ARを用いた遠隔コミュニケーションシステム

「ARを用いた遠隔コミュニケーションシステム」は2023年5月31日にサービス提供を終了しました。

遠く離れた場所からの専門家の授業や観光といった
新しい体験を提供することができます

ARを用いた遠隔コミュニケーションシステムとは

ARで再現された4K高精細CG映像を用いながら、遠隔から現地にいる複数人と対話型のコミュニケーションを実現します。

ARを用いた遠隔コミュニケーションシステムとはARを用いた遠隔コミュニケーションシステムとは

ARを用いた遠隔コミュニケーションシステムで解決できること

例① 複雑な構造や動きをCGで再現し、理解度アップに貢献(教育)

例① 複雑な構造や動きをCGで再現し、理解度アップに貢献(教育)
生物の授業などにおいて、人体の構造や筋肉の動きをCGを用いて再現することで、リアルな内臓や筋肉を教材にすることができ、紙よりも理解しやすく正確な学習に役立てることができる。

例② 博物館で新しい展示体験の提供(観光)

例② 博物館で新しい展示体験の提供(観光)
一方向からの展示で単調になりがちな博物館や美術館において、CGを用いて見たい角度からの観察や動きが見られたり、その場で専門家の授業を受けるといった体験ができる。

例③ 専門の先生やガイドの人材不足解消(教育/観光)

例③ 専門の先生やガイドの人材不足解消(教育/観光)
全国の専門の先生やガイドと遠隔接続できるため、ロケーションによる人材不足問題の対策になる。

詳細情報

システム構成図

システム構成図システム構成図
  • docomo MEC™以外にも、オンプレミスサーバ、パブリッククラウドでの提供が可能となります。(要相談)

特長・機能

特長・機能特長・機能

why5G(5Gならではのポイント)

  • 高精細の映像配信が可能となります。(大容量)
  • 対話をよりリアルタイムに行うことができます。(低遅延)
  • 画面はイメージです。

このページのトップへ