選手FOCUS / IN FOCUS

小川 優輔 Yusuke Ogawa

バックス・WTB/FB

小倉高校、慶應大学と厳しい環境を選んでラグビー人生を歩いてきた小川選手。おかげで、会社の仕事とラグビーの両立も、走って走って走る今季の練習も苦にならない。盲腸炎でいったんブレーキがかかったが、ルーキーイヤーに早くもレギュラー定着が見えてきた。

小川 優輔

順調ばかりではなかった、これまでのラグビーライフ

――ラグビーを始めたのは何歳のときですか?

小学校2年生のときです。それまで体操教室のようなものに入っていたんですが、決まった競技はやっていなかったので、親に何かスポーツをやりなさいと勧められたんですね。それで、いろんなスポーツの教室を見学してみたんですが、どれもあんまりピンとこなくて。ちょうど同じ小学校の友達が何人か地元のラグビー・スクールに通っていたので、僕もそれをちょっとやってみようかなという感じでした。

――少年時代の小川選手は、どんな子供だったんでしょうか?

活発と言えば活発かもしれないですね。友達も多いほうで、みんなと外で遊んでいました。小学校ではずっと裸足だったんですよ。冬でも半そで半ズボンみたいな子、よくいるじゃないですか。まさに、ああいう子でした。冬には指がしもやけになったりするんですけど(笑)。

――ラグビーは始めてすぐに面白くなりましたか?

面白かったです。最初は楕円球っていうところに興味を持って。パスの仕方や動きも独特で、覚えるのが楽しかったですね。チームプレーも、やるうちにどんどん面白いなと思うようになりました。

ポジションは最初はCTBで、当時から基本的にバックスをやっていました。福岡ってラグビーが盛んでスクールも比較的多いんですよね。だから試合も頻繁だったし、僕が通っていた鞘ヶ谷ラグビー・スクールも強いチームだったので、楽しかったですね。土日だけだったんですけど。

――土日だけ。では中学校では別の部活に?

いや、帰宅部ですね。何もやってなかったです。授業が終わったらまっすぐ帰っていました。塾にも通って、まじめに勉強していましたね。

――そして、福岡県立小倉高等学校に進学。どんな学校でしたか?

かなり厳しい学校でした。伝統を重んじる校風で、昔ながらの制帽とか、学校指定のたすきがけカバンとかがあって、体操着は風呂敷に入れないといけなかったり。あと「0限」っていうのがありました。これは小倉高に限らず地域の方針なんですが、1限の前に朝7時半から50分授業があるんですよ。その後も65分授業が5限目まであって。進学校だったのでハードでしたね。授業が終わったら部活やって家に帰って晩ごはん食べて風呂入って、あとはもう寝るだけですよね。朝が本当にキツかったです。

――部活はもちろんラグビー部ですよね。強いチームだったんですか?

毎年、東福岡(※私立東福岡高等学校、全国大会常連の強豪)とも県予選で接戦になるような、わりと強いチームでした。でもいつも準決勝で東福岡に当たって、負けてしまってました。

高校時代は毎日練習で、ほとんどオフがなかったです。監督はフォワード出身で、高校から始めた子を育てるのがうまい人で、特にフォワードを重点的に指導していました。バックスは僕を含め、スクール出身の選手が何人かいたので、僕らに任せてもらうようなかたちでした。ポジションはFBで、たまにSOをやることもありましたね。

3年のときは僕がバイス・キャプテンで、でもやっぱり、その年も東福岡に負けちゃったんですよ。どっちも10点台の競ったゲームだったと思います。東福岡には山下昂大(現在はコカ・コーラウエスト レッドスパークス所属)や竹下祥平(現在はサントリーサンゴリアス所属)がいて、その年は初めて全国優勝してました。

でも、一番ショックだったのは1年生のときの試合ですかね。それも東福岡が相手で、僕がミスをしなければ勝てた試合だったかもしれません。やはり先輩たちの花園がかかった試合という意識だったし、その試合の流れを1年生の自分が変えてしまったと思ったら、本当につらかったです。

