日本 Select Language : English 日本語

×閉じる

南北アメリカ

アメリカ: English
ブラジル: English / 日本語 / Português do Brasil

ヨーロッパ、中東、アフリカ(EMEA)

EMEA:

イギリス,
ベルギー,
フランス,
ドイツ,
オランダ,
スペイン,
アラブ首長国連邦
English
日本語
Español
Deutsch
Français
ロシア: English / 日本語 / русский

アジアパシフィック

日本(法人のお客さま): English / 日本語
日本(個人のお客さま): English / 日本語
オーストラリア(NTT Com ICT Solutions): English
中国本土: English / 日本語 / 簡體中文
香港/マカオ: English / 日本語 / 繁体中文 / 簡體中文
インド: English / 日本語
インドネシア: English
韓国: English / 日本語 / 한국어
マレーシア: English
フィリピン(DTSI): English
シンガポール: English / 日本語
台湾: English / 日本語 / 繁体中文
タイ: English / 日本語
ベトナム: English / 日本語
Select Language : English 日本語

南北アメリカ

ブラジル: English / 日本語 / Português do Brasil
アメリカ: English

ヨーロッパ、中東、アフリカ(EMEA)

EMEA:
(ベルギー, フランス, ドイツ, オランダ, スペイン, アラブ首長国連邦, イギリス)
English / 日本語 / Español / Deutsch / Français
ロシア: English / 日本語 / русский

アジアパシフィック

日本(法人のお客さま): English / 日本語
日本(個人のお客さま): English / 日本語
オーストラリア(NTT Com ICT Solutions): English
中国本土: English / 日本語 / 簡體中文
香港/マカオ: English / 日本語 / 繁体中文 / 簡體中文
インド: English / 日本語
インドネシア: English
韓国: English / 日本語 / 한국어
マレーシア: English
フィリピン(DTSI): English
シンガポール: English / 日本語
台湾: English / 日本語 / 繁体中文
タイ: English / 日本語
ベトナム: English / 日本語

社会貢献活動

芸術・文化・教育・スポーツ振興

csr_social_mesenat_01

さまざまな活動を通じ次世代の子どもたちの健全な育成と地域との交流を深めています。

シンボルチームによるラグビーを通じた活動

選手が指導するトレーニングセミナー

NTTコミュニケーションズ株式会社はスポーツを通じた社会貢献と社員の充実した生活の実現をテーマに、トップリーグに所属する当社ラグビー部「シャイニングアークス」のノウハウを活かして、種々の施策を実施しています。

社員が健康で長く働ける環境の整備を目的に実施しているのが「健康経営施策」です。「健康アクション~月曜日の朝を元気に~」と銘打ち、選手がさまざまな部署や事業所を訪れて社員にパスやタックルを体験してもらう「押しかけラグビー」やトレーニング指導は、いずれも健康促進やリフレッシュになると好評です。

選手によるプレゼンテーション ワークショップを通じて 「目標を達成できるチームづくり」 を体験

また「スポーツ×キャリア教育」の一環として、本拠地を構える地元・千葉県浦安市の子どもたちへの教育にも注力しています。選手たちが小学校や中学校を訪問してタグラグビーに興じるほか、新たに「スポーツツーリズム」としてあるいは修学旅行生を招いた選手・コーチ・スタッフによるキャリア教育の授業を実施しています。これらの活動を通じて、子どもたちにキャリアデザインについて学ぶ機会や価値観・視野を広げるきっかけを提供しています。

 

「相互連携・支援協力に関する協定書」調印式の様子

2018年7月には、市民の健康で豊かな生活を実現することを目的に、浦安市と相互連携・支援協力に関する協定を結びました。市民を対象にしたスポーツ指導や健康セミナーなど、スポーツ振興や地域貢献に取り組むうえで果たすべき役割を相互に定め、活動を行っています。今後も両者でスクラムを組んで地域貢献に取り組んでいきます。

 

 

家族などの職場体験会

NTTコミュニケーションズグループでは年1回、社員の家族を職場に招くファミリーデーを開催しています。この取り組みは社員のワーク・ライフ・バランス向上を推進し、未来を担う子どもたちへの職業教育の機会を提供することなどを目的として、2010年より、夏休みの期間中に開催し、毎年好評を得ています。

毎年約50組の親子が参加し、とう道の見学、ラグビー体験や、名刺交換など、さまざまな体験をしています。

体験した子どもたちにとって、お父さんやお母さんの職場を見学することは、いつもと違った側面を見ることができ、家族に職場に対する理解を深めてもらえます。また、職場体験会に参加した子どもを持つ両親にとっては同僚などとの交流を通じてそれぞれの社員にも大事な家庭があるということを社内全体で再認識され、結果、ワーク・ライフ・バランスにつながる取り組みです。

私たちは今後も社員間のコミュニケーション向上やモチベーション向上、家族の仕事に対する理解促進による「きずな」を深めるきっかけづくりとして、継続して実施していきます。

ファミリーディの様子
ファミリーディの様子
中学生受け入れの様子
ファミリーディの様子
ファミリーディの様子
中学生受け入れの様子

現地日本人学校生徒の職場見学(インド)

CSRの取り組みは日本にとどまらず、グローバルでも取り組みを推進しています。NTTコミュニケーションズグループであるNTTコム インディアとNetmagicでは次世代育成の一環として未来を支える子どもたちに対し、職場体験の受け入れを実施しています。

ムンバイの日本人学校の子どもたちが将来、社会的・職業的に自立し、社会の中で自分を役割を果たしながら、自分らしい生き方を実現するための力を育成する大切な経験として、社会科見学をさせたいとの校長先生の思いに共感し2016年より開始しました。

社会科見学では私たちの主力事業である2016年10月に開設したデータセンターの見学やICT企業ならではの通信の仕組みやネットワーク機器の実習など、さまざまなことを体験できるように行っています。

このような取り組みによりムンバイ日本人学校校長より、ICTに対する深い知識を付けることはもとより、将来、自分たちが向かう進路についても真剣に考えるような基調な体験となり、修学意欲が高まったとのご意見をいただいております。

今後もステークホルダーの一つである、地域活性化に努めると同時に次世代育成のために自分たちができることを、推進していきたいと考えています。

職場見学会の様子
csr_social_mesenat_13

孤児院の子どもたちへの学習支援(インド)

インドでは経済が急成長しているものの貧困の格差は激しく、4人に1人が貧困と言われています。貧困に加え、過密、環境問題、腐敗の蔓延など多くの課題に直面し、子供の就学率や識字率も低い状況です。このような問題を解決するため、地元のNGO団体とともに次世代の子供たちの育成を推進しています。

インド国内において32カ所の孤児院を運営する非営利団体SOSチルドレン・ビレッジには、24,000人以上の孤児たちが暮らしています。NTTコミュニケーションズグループであるエミリオでは法人学習支援スポンサーシッププログラムのパートナーとして、チェンナイのSOSビレッジに住む10人の子どもたちに対し、私立学校の入学金、学費、教材やユニフォーム代、通学費等の費用を毎年支援しています。

また、約100人の孤児たちが住む同ビレッジ内で開催された植林や文化活動、交流などのコミュニティープログラムにも参加しています。

今後も社会に貢献できる子供たちの育成を支援をしていきたいと考えています。

このページのトップへ