Select Language : English 日本語

南北アメリカ

ブラジル: English / 日本語 / Português do Brasil
アメリカ: English

ヨーロッパ、中東、アフリカ(EMEA)

EMEA:
(ベルギー, フランス, ドイツ, オランダ, スペイン, アラブ首長国連邦, イギリス)
English / 日本語 / Español / Deutsch / Français
ロシア: English / 日本語 / русский

アジアパシフィック

日本(法人のお客さま): English / 日本語
日本(個人のお客さま): English / 日本語
オーストラリア(NTT Com ICT Solutions): English
中国本土: English / 日本語 / 簡體中文
香港/マカオ: English / 日本語 / 繁体中文 / 簡體中文
インド: English / 日本語
インドネシア: English
韓国: English / 日本語 / 한국어
マレーシア: English
フィリピン(DTSI): English
シンガポール: English / 日本語
台湾: English / 日本語 / 繁体中文
タイ: English / 日本語
ベトナム: English / 日本語
cmn_ic_service-kobetsu_security

マネージドセキュリティ

リアルタイムマルウェア検知

RTMD (Real Time Malware Detection) Web/Email (On site)

アンチウイルスなど、従来のセキュリティ対策では検知できない、メールの添付ファイルやWebサイトに潜む未知の脅威を検知します。

リアルタイムマルウェア検知
お客さまで利用されているPCのOSを再現したSandboxと呼ばれる仮想環境で、疑わしいファイルを実行し、その挙動を監視することで、シグネチャやパターンが未対応のマルウェアも検知します。

ご利用イメージ

Sandbox製品*1を設置し、セキュリティオペレーションセンターのセキュリティ運用基盤と接続。リスク分析官が、収集したマルウェアや悪性の通信ログを分析し、お客さまにイベントの危険度を報告します。メール利用やWeb閲覧など検知する対象により、設置する機器*2が異なります。

ご利用イメージ

*1 FireEye NX/EX/CMS *2 お客さまご用意の機器でもご提供可能です。

NTT Com はここが違う!

機器でマルウェアの可能性があると検知されたファイルのうち、真に対応が必要となるマルウェアは約30%*3であり、オペレーションの中で仕分けることが必要です。

NTT Com はここが違う!

詳細をPDFで見る

 

 

PDFファイルをご覧いただくためには、「Adobe Reader」がインストールされている環境が必要となります。

サイトマップ

GROC (Global Risk Operations Center)が発行する情報セキュリティ関連のレポートを掲載しています。

関連リソース

このページのトップへ