選手FOCUS / IN FOCUS

甲斐 尚哉 Naoya Kai

フォワード・PR

強力FWを誇る、シャイニングアークス。その中で試合に出ることは容易ではない。「3番」にこだわって、昨シーズンにはトップリーグ公式戦出場も経験した。先輩の背中を見ながらも、レギュラー獲得を目指す。

甲斐 尚哉

柔道からラグビーへの転身。

――ラグビーを始めたきっかけはなんでしょうか?

元々小学校から柔道を始めて中学校でも続けていたのですが、父親がラグビーをやっていた影響もあって、高校からは柔道かラグビーのどちらをやるか迷っていたんです。それで中学校最後の総体で結果が出なければラグビーをやろうという気持ちでいました。結果は2位だったので、ラグビーをやろうと決めました。

――2位でも十分凄い成績だと思いますが...。

その時は優勝を目指していましたので。

――ラグビーは、見に行ったりはしていましたか?

中学3年生になった時くらいから、父の影響もあって、県の総体を見に行ったり、花園の応援には行くようになっていました。

――高校は宮崎の強豪、高鍋高校へ進学します。ラグビーをするためだと思いますが、高鍋高校は家から近かったのですか?

自分の家は宮崎県の延岡市で、どちらかというと大分県寄りなんですね。高鍋高校は宮崎県の真ん中辺りで遠かったです。自分の推測ですが、高鍋高校は下宿があったので、親は自分を厳しい環境で育てたかったという思いがあったと思うんで、そういう思いもあって高鍋高校へ行くことになりました。

――下宿生活は大変でしたか?

そうですね。洗濯は自分でしなければいけないし、練習が休みのときは食事が出ないので自炊もしていました。だから白飯だけっていう日もありました。

――高鍋高校では花園にも出場していますね

花園のグラウンドに立ったのは初めてですから、いつものグラウンドよりも大きく感じたというか、今だから言えますけど、グラウンドの広さに圧倒されて普段通りのラグビーが出来なかったですね。

――九州はFWが強いイメージがあります。高鍋高校はどんなチームでしたか。

高鍋高校は、どちらかというと宮崎県の中でも大きいサイズの選手はいないほうでしたから大変でしたね。FWとBKがアタックラインに入ったらもう関係なく、FWでもBKの動きが出来るように練習したり、BKのサインプレーも覚えたりして、対格差をカバーしていました。自分は、ボールをもらうのは好きでしたね。高校時代はボールを持ってプレーするのが一番好きでした。やっぱりラグビーといえばランプレーが魅力でしたから。

――「3番」になったのはいつからですか?

高校3年からですね。「3番」だった先輩が引退して自分がその穴を埋めた感じです。自分がこの身長なので、特に低くスクラムを組むことは心がけていました。高校時代も低いスクラムが評価されていたので、それ以来、低くスクラムを組むということはこだわっています。

――大学でラグビーを続けようと思ったのは何故ですか?

元々、家が自営業で旅館をやっているんですけど、それで本当は高校を卒業したら家業を継ごうという気持ちがありました。けれど、当時の監督や両親も大学でもラグビーをしてみないかと推してくれたので、ラグビーを続けようと思いました。

――帝京大学に決めた理由は?

大学ラグビーに興味が無かったわけじゃないですけど、あまり色々な大学を詳しく知らなくて、自分の先輩が行っている学校といったら関東学院大学か帝京大学の二つだったので、そのどちらかに行こうという気持ちはありました。そうしたら、国体の合宿があった時に、帝京大学の監督が九州の国体を見に来ていてくれて、その時に少しお話をして、帝京に来ないかというお誘いをいただきました。

――帝京大学のFWは大型の選手が多いと思いますが。

全国の名のある高校から来る人たちが多いので、同期も先輩もみんな体がでかくて驚きましたね。自分は身長があまり高くないので、その分筋力を増やして体重を増やそうと思っていました。でも大学1年の時は食事の準備や洗濯物とか色々仕事もあったので、自分の時間をなかなか持てず、練習時間以外では筋トレが出来なくてあまり体重は増えなかったですね。

――特に印象に残っている試合はどの対戦でしょうか?

やっぱり対抗戦です。自分が大学4年の対抗戦の慶応戦ですかね。そのシーズンで最初の頃の試合に出させて頂いた時は、全然上手くいかずにメンバーから外されていました。けれど、慶応戦の前から練習でスクラムがしっかり組めるようになってきて、そこで久しぶりにスタメンで出させて貰って、チーム自体も熱い気持ちがあって勝つことが出来ました。出させて貰った印象が強いというか、一番気持ちが入っていました。

――甲斐選手にとってラグビーの一番好きな所って何でしょうか?

