Select Language : English 日本語

NTTコミュニケーションズ

法人のお客さま: English / 日本語
個人のお客さま: English / 日本語

NTT Ltd.

グローバルサイト English
Select Language : English 日本語

南北アメリカ

ブラジル: English / 日本語 / Português do Brasil
アメリカ: English

ヨーロッパ、中東、アフリカ(EMEA)

EMEA:
(ベルギー, フランス, ドイツ, オランダ, スペイン, アラブ首長国連邦, イギリス)
English / 日本語 / Español / Deutsch / Français
ロシア: English / 日本語 / русский

アジアパシフィック

日本(法人のお客さま): English / 日本語
日本(個人のお客さま): English / 日本語
オーストラリア(NTT Com ICT Solutions): English
中国本土: English / 日本語 / 簡體中文
香港/マカオ: English / 日本語 / 繁体中文 / 簡體中文
インド: English / 日本語
インドネシア: English
韓国: English / 日本語 / 한국어
マレーシア: English
フィリピン(DTSI): English
シンガポール: English / 日本語
台湾: English / 日本語 / 繁体中文
タイ: English / 日本語
ベトナム: English / 日本語

芸術・文化・教育・スポーツ振興

csr_social_mesenat_01

さまざまな活動を通じ次世代の子どもたちの健全な育成と地域との交流を深めています。

シンボルチームによるラグビーを通じた活動

NTTコミュニケーションズはスポーツを通じた社会貢献と社員の充実した生活の実現をテーマに、トップリーグに所属する当社ラグビー部「シャイニングアークス」のノウハウを活かして、種々の施策を実施しています。2019年には日本のラグビーチームとして初めて「SDGs」への本格的な取り組みを始めました。

“みんなの力で、がんを治せる病気にする”プロジェクト「deleteC(デリートシー)」に賛同し、スポーツの力を通じてこの活動に寄与しています。シャイニングアークスでは「deleteC」をモチーフにしたトレーニングジャージの着用やグッズ販売とその売り上げの一部を寄付、SNSを活用した積極的な発信など多岐にわたって啓発活動を行っています。

また、日本ラグビー界初の試みとして、世界の食料問題の解決に取り組む「カロリーオフセットプログラム by シャイニングアークス」にも取り組んでいます。この取り組みは選手が試合で消費したカロリー、来場していただいたシャイニングアークスファンが応援し消費したカロリーを計算し、寄付金に換算します。この寄付金はNPO法人TABLE FOR TWO internationalを通じて開発途上国での農業生産工場の支援やインフラ整備に役立てられます。ファンやサポーターとともに社会への貢献活動を推進しています。

本拠地を構える地元・千葉県浦安市と相互連携・支援協力に関する協定を結び「スポーツ×キャリア教育」の一環として、子どもたちへの教育にも注力しています。選手たちが小学校や中学校を訪問してタグラグビーに興じるほか、新たに「スポーツツーリズム」としてあるいは修学旅行生を招いた選手・コーチ・スタッフによるキャリア教育の授業を実施しています。これらの活動を通じて、子どもたちにキャリアデザインについて学ぶ機会や価値観・視野を広げるきっかけを提供しています。

家族などの職場体験会

NTTコミュニケーションズグループでは年1回、社員の家族を職場に招くファミリーデーを開催しています。この取り組みは社員のワーク・ライフ・バランス向上を推進し、未来を担う子どもたちへの職業教育の機会を提供することなどを目的として、2010年より、夏休みの期間中に開催し、毎年好評を得ています。

毎年約50組の親子が参加し、とう道の見学、ラグビー体験や、名刺交換など、さまざまな体験をしています。

体験した子どもたちにとって、お父さんやお母さんの職場を見学することは、いつもと違った側面を見ることができ、家族に職場に対する理解を深めてもらえます。また、職場体験会に参加した子どもを持つ両親にとっては同僚などとの交流を通じてそれぞれの社員にも大事な家庭があるということを社内全体で再認識され、結果、ワーク・ライフ・バランスにつながる取り組みです。

私たちは今後も社員間のコミュニケーション向上やモチベーション向上、家族の仕事に対する理解促進による「きずな」を深めるきっかけづくりとして、継続して実施していきます。

このページのトップへ