選手FOCUS / IN FOCUS

小泉 将 Tasuku Koizumi

バックス・FB / WTB / CTB

新人ながらラグビー歴は18年。激しいコンタクトやラインブレークを得意とするプレースタイルはラグビーを始めた当初から変わらないという。今季のトップリーグ出場はケガ人の代わりだったと悔しがるルーキーが、来季は得意のコンタクトを磨いて先発定着を狙う。

小泉 将

子どものころからノンストップ・ラグビー一筋

――ラグビーを始めたのは何歳のときですか?

5歳ぐらいですね。ボールを持って走るとか、そんなものでしたけど。近所のお兄さんがスクールに入っていたから、母親が一緒にやってみたらって。西東京ラグビースクールというスクールです。サントリーのフッカー(HO)の青木佑輔選手に続いて、僕が2番目のトップリーガーで、今だんだん強くなってきているみたいですね。

――ラグビーが楽しくなってきたのはいつごろですか?

小学校2年生ぐらいからでしょうか。でも、そのころ抱いていた将来の夢は何故かアメリカンフットボールの選手でした(笑)。父が大学時代アメフトをやっていたのでその影響だと思います。

スクールでは、ノンストップ・ラグビーっていう方針でやっていましたね。倒れないでボールを継続させるラグビー。それは今も自分の中にしっかり根付いていると思います。

――最初に感じたラグビーの面白さってどんなところでしたか?

僕は子どものころ、周りに比べて体は特に大きくなかったけど、力は人より強くて。だから、自分より大きな相手を合法的に倒せるのが楽しかったですね(笑)。当たり合いの面白さ。今もそれは変わってないのかもしれないです。中学へ上がるとき、高校へ上がるとき、大学へ上がるとき、いつも「そうやって突っ込むラグビーは通用しなくなるよ」と周りに忠告されたけど、これで通してきたので。

――中学に上がるときは、ラグビーの強い学校を選ぼう、という気持ちでしたか?

明治大学付属中野八王子中学に進みましたが、中高一貫で高校受験がないからいいな、ぐらいの気持ちでした(笑)。ここはラグビー部があるので、部活でラグビーをやってスクールでもラグビーという生活でしたね。

――この当時のポジションは?

ロック(LO)にセンター(CTB)、ウイング(WTB)、フルバック(FB)。中学の東京都選抜にはLOで選ばれたんですよ。周りからしたら、体は少し小さいぐらいだったんですけど、中学ラグビーのLOって、フランカー(FL)みたいな役割というか、背が高くなくても動ける選手がやるようなポジションだったので意外と向いてましたね。

――中学からもう都の選抜選手だったんですね。

明大中野八王子は、決して強いチームじゃなかったので、自分で言うのもなんですが、部活では一人飛びぬけた感じでした。なので、レベルの高いところに行けたのはよかったなと思っています。部活で出るトーナメント式の大会の1回戦や2回戦だと、一人でボールを運んでトライできてしまうので。上に行って、周りが強いと面白いなって感じました。

――学校では抜きん出た選手だったんですね。キャプテンを務めていたんですか?

いえ、バイスキャプテンでした。僕は人を引っ張るより、勝手に突っ走るタイプだし、他人のことを見るのは苦手なんですよ。キャプテンは他に適任者がいましたし。

――エスカレーター式で高校へ上がって、ここでもすぐに中心選手に?

怪我をしたこともあり、試合には2年生から出るようになりました。でも成績は東京都のベスト16とか2回戦敗退とかでしたね。都には強いチームが6校ぐらいあって、その6校と早く当たるか遅く当たるかで成績が変わってくる感じでした。強くないチームと当たると、うちでも100点差がつくことがありましたね。そうなると僕一人で10本近いトライをしたこともあります(笑)。

――高校時代は選抜などの経験は?