――全国を真剣に目指すレベルの高校だったんですね。それで、大学は名門の慶應義塾大学へ。

僕は最初、大学でラグビーを続けようとは思ってなかったんです。でも、スクール、高校と同門の山田章仁さん(現在はパナソニック ワイルドナイツ所属)が、慶應4年のとき、スカウトマンのように全国の高校をまわっていて、僕にも声をかけてくださったんですよ。「慶應、受けてみないか?」って。それでちょっと考えが変わりましたね。もうちょっとラグビーやってみようかなと思って、AO入試で慶應に入りました。

今、小倉高出身では山田選手のほかに荒牧佑輔選手(九州電力キューデンヴォルテクス)など、トップリーグで活躍している人も多いので、いい刺激になっていますね。ひそかに意識しています。

――慶應大学の練習はやっぱり厳しかったですか?

1年から3年まで、林さん(林雅人・現シャイニングアークス監督)が監督で、とにかくよく走らされたなという印象です。特に1年生のときは、春からすごく走らされて、相当キツかったです。陸上部みたいでした。春は10kmとか比較的長い距離を走り込んで、リーグ戦が近づくにつれて、短距離向けに走り方を変えていく。2年、3年のときは実戦を意識して、チーム形を維持して走れるように、合わせと短距離ダッシュを組み合わせるなど、やっぱり走る練習は充実していましたね。

――大学時代の試合で、最も印象深いのは?

大学3年のとき(2010年)の早慶戦ですかね。10-8で慶應が10年ぶりに勝った試合です。慶應らしい「魂のタックル」が炸裂して、「ディフェンスをして勝った」という印象がありますね。主将の竹本竜太郎選手(現在はサントリーサンゴリアス所属)がトライした感動的な試合で、勝った瞬間、僕も泣いてしまいました。よかったなっていう思いがあふれてしまって。

――慶應ではBKリーダーも務めました。ラグビー選手として順調な日々という感じでしたか?

そうでもないです。1年生の11月にジュニア選手権(下級生主体で臨む大会)の東海大とのゲームでかなりひどい肉離れを起こしてしまって。リハビリして一度は復帰しても、別のところに肉離れが起きたり、そういうことが2~3回あって、本当に復帰できるまでに半年ぐらいかかりました。

当時、U-20の合宿に呼んでいただいたこともあったのですが、セレクション合宿に参加はしましたが、肉離れで動けず何もできませんでした。高校のときもU-17に呼んでいただいたのですが、そこで鎖骨を骨折し辞退する形になってしまって、どうも代表には縁がないんですよね。高校時代に福岡選抜で国体に出たのが、唯一の代表経験でしょうか。そういう星に生まれていないんだな(笑)。

――ケガに泣くことが何度かあったんですね。ラグビーやリハビリを投げ出したくなったとはありませんか?

ケガでそこまで落ち込むことはないです。むしろ体重を上げられる、筋量を増やせるいい機会だと捉えますね。試合でミスしたときは本当に落ち込むんですけど(笑)、そういうときはその試合のVTRをとにかく見る。なんでそうなったのか、どうすればよかったのか、突き詰めて乗り越えます。

チームの勝利のために、一生懸命「楽しく」やる

――大学卒業後はシャイニングアークスに。このチームを選んだ理由は?

いくつか他のチームから声をかけてもらったのですが、僕はNTT Comがよかったので自分から「入りたいんですけど」と申し出たような感じです。会社がしっかりしていて、仕事も覚えながらラグビーができるし、チームが強くなってきて雰囲気もよくなっていると聞いていました。慶應の先輩が活躍しているのも大きいですね。川本祐輝選手は僕が1年生のとき4年生でしたし、オール早慶明三大学ラグビーでは栗原徹選手や岡健二選手とプレーする機会もありました。僕は高校、大学とFBだったので徹さんに憧れているというか、一緒にプレーしてみたいなという気持ちがあったんですよね。

――林監督がいるから、ではなかったんですね?

