービスに「Microsoft Azure」(IaaS)を2017年4月1日より追加します。「Microsoft Azure」や「Enterprise Cloud」によるハイブリッドクラウド環境において、複雑になりがちな日々の運用業務や、サイトリカバリの定期リハーサルなどのBCP対策までをトータルにアウトソースすることで、お客さまの運用負荷軽減を含むTCO削減が可能となります。

また、従来「Global Management One」が対象としているOS、DB、Storage、FW、LB、ネットワークなどを含む他のICT基盤も運用アウトソースの対象にすることで、お客さまのICT基盤全体のグローバル統一の仕様・品質での運用・管理を実現します。

(3)中堅・中小企業のお客さまに向けたOffice365による働き方改革ソリューションの提供

NTT Com が提供する各種ネットワークおよびアプリケーションサービスとMicrosoft Office365を連携させ、企業、組織そして社員の生産性を高めるソリューションの展開により、中堅・中小企業の働き方改革の推進を支援します。具体的には、今後以下の取り組みを両社で推進していきます。

  • Office365とNTT Comのサービスとを、契約・サポートなどを一元化したシームレスなソリューションとして提供し、お客さまのクラウドシフト、テレワーク、コラボレーションの活性化を実現
  • 両社のクラウドサービスの利用に必要なプロセスを自動化・簡略化し、お客さまの迅速な事業活動を支援
  • NTT Com のコンタクトセンターによる手厚いサポートを提供し、お客さまのクラウド導入と利用推進を支援

(4)人材育成について

両社は連携し、NTT Comの100名以上のエンジニアに対してマイクロソフトのクラウドサービスの技術習得を進めます。

<本協業の継続と今後の展開について>

両社は、双方の強みである、グローバルに展開するネットワーク・データセンターを含むクラウド基盤やクラウドベースのアプリケーションサービスなどを活かし、サービス開発、販売促進、人材育成などにおける連携を進め、市場変化に迅速に対応する先進的なソリューションを展開することで、より多くのお客さまのICT環境の最適化、経営改革(デジタルトランスフォーメーション)に貢献していきます。

<参考 ハイブリッドクラウド基盤イメージ>

イメージ

(記載されている会社名、製品名やサービス名は各社の登録商標または商標です。)

※1:Cloud Management Platformの略称。Enterprise Cloudメニューとサードパーティのクラウドの両方において、効率的な管理運用力と統合された一元ビューを提供します。

本件に関するお問い合わせ先

NTTコミュニケーションズ株式会社

経営企画部 広報室

山下、今江

03-6700-4010


日本マイクロソフト株式会社

コーポレートコミュニケーション本部

手塚

03-4535-8055

Mail: mskkpr@microsoft.com

2017-R024

このページのトップへ