タックルですね、高校時代とは変わったんですけど。高校生の時はボールを持つのが、ラグビーやっているって感じでなんか楽しいなあと思っていたんですけど、大学からディフェンスをしっかりするようになって、今ではディフェンスで身体を張ることが、ラグビーを一番楽しんでいる感じですね。

――それはタックルを評価されて変わったのでしょうか?

そういう訳ではなくて、大学からあんまりボールを持てなくなったので、フィールドだったらどこで見せればいいんだって考えて、ディフェンスをちゃんとやろうということに決めました。本来、フロントローはポイントの近くでディフェンスをするべきですが、それに限らずラインに入ってディフェンスすることもあります。ラインに残っていてもしっかり横とコミュニケーションをとってディフェンスが出来るように意識していましたね。

自分がスクラムの要になりたい。

――2010年にShiningArcsへ入団しました。社会人でスクラムを組んでみてどうでしたか?

大学生と違って、小細工じゃないですけど色んな組み方があって、それに今は100%対応しきれてないこともあります。どこのチームも独特の組み方をしてきて、しっかりボールをバックスに出してくるところもあるし、プレッシャーをかける組み方もありますね。

――スクラムのどこが一番難しいと思いますか?

このチームの組み方は、「3番」から前に出て押して行くって形です。斉藤展士さんを見れば分かるんですが、展士さんはどんどん前に出てスクラムをコントロールしているんです。自分も展士さんみたいに前に出たいんですけど、まだまだ自分に力が無いので、前に出るということがまだ出来てないですね。

――社会人となってラグビーをすることで心境に何か変化はありましたか?

学生の頃はラグビーが中心の生活で、入社当時はラグビーと会社での業務の両立は難しいと感じる時も正直ありました。ただ、今は少しですが業務をまかされることも増え、試合にも出場できるようになってきたことで、周りの会社の皆様からも応援してくれる声が増えました。こうゆう声を頂くと限られた時間の中ですが、ラグビーだけじゃなく社員としての業務もしっかり行い、両立したいと思うようになりました。あと、この両立ができれば、社会人としても成長できるかなと思うようにもなりましたね。。

――これからどういうところを伸ばしたいと思っていますか?

自分自身まだスクラムがまだまだ安定もしてないので、やっぱりプロップとしてスクラムをしっかり安定させて、バックスにしっかりとしたボールを提供出来るようにしたいです。それと、昨シーズンからコーチングスタッフが変わり、チームは今ボールを動かすラグビーになっています。自分もフィールドの中ではそれがしっかり出来るように頑張りたいですね。そうすれば来シーズン「3番」でジャージを着られるチャンスがあるんじゃないかって思っていますね。

――甲斐選手はやっぱり「3番」にこだわっていますか?

こだわっていますね。まあ、自分が一試合でも多く試合に出れるチャンスがあれば「1番」でも良いという気持ちもありますけど...。でもやっぱり「3番」でレギュラーを獲りたいですね。「3番」は高校からずっとやっているので、それに父親もずっと3番だったので自分が「3番」のジャージを着て試合に出てる所を見せたいです。

――「1番」はどちらかというと苦手ですか?

苦手っていうよりも高校時代と組み方が違うので、全く安定しないんですよね。「3番」だとフッカーが左にいるし、組めば相手の「1番」が右にいるのでパシッと安定するんですけど、「1番」だと右側にフッカーがいますけど、スクラムを組んだときは左に誰もいないという感じになるので、安定しないというのはありますね。高校時代は対面の選手とバインドしながら組んでいたんですけど、大学、社会人になってからはノーバインドで当たったりするので、その時はスクラムを落とさず組めるように、もう少し練習したいですね。でもこの話ってフロントローをしてる人じゃないとわからない話ですね。すいません。(笑)

――プロップの中でも低く組む方ですか?

低すぎというのもダメなんですけども、しっかり肩のラインも下に、相手の首を獲って組むのは意識していますね。自分たち「3番」が右の方向に押すことを意識するんですが、やっぱり相手の1番が外に逃げる、外にアングルを変えて組み方を変えてきた時の修正がまだ出来てないところはあります。「3番」はスクラムを押す時のキーとなって押していきますが、自分自身もサテライトリーグの試合をしてみても、負けている意識は無かったので、前に出られました。試合中でも横で展士さんがもっとあいつの肩より下に入れとか、スクラムを低く組んでしっかり足を前に出せとは良く声をかけてもらいましたね。

――サポーターに一言お願いします。

今シーズンも各都道府県で試合がありましたけど、ShiningArcsの黄色い応援団を見て、感謝していて、自分自身も来シーズンは今シーズンの結果を最低限として1試合でも多く試合に出場して、出た試合では必ずチームの勝利に貢献出来るように考えています。

――黄色い応援団を見るとやはり奮い立ちますか?

奮い立ちますね。自分は、応援して下さっている人たちの目の前で、絶対恥じないプレーをやろうというのは心がけています。