Select Language : English 日本語

NTTコミュニケーションズ

法人のお客さま: English / 日本語
個人のお客さま: English / 日本語

NTT Ltd.

グローバルサイト English
Select Language : English 日本語

南北アメリカ

ブラジル: English / 日本語 / Português do Brasil
アメリカ: English

ヨーロッパ、中東、アフリカ(EMEA)

EMEA:
(ベルギー, フランス, ドイツ, オランダ, スペイン, アラブ首長国連邦, イギリス)
English / 日本語 / Español / Deutsch / Français
ロシア: English / 日本語 / русский

アジアパシフィック

日本(法人のお客さま): English / 日本語
日本(個人のお客さま): English / 日本語
オーストラリア(NTT Com ICT Solutions): English
中国本土: English / 日本語 / 簡體中文
香港/マカオ: English / 日本語 / 繁体中文 / 簡體中文
インド: English / 日本語
インドネシア: English
韓国: English / 日本語 / 한국어
マレーシア: English
フィリピン(DTSI): English
シンガポール: English / 日本語
台湾: English / 日本語 / 繁体中文
タイ: English / 日本語
ベトナム: English / 日本語

2016年3月24日

「WideAngle マネージドセキュリティサービス IVS」の提供開始

〜アマゾン ウェブ サービスにも対応可能なマネージドセキュリティサービスを
パートナー企業へ販売開始〜

NTTコミュニケーションズ株式会社(略称:NTT Com)は、2016年4月25日より、ソフトウェア型セキュリティアプライアンスを活用し、システムインテグレーター向けセキュリティサービス「WideAngle マネージドセキュリティサービス IVS(Integrated Virtual Security/統合仮想セキュリティ)」の提供を開始します。アマゾン ウェブ サービス(以下、AWS)などのクラウド基盤へのシステム移行や構築に実績のあるシステムインテグレーターをパートナー企業として販売を開始します。

これにより、お客さま企業(エンドユーザー)は、AWSなどのクラウド基盤に構築するシステムを、不正アクセスやWebサイト向けのサイバー攻撃から守るマネージドセキュリティサービスと、ソフトウェア型セキュリティアプライアンスを組み合わせたセキュリティ対策を実装することが可能です。

1.背景

クラウドを積極的に活用する企業が増加している中で、クラウド導入時にセキュリティ対策を講じることも必要不可欠となってきています。しかし、従来のハードウェア機器によるセキュリティ対策では、クラウド基盤上で動作する業務システムに迅速かつ柔軟に対応できない点や、ハードウェア機器の導入だけでは未知の攻撃の検知が困難などの課題がありました。

こうした中、NTT Comは、企業の業務システムと同じクラウド基盤上に、柔軟かつ安価なセキュリティ対策を迅速に提供できるクラウド環境向けマネージドセキュリティサービスを開発し、2015年1月より、NTT Comのクラウドサービスである「Enterprise Cloud」にて提供してきましたが、今回、システムインテグレーターをパートナー企業として、販売を開始します。

2.特長

NTT Comは、仮想化環境にて動作するソフトウェア型の不正侵入防御(IPS)、URLフィルタリング、WebやEmail向けアンチウイルス、スパムメール対策、Webアプリケーションファイアウォール(WAF)、独自のSIEMエンジンを活用したマネージドセキュリティ、これらのセキュリティ対策を組み合わせたワンストップサービスである「WideAngle マネージドセキュリティサービス IVS(Integrated Virtual Security/統合仮想セキュリティ)」を、システムインテグレーターをパートナー企業として提供を開始します。

 

【サービスイメージ図】
イメージ

(1) セキュリティ対策のオンデマンド提供を実現

IPSやWAFの各種セキュリティ機能のON/OFF、ホワイトリスト/ブラックリストの選定、セキュリティ証明書の追加/削除、通信経路(ルーティング)の設定/変更などを、技術的な知識やノウハウがあまり無い場合でも、ポータルサイト経由で簡易にセルフコントロール/管理運用が可能です。

(2) WAF利用開始前のチューニングレポートを無償で利用可能

WAFの利用開始時に課題となる設定内容の検討段階において、WAFの各防御機能を無効化/有効化した状態で試験運用し、それぞれの検知傾向をセキュリティレポートにて事前に把握できます。これにより、業務効率性を維持しつつ、最適なWAF機能の設定が可能です。

(3) 高度なマネージドセキュリティサービス

高度なセキュリティリスクアナリストのノウハウを結集した独自SIEMエンジンによる脅威の自動分析・レポーティングを提供し、これまでのマネージドセキュリティサービスで培ったノウハウにより、高度なセキュリティ対策を実現します。

(4)クラウド基盤へのシステム構築とセキュリティ対策の実装を一元的に解決

AWSなどのクラウド基盤へのシステム移行や構築に実績のあるシステムインテグレーター向けに「WideAngle マネージドセキュリティサービス IVS(Integrated Virtual Security)」を提供します。これにより、システムインテグレーターは、自社の顧客企業に対して、セキュリティ対策を含めたシステム構築を一元的に提供可能です。

3.提供価格

アイレット株式会社など、パートナー企業からの個別見積とさせて頂きます。

4.提供開始日

2016年4月25日

5.提供エリア

日本国内

※海外へも順次展開予定

6.今後の予定

NTT Comは、引き続き、パートナー企業との連携を拡大するとともに、パートナー企業における構築支援など、サポート体制を整備していきます。

※記載されている会社名および商品名は、各社の登録商標または商標です。

※Amazon Web Services、“Powered by Amazon Web Services”ロゴ、[およびかかる資料で使用されるその他のAWS商標]は、米国その他の諸国における、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。

本件に関するお問い合わせ先

経営企画部

マネージドセキュリティサービス推進室

原、英、一色

03-6733-0853

2016-R030

このページのトップへ