高校2年生のとき、関東選抜のセレクションに呼んでいただいて、受かりました。試合形式のテストで、一人で大暴れしていた外国人選手がいたんですけど、その選手をタックルで一発で倒したのが評価されたみたいです。

関東選抜って、関東の都県でトップの選手が集まるので「あ、これはすごいな、やばいな」と思いました。でもやっぱり楽しかったです。僕はみんなと違って有名校から選ばれているわけじゃないし、自分が一番下だと思って入るので気が楽なんですよね。チャレンジャーというか。

――関東選抜で印象に残っていることは?

高校時代のポジションは主にFBだったんですが、僕はキックとパスが苦手で、強いチームが求めるFBのプレーができなかったんですよ。なのでコーチに「おまえ使えないな」みたいなことをと言われた覚えがあります(笑)。キックとパスってセンスが重要だと思います。ある程度練習はしてきたけど、途中で入ってきた人より下手ってことは、僕はセンスがないんだなと思いました。

――試合で印象に残っているものはありますか?

関東選抜の試合は1日目にグループ総当り戦をやって、2日目に総当り戦で勝ったチームが当たるんですね。1日目は試合の後半から出たんですけど、2日目はハーフタイムになっても呼ばれなくて、後半途中コーチに呼ばれてみんながアップしに行ったんですが、それにも呼ばれなくて、もう試合に出場できないんだろうなと思っていながらみんながアップしているのを横目にベンチにいました。そのまま試合を見ていたんですが、急に監督が僕を見て「行ってこい」って言うんですよ。それでアップもしないまま出て、ラストワンプレーで逆転トライを取りました。あれはちょっと気分よかったですね。

――関東選抜に入った当初の「周りがすごすぎてやばいな」という感覚は変わりましたか?

変わりましたね。やってみたら周りがずば抜けて強いわけじゃないなって感じました。試合を外から見ていると、みんなのパスとか抜く技術とかすごいなと思うけど、自分が試合に出て体を当ててみたら、そんなに強いと感じなかったです。だから、試合に出るようになって1試合、2試合で意識は変わりました。

――大学でもラグビーを続けようと思ったのはいつごろですか?

大学へ入る直前です。僕は、大学ではサークルでラグビーをやって、楽しいキャンパス・ライフを送ろうと思っていたんです。でも、親と就職のこととか今後のことを話し合ったときに今まで頑張ってきたなら大学でもラグビーを続けてほしいと言われ、また自分でももう少し頑張ろうかなと考え直し、大学でもラグビーをやろうと思いました。

――明治大学を選んだのは、ラグビーを続けるなら、やっぱり明治だろうという憧れで?

いや、僕は明治がそんなにラグビーの強い学校だとは知らなくて、付属高校だったからそのまま明治大学に進学しました。大学での当初の目標はラグビー部の主務になることでした(笑)。それをエントリーシートに書いていい企業に就職しようと思ってましたね。最終的には、主務補佐になり、半分は目標を叶えましたね、エントリーシートに書く場面はなかったですけど(笑)。

――レギュラーになった経緯を教えてください。

1年生のときはCチームやDチームでした。夏に後十字靭帯をケガして、試合や練習に出られなくなったのが一つの転機だったと思います。僕は自分を追い込むのが意外と好きなので、そのときはリハビリとか上半身の筋力トレーニングとか、ひたすらやりました。高校ラグビー引退後に太って、大学に入った当初は体重が83kgあったのを練習で74kgまでしぼって、それからこのリハビリ期間に筋肉を増やして80kgまで持っていったんですよ。身体作りはこの時にいた監督・コーチや、トレーナーのおかげで大学レベルまで持っていくことができました。

もう一つの転機として監督が吉田(義人)さんに代わり、吉田監督が選択肢を与えてくれたんですよ。僕がキックやパスを苦手としているのを理解したうえで、その長所を伸ばすようなプレーを教えてくれましたね。それでシーズンに入って早稲田大学のCチームとの対戦でCTBが2~3人ケガしたので僕が代わりに出て、それからコンタクトが強いということでどんどん試合に出られるようになって2年生のうちにAまで上がりました。早明戦で初先発、フル出場。試合には負けましたけど、早明戦に出れたこととあの国立の観客の多さに感動しましたね。

――キックとパスをしないスタイルを認めてもらえたんですね。

吉田監督がとにかく好きなようにやれと言ってくださって、コーチもみんな、僕がキックやパスしないことを受け入れてくれる人だったんですよ。キックしないのはわかった、だったらこれをやろう、と別の選択肢を与えてくれ、本当に長所を伸ばしてもらいました。

――Aチームに定着していったのは、どういうところが買われたんだと思いますか?

