日本 Select Language : English 日本語

×閉じる

南北アメリカ

アメリカ: English
ブラジル: English / 日本語 / Português do Brasil

ヨーロッパ、中東、アフリカ(EMEA)

EMEA:

イギリス,
ベルギー,
フランス,
ドイツ,
オランダ,
スペイン,
アラブ首長国連邦
English
日本語
Español
Deutsch
Français
ロシア: English / 日本語 / русский

アジアパシフィック

日本(法人のお客さま): English / 日本語
日本(個人のお客さま): English / 日本語
オーストラリア(NTT Com ICT Solutions): English
中国本土: English / 日本語 / 簡體中文
香港/マカオ: English / 日本語 / 繁体中文 / 簡體中文
インド: English / 日本語
インドネシア: English
韓国: English / 日本語 / 한국어
マレーシア: English
フィリピン(DTSI): English
シンガポール: English / 日本語
台湾: English / 日本語 / 繁体中文
タイ: English / 日本語
ベトナム: English / 日本語
Select Language : English 日本語

南北アメリカ

ブラジル: English / 日本語 / Português do Brasil
アメリカ: English

ヨーロッパ、中東、アフリカ(EMEA)

EMEA:
(ベルギー, フランス, ドイツ, オランダ, スペイン, アラブ首長国連邦, イギリス)
English / 日本語 / Español / Deutsch / Français
ロシア: English / 日本語 / русский

アジアパシフィック

日本(法人のお客さま): English / 日本語
日本(個人のお客さま): English / 日本語
オーストラリア(NTT Com ICT Solutions): English
中国本土: English / 日本語 / 簡體中文
香港/マカオ: English / 日本語 / 繁体中文 / 簡體中文
インド: English / 日本語
インドネシア: English
韓国: English / 日本語 / 한국어
マレーシア: English
フィリピン(DTSI): English
シンガポール: English / 日本語
台湾: English / 日本語 / 繁体中文
タイ: English / 日本語
ベトナム: English / 日本語
cmn_ic_service-kobetsu_cloud

教育クラウド
プラットフォームサービス
「まなびポケット」

ロゴ+タイトル横

 

 

1.無料で始められる

基本機能が無料、コンテンツの一部も無料のため、お試しでの利用も簡単です。

 

2.高いセキュリティと利便性

利用者ごとの学習記録などのデータをセキュアに保管し、便利なシングルサインオン機能を備えています。

 

3.クラウドサービスのため導入・利用ともに容易

パソコン・スマートフォン・タブレット端末からインターネット経由で児童・生徒や教員がID、パスワードを使ってログインするだけで簡単に利用できます。

 

4.多彩な活用シーン

児童・生徒が学校や自宅で学習コンテンツを使って予習・復習をしたり、教員がオリジナル教材を共有するなど多彩な使い方が可能です。


サービス概要
特長/メリット
まなびポケットの仕組み

いつでもどこでも学べる「まなびポケット」

まなびポケットでは、プラットフォーム上にある各社デジタル教材(コンテンツ)(※)と、NTTコミュニケーションズ株式会社が無料提供するコミュニケーション機能を利用することができます。 インターネットで利用するクラウドサービスのため、WiFiやLTE回線さえあれば、いつでもどこでも利用することができます。

※デジタル教材(コンテンツ)には、無料のものと有料のものと両方ございます。
無料のものだけであれば、初期費用/月額費用ともに完全無料で、まなびポケットを使うことができます。

OPEN IDでログイン可能

  • Microsoft Office 365
  • G Suite

ユーザー環境は選びません

  • Windows
  • Mac OSX
  • Chrome OS
  • Android
  • iOS
シングルサインオン

シングルサインオン

児童生徒にとってかんたん

本来、個別のデジタル教材ごとに発行されるIDを、プラットフォームとして1つにまとめることが可能です。
どれだけデジタル教材を利用してもずっと一人1IDで済み、
児童生徒たちが自分のIDやパスワードを忘れてしまう心配が少なくなります。

学習履歴管理

学習履歴管理

先生にとってかんたん

本来、個別のデジタル教材の中で管理される学習履歴に関するデータを、プラットフォームに集約することができます。
「誰が何をどれだけ勉強したか」をわざわざ個別のデジタル教材にアクセスして確認する手間がなくなります。

ユーザー情報管理

ユーザー情報管理

IT管理者にとってかんたん

本来、個別のデジタル教材の中で更新しなければらないクラスや学年情報といったデータを、プラットフォームで一元管理することができます。
年次更新作業など、個別のデジタル教材内で行うべき作業を、プラットフォームでまとめて行うことができます。

このページのトップへ