就職先を決めたのは大学3年の終わりで、そのころ、林さんはまだ慶應の監督でした。次の年にシャイニングアークスのコーチになり、その次の年に監督になるわけですが、そういう話は何も知らなかったですね。

でも、入団してみたら監督が林さんだったので、サインも大学時代と共通するのがありますし、走らされるのも大学のときと同じだから、僕にとってはやりやすい環境で、ありがたいですね。楽しくやらせてもらっています。

――今年は新人選手(同期)が8人。グラウンドを離れて遊ぶこともありますか?

8人みんなで仲が良い感じで、ひまなときは近くへ遊びに行ったりしますね。楢山直幸が結婚したので、春に同期でバーベキューをしたときはサプライズでお祝いしたり、最近は子供が生まれたのでみんなで見に行ったり。

僕は趣味とかないんですけど、カラオケは好きで、たまにチームメイトと行きます。なんでも歌います(笑)。

――1年目の開幕戦からトップリーグに出場。想定内ですか?

いや、自分でもびっくりです。僕は体が小さいので、正直、すぐに出られるとは考えていませんでした。1年目は筋量と体重を増やして、社会人ラグビーで通用する体づくりをして、2年目から出られたらいいと思っていたぐらいで。でも、メンバーに選ばれたときは、やっぱりうれしかったですね。

高校も大学も1年目から試合に出してもらって、そのかわりミスすることが多かったので、トップリーグでは気負いすぎないようにしよう、と思って臨みました。もちろんミスはしたくないし、チームの勝利のためにできることを一生懸命やるんですけど"楽しくやる"ということを意識していました。

シャイニングアークスは高校や大学、前のチームでキャプテンを経験した人が多くて、集まると会話が多いチームなのですが、点を取られたときも「関係ないよ」「次やればいいよ」と声が挙がったりして雰囲気がいいので、自分も切り替えていこう、次に集中しよう、と自然に思えます。

――第4節のリコー戦ではトライを決めてマン・オブ・ザ・マッチに選ばれました。

リコー戦のトライは、自分で取ったというより、いわゆる"ごっつぁんトライ"ですね。大悟さん(山下大悟選手)のパスがよかったので「ありがとうございます」って感じです(笑)。

自分で調子がよかったなと思うのは、ヤマハ発動機戦なんですよね。体がキレて、ステップも踏めていました。だからこそ勝ちたかったんですけどね(19-25で敗北)。東芝戦も調子はよかったんですが、ボールを持つ場面が少なかったり、ミスが出たりもしました。常にヤマハ戦ぐらい動けて、その調子のよさがプレーやチームの勝利にそのままつながっていくといいんですけどね。

――自分のプレーに関して、トップリーグで通用しているところ、逆に不十分なところは?

通用しているというか、思い切り正面で(タックルを)食らうことが今のところはないので、ある程度ステップで避けられているなと感じています。

一方で、スキル不足も痛感しています。特にキックはもっと精度を上げていかないと。あとは、チーム全体でトライが少ないので、WTBとしてはトップ・スピードからしっかりステップが踏めるようになりたいですね。スピードが乗ったまま、止まらずに相手を振り切れるようになったら、もっとトライが取れるのかなと思います。

大学時代と比べて、サイズの違いはもちろん感じますね。当たりは強いです。でも、アタックのときは芯に当たられなければ問題ないなと思えるようになりました。ディフェンスでは、大きな選手は早めに止めて、なるべく動かさないように。スピードに乗ってパワーで持ってこられると負けてしまうので、間合いをつめてスピードを殺せれば大丈夫です。ロー・ファスト・タックルは今年ずっと、というか大学時代からずっと言われてきたことなので、それだけですね。

――第6節以降は戦列を離れていますよね。

盲腸炎になってしまいました。11月からやっと練習にまた参加できるようになったのですが、体重が落ちているので、戻していかないといけませんね。大学4年の夏ごろ、体重が80kgあって、かつ思うように動けて、一番調子がよかったので、80kgまで戻したいです。

――将来はどんな選手になりたいですか?

徹さんみたいに安定したプレーヤーになりたいですね。徹さんは全てにおいてスキルがピカイチだし、チームを引っ張っていくリーダーシップもすごい。ああいう選手になること、プラス、自分の強みを生かしていくことが目標ですね。FBとしては相手をだまして周りの選手を生かすのが得意なので、それは強みとして伸ばしていきたいです。