Select Language : English 日本語

NTTコミュニケーションズ

法人のお客さま: English / 日本語
個人のお客さま: English / 日本語

NTT Ltd.

グローバルサイト English
cmn_ic_service-kobetsu_op

ゼロトラストネットワーク
ソリューション ゼロトラストの概念を取り入れた
セキュリティ対策でDXを実現したいお客さまへ

SDGs
NTTコミュニケーションズは持続可能な開発目標(SDGs)を支援しています

サイバーセキュリティ対策

「どこからでも」「どこへでも」「必要なヒトに」「必要なだけ」アクセスを付与し
常に最新のセキュリティレベルを適用して、大切な情報や資源を守ります

働き方改革の推進

パンデミック対策を可能とする、
社内外を問わず同一レベルの生産性・セキュリティレベルのテレワーク環境を実現

大容量トラフィックへの対応

クラウド移行によって増加したNWトラフィックを適切に処理し、生産性を向上

コスト、管理負担の軽減

ユーザーや端末の状態を動的に確認して社内外のリソースを一元的に管理することで
コストと管理性を最適化

ソリューションの特長
ICTコンサルティング
  

「すべてを信用しない」を前提に、「ユーザーがどこにいても」、「データがどこにあっても」
正しいアクセスのみを許可します。

画像:ゼロトラスト環境をステップ論で導入


クラウドセキュリティ

ご利用中のさまざまなクラウドサービスに対し、単一のコントロールポイントを設け、シングルサインオン、アクセス制御、ログ取得といったクラウドリソースへのアクセスに関する一元的なセキュリティポリシーの適用を実現します。

ゲートウェイセキュリティ
(分散型インターネットGW)

プロキシー、SSL復号、トラフィック可視化、認証連携といった、インターネットGW機能です。複数リージョンによる分散配置で高可用性を実現します。またSDPで本ソリューションの中心機能であるマイクロセグメンテーションを実装します。


エンドポイントセキュリティ

脅威の侵入が避けられないことを前提とし、端末内で動作しているアプリケーションの詳細なアクティビティ情報をリアルタイムに収集、その後レスポンスにて応急処置、原因調査といった高度な対応が可能です。

統合認証基盤
複数のシステムを利用する際に、適切なユーザーが適切なITリソースにアクセスするために、各システムのユーザー認証やユーザーIDの管理を統合的に行うための仕組みです。 SDP、可視化、エンドポイント、クラウドセキュリティなどの一元管理に重要な機能です。
セキュリティ
オペレーションセンター
(SOC)
分散型インターネットGW、エンドポイント、クラウドセキュリティのログ相関分析(SIEM)を実施、セキュリティ分析官の判断により脅威通信を能動的に遮断します。またNTT Comならではのマルチセキュリティベンダー製品のログ相関分析により、さらに高精度な分析も可能です。

お客さま環境に合わせたステップでゼロトラスト環境を実現します。

画像:導入ステップ例
  1. STEP 1
    ゲートウェイセキュリティ
    + 統合認証基盤

  2. STEP 2
    セキュリティオペレーションセンター
    (SOC)の追加

  3. STEP 3
    クラウドセキュリティ +
    エンドポイントセキュリティ

  4. STEP 4
    マイクロセグメンテーション
    の実装

PDFファイルをご覧いただくためには、「Adobe Reader」がインストールされている環境が必要となります。

このページのトップへ