ラインブレークだと思います。僕は拓さん(友井川選手)みたいに、相手に触られずにかわして抜くっていうことができないので、当たって抜く。これが自分の唯一誇れる武器ですね。

――大学時代、印象に残っている試合はありますか?

やっぱり早明戦ですかね。たくさんの人が見てくれますし、会場の雰囲気がすごいですから。僕のときは全部負けちゃいましたけど。4年生のときはケガをした状態で試合に出て、途中ケガしたところを再度打ってしまって、下がりました。無理にやってもチームに迷惑がかかると思ったので自分の判断で下がってしまいました。あの判断が正しかったのかはわからないけれど最後まで出られなくて、悔しかったですね。

苦手なキックやパスより、得意なコンタクトを磨きたい

――社会人でもラグビーを続けようと思ったのはいつごろですか?

3年生になって、いろんなチームから声をかけていただくようになってからです。5チームぐらい、お話をいただいて、IT企業で業績も安定しているNTTコミュニケーションズを選びました。自分を高めることにだけフォーカスを当てていて、どんなチームだからどう、ということはあまり考えませんでした。

――実際にシャイニングアークスに入団して、どんなことを感じましたか?

プレースタイルの違いは感じました。僕が入ったとき、シャイニングアークスはキックを多用するチームで、僕は基本的に突っ込む、というスタイルなので戸惑いがありましたね。キックがメインだったのは正直、苦痛でした(笑)。でもコーチングが良くて、キックもそれなりには飛ぶようになりましたし、今は林(雅人)監督がキックを多用するのとは違う方向で引っ張ってくださるので、すごくありがたいなと思っています。

シャイニングアークスに入って初めて、キックって有効なんだなって思い知らされたんですよ。それまではキックって相手にボールを渡すプレーだと思ってたんですけど、栗原(徹)さんとか君島(良夫)さんのキックを見て「キックでこんなに有利になるんだな」と思いましたね。真似したいと思う反面、それでも突っ込んでいきたいな~という気持ちはやっぱり強いですね(笑)。

――トップリーグは初戦を含めて、7試合に出場しました。

出られたことはもちろん、うれしかったですけど、レギュラーの選手がケガをしたり、チーム事情で出ているので、実力で選んでもらっていないなという感じはしました。目に見える結果を自分がちゃんと出していないから当然ですけど、その状況に満足はしていません。

――トップリーグでの実戦を経験して、大学とのレベルの違いを感じましたか?

当たりとかフィジカルとか、そういうことでいえば、そんなに大きく変わらないと思うんですよ。トップリーグって大学ラグビーの延長線上にあるものだし。だけど、意識がすごく違いますね。倒れたら起きる、ボールを遠くに置く、当たり前なんですけど、そういう細かい部分の意識が違うなと感じます。1つのコンタクトをとってみたときに、すごく強いかというとそうじゃないけど、強さを継続する力がすごいんですよね。全員、基本ができているので穴がないですし。タックルに低く入ってしっかりパックをするっていう意識がちゃんと80分間持続するのが、トップリーグだなと思いました。

――そんな中で小泉選手が、これはトップリーグでも他の選手に負けないぞ、という点は?

もう子どものころからずっと変わってないです。倒れないことです。

――逆に、ここは強化が必要だと感じる点は?

