Select Language : English 日本語

南北アメリカ

ブラジル: English / 日本語 / Português do Brasil
アメリカ: English

ヨーロッパ、中東、アフリカ(EMEA)

EMEA:
(ベルギー, フランス, ドイツ, オランダ, スペイン, アラブ首長国連邦, イギリス)
English / 日本語 / Español / Deutsch / Français
ロシア: English / 日本語 / русский

アジアパシフィック

日本(法人のお客さま): English / 日本語
日本(個人のお客さま): English / 日本語
オーストラリア(NTT Com ICT Solutions): English
中国本土: English / 日本語 / 簡體中文
香港/マカオ: English / 日本語 / 繁体中文 / 簡體中文
インド: English / 日本語
インドネシア: English
韓国: English / 日本語 / 한국어
マレーシア: English
フィリピン(DTSI): English
シンガポール: English / 日本語
台湾: English / 日本語 / 繁体中文
タイ: English / 日本語
ベトナム: English / 日本語
「保護されていません」と表示されないための対処策 「保護されていません」と表示されないための対処策
HTTPページでのセキュリティ警告表示が拡大
2017年10月にリリースされたGoogle Chrome 62より、入力欄のあるページが暗号化されていないHTTPページであった 場合、すべて「保護されていません」または「保護されていない通信」と警告表示されるようになりました。
2017年1月にリリースされたGoogle Chrome 56以降、パスワードやクレジットカード情報などの個人情報を扱うページが 暗号化されていない場合に限定して、アドレスバーに「保護されていません」という警告が表示されていましたが、今回、その対象範囲がさらに拡大されています。
例えば、お問い合わせフォームや資料請求フォームをHTTPページで設置していた場合、文字を入力するとアドレスバーに 「保護されていません」と警告が表示されます。
お問い合わせフォームイメージ
お問い合わせフォームイメージ
こうした警告表示をそのままにしておくと、利用者に不安な印象を与えるだけでなく、会社のブランドイメージを低下させ てしまうリスクがあります。入力欄のあるページをHTTPページで公開している場合は、早急にHTTPS化(SSL化)の対応が 必要です。

サイト内検索も警告表示の対象に
サイト内検索を設置しているWebサイトは、特に注意が必要です。
入力欄のあるページというと、お問い合わせフォームをイメージしがちですが、「サイト内検索のテキストボックス」も対象となります。
検索窓

HTTPページでサイト内検索を設置しているサイトは数多く存在するため、今回の警告表示の拡大が与える影響は、非常に大きなものとなっています。
サイト内検索をWebサイトのトップページなどに設置している場合、警告表示を回避するためには、トップページを含むWebサイト全体を暗号化する「常時SSL化」が必要になります。
トップページは、会社の顔ともいえる重要な役割を担うものであり、アクセスした際に「保護されていません」という警告が表示されることは決して好ましいことではありません。サイト内検索をHTTPページに設置しているWebサイトは、早急に常時SSLに変更されることをおすすめします。

シークレットモードではすべてのHTTPで警告表示
Google Chromeには、ホームページ閲覧履歴などを残さず、より
セキュアにWebを閲覧できる「シークレットモード」があります。
今回、シークレットモードでは、入力欄の有無に関わらず、すべての
HTTPページで「保護されていません」と警告表示されるようになり
ました。
検索窓
[シークレットモードでの表示例]

一定の割合でシークレットモードの利用者がいることを考慮すれば、お問い合わせフォームやサイト内検索の有無に関係なく、すべてのWebサイトを常時SSL化することが望ましいといえるでしょう。

常時SSL化は待ったなし、早期の対応を
Google Chrome 62から、シークレットモードでアクセスする場合に限り、すべてのHTTPページで警告が表示されるようになりましたが、2018年7月リリースのGoogle Chrome 68からは、通常モードを含むすべてのHTTPページで「保護されていません」と警告が表示されるようになりました。
SSL対応を標準とする動きは、近年、急速に進んでいます。常時SSL化は待ったなしの状況ですので、早期の対応をおすすめします。
まずはレンタルサーバー選びから。
SSL証明書の取得を代行するサービスもご用意しています。

すでにBizメール&ウェブをご利用のお客さまはこちら。


お気軽にお問い合わせください

0120-106107

受付時間 9:30~17:00
(土日祝日を除く)
※ガイダンスが流れたら
[1]を押してください。

このページのトップへ