Select Language : English 日本語

NTTコミュニケーションズ

法人のお客さま: English / 日本語
個人のお客さま: English / 日本語

NTT Ltd.

グローバルサイト English
cmn_ic_service-kobetsu_network

Flexible Remote Access

オンプレミスやパブリッククラウドに点在する社内業務システムや SaaS など各種の ICT サービスに、在宅勤務環境などどこからでもセキュアに接続。

Smart Data Platformロゴ

トピックス
2021年4月22日
どこからでも業務システムやICTサービスへのセキュアなアクセスを可能にする「Flexible Remote Access」の提供を開始

お問い合わせ/お申し込み

フリーダイヤルマーク

0120-106107

受付時間 9:30~17:00
(土日祝日を除く)

SASE/ゼロトラストとは

ニューノーマル時代に求められるICTインフラとは…

現在、ビジネスに必要なICTリソースは、閉域網内のオンプレミス環境だけではなく、インターネット上のクラウドサービスなどさまざまな場所に点在しています。また、ニューノーマルの社会環境においては、これらのリソースに、従業員の自宅などどこからでもアクセスできることが求められています。

■ワークスタイルの変化・テレワークの拡大

  • ・閉域網内のオンプレミス環境だけではなく、インターネット上のクラウドサービスなどさまざまな場所に点在するICTリソース
  • ・自宅などどこからでもアクセスが必要なため、新たなセキュリティ対策が必要不可欠。

「ワークスタイルの変化・テレワークの拡大」のイメージ画像

■サイバー攻撃の高度化

従来の境界型セキュリティのように社内・社外を区分するだけではなく、端末/ユーザー認証や、アクセス制御、アクセス可視化などを組み合わせる「ゼロトラスト」を前提とした安心安全なICTインフラの実現が求められています。

「サイバー攻撃の高度化」のイメージ画像

■SASE(Secure Access Service Edge)/ゼロトラストネットワーク

これまで個々に存在していたセキュリティサービスとネットワークサービスを一体にしたネットワークセキュリティの概念。SASEは2019年にガートナーが提唱した、セキュリティフレームワークの考え方です。
セキュリティや利便性を向上するためのシステムやサービスを導入すればするほど潜在的なリスクが増し、管理も複雑化する状況を解決する概念として、SASEが提唱されました。

SASEと同じく、最近ネットワークセキュリティの中で注目されるキーワードとして、ゼロトラストがあります。
ゼロトラストの概念自体は2010年にForrester Research社が提唱。
認証なしには何も信用しない(ゼロトラスト)という前提に立ち、「適切な認証を受けた端末とそのユーザーだけが、許可されたデータやアプリケーションにアクセスできる」というゼロトラストの概念は、非常に注目されています。

SASEは、このゼロトラストを含むセキュリティ対策の考え方に加え、ユーザーの利便性や運用の最適化までを含めた概念です。なお、SASEは具体的なソリューションであることに対して、ゼロトラストはあくまでセキュリティを構築する上での考え方である、という違いもあります。

昨今はセキュリティやネットワークのシステム全体がツギハギのような形になり、管理・運用コスト増加や接続遅延といったユーザーの利便性低下などが課題になり始めていますので、企業の情報セキュリティやIT環境を「ネットワーク X セキュリティ」と言う視点で見直しをしてみてはいかがでしょうか。

「SASE(Secure Access Service Edge)/ゼロトラストネットワーク」のイメージ画像

「どこからでも」「必要なリソースに」「安心安全に」アクセス可能なICT環境を実現し、
お客さまの事業環境変化に応じたコストの最適化を図ります。

Flexible Remote Access >

Smart Data PlatformロゴSmart Data Platformロゴ

データを必要とする全ての人のデータ入手・活用を迅速・容易にするDXを成功に導くデータ利活用の最適解

ONE ANSWER for
DIGITAL TRANSFORMATION

Smart Data Platformは、企業に点在するデータを一つのプラットフォーム上でシームレスに融合。データを整理して利活用しやすくすることで、日々の活動から産まれるデータを企業成長のエンジンへと変える、次世代のプラットフォーム。
デジタルトランスフォーメーション(DX)を実現させる間違いのない選択肢として、企業を成功へと導き、産業・社会の発展に貢献する。

All in ONE

データの収集、蓄積、管理、分析に必要となるさまざまな機能をラインアップ。
ビジネスに応じて必要な機能を選択し、自由に組合せて利用可能。

ONE CLICK to SERVICE

簡単な操作で、すぐにサービスを利用できる。
業務量に応じた柔軟なICTリソースの設定・変更や、データの統合・連携も簡単に実現。

ONE POLICY

セキュアなデータ通信経路の確保、データ保管場所の指定、データの匿名化などによって、一貫したポリシーで運用でき、安心安全なデータ利活用を実現。

ONE STOP

複雑なICT環境をアウトソースすることで、日々の構築・保守業務から解放。
新たなビジネスモデルの創出やプロセス改革に集中できる。

お問い合わせ

このページのトップへ