キックとパス。

――強化しようと思ってませんよね?(笑)

思ってないわけではないです(笑)。僕は楽しいからラグビーをやっているんですけど、外国人選手にぶち当たっていくとか、強い選手と戦うっていうのが楽しいんで。どちらかというとやっぱりコンタクトを磨いて強い相手とぶつかり合っていきたいですね。

――コンタクトって、どうやって磨くものなんでしょうか?

意識ですね。倒れないって決めたら倒れない。その意識。自分で自分のプレーを思い返して、もうちょっと体勢を維持できたんじゃないかとかこうすれば相手を倒せたんじゃないかとか考えることが重要だと思ってます。あと先輩の話を聞くのも凄く重要で、この場面でどこにタックルすればいいのか、どこに当たりにいけばいいのかを聞く。(山下)大悟さんとか栗原さんに聞くと、自分で思っていたのとまったく違うことがあるんですよね。そういうところはどんどん学んでいきたいです。

――トップリーグ1年目、印象に残った試合はありますか?

悔しかったのはサニックス戦ですね。相手の頭が僕の左頬に入って骨折してしまって。相手が悪いわけでもなくて、体勢の問題でああいうことになって。運が悪いというか、しょうもなかったなと思いますが、とにかく調子がのってきたところで怪我をしてしまったので、悔しくて印象に残ってます。

ベストゲームは、ワイルドカード・トーナメントのNEC戦かな。でも、やっぱりレギュラーに固定されるほどのパフォーマンスを出してはいないので、自分が本当に納得できる試合はなかったです。

実際選ばれていないことに特に不満はないんです。自分が納得のいく試合ができていないし、出ている選手の顔ぶれを見れば、小川(優輔選手)や沼尻(大輝)さんは、ランがすごいしキックもパスもできる。拓さんは突破力がすごい。選ばれている理由がありますから。じゃあ自分の何を評価してもらって試合に出るんだろうと考えると、やっぱりコンタクトなんですよね。だからこの人達に負けないコンタクトの強さを磨いてレギュラーを勝ち取りたいと思っています。

――いろんなタイプのWTBがいますね。

そうですね。足が速い人やキレのある人いろいろで。たとえば、拓さんや(高山)将一さんの様にスッテップの切れが半端じゃない人や、菊池(功一郎)さんや伊藤(拓巳)の様に他人を置き去りにすることのできるスピードを持った選手、あとさっきあげた小川や沼尻さんの様に全てのプレーをこなすことができる選手といったように、ホントいろんな選手がいて二人しか試合に出れないのに激戦区状態ですよ。

――いろんなポジションができる小泉選手ですが、このポジションで、という希望はありますか?

ないです。自分のプレーができれば。WTBでって言われればWTBで、CTBって言われると体重が足りないし、ちょっとドキドキしますけどCTBで頑張ります(笑)。僕、大学のときにCTBで筑波大との試合に出て、その試合勝ってるんですよ(笑)。

でもCTBは大悟さんがいますからね。大悟さんはうちのディフェンスの要で、いなくてはならない人だと思うんですけど、その大悟さんが刺しにいくのに合わせられるのが溝口(裕哉)なんですよ。あの二人のディフェンスはちょっと抜ける気がしないですね。

――来季もやっぱりWTBでの起用が中心になりそうですね。ファンとしてはもっとトライが見たいところですが?

トライ、できないです(笑)。突っ込んで起点をつくることはできるんですけど。オフェンスではWTBっていうよりFBとかCTBみたいな動きでいろいろやるほうなんですよね。対戦した選手からは、ボールを持たせるとめんどくさいって言ってもらえたりします。

――小泉選手の今後の目標を教えてください。

最終的にはジャパンに入ること。栗原(大介)がジュニア・ジャパンに入ったじゃないですか。いいなあって、うらやましくて。何年先になるのかわかりませんけどコンタクトを磨いて入れたら。というか、そういうふうにしか入るつもりはないです。普通に選ばれるよりそっちの方が楽しそうだからって理由なだけですけどね(笑)。