IoT Connect Mobile® Type A

製品の海外展開にも柔軟に対応するグローバルIoTコネクティビティサービス

グローバルなIoT事業展開でお困りではありませんか?

中国、ブラジルなどのパーマネントローミング規制に注意が必要な国において、日本で調達したSIMでは常時接続ができない

※国または事業者側の定めにより国際ローミングで一定期間以上の通信を認めない規制です。通信機能を組み込んだ車両や建設機器などの機器を輸出してIoTの常時接続を利用する場合、現地通信キャリアのSIMを利用する必要があります。

各国の現地キャリアからSIMを調達すると契約・SIM管理が煩雑になる

個別にシステムを構築しようとするとコストや期間がかかる

そんなお悩みをまとめて解決します!

IoT Connect Mobile®
Type A

NTT Comが運用・保守・デリバリーなどをワンストップで提供するIoTコネクティビティサービスです。世界180の国/地域で利用可能かつ、IoT接続で世界的な実績を持つTransatelのプラットフォームを活用し、パーマネントローミング規制国対応などお客さまの持つさまざまな課題に柔軟に対応します。※2022年5月現在

3G/4G/5Gセキュアアクセス

eSIMプロファイル or SIMカード

SIM管理Webツール

グローバルカスタマサポート

グローバルカバレッジ: 180の国/地域

パーマネントローミング規制国における
常時接続問題を解決

IoT接続で世界的な実績を持つTransatel (トランザテル)との協業により、自動車、建設機械、農業機械、航空機などの自社製品をパーマネントローミング規制国においても常時接続できます。
例えばeSIMカード内に現地キャリアのプロファイルを含む複数のIMSIを記録できるマルチIMSI方式で提供することも可能です。

※International Mobile Subscriber Identity。世界でユニークとなる携帯電話ユーザーの識別子です。「MCC/MNC + 加入者識別番号」で構成され、SIMの鍵情報とともに利用ユーザーを認証する情報として使用できます。

※ICM(A)はIoT Connect Mobile(R) Type Aサービスプラットフォームの略です

お客さま自身が選定するSIM/eSIMへの
サービス提供

自社でeSIMを調達し、製品に組み込み、出荷先の国に合わせて通信プロファイルを入れ込むといった海外展開ニーズに対応。お客さまが選定するeSIMへのサービス提供およびお客さま保有のeSIM管理装置との連携が可能です。NTT Comが提供する通信プロファイルに加え、特定の国では他社プロファイルを利用するなど、柔軟なeSIMの運用が可能になります。

※eSIM管理装置:eSIM/eUICC内に通信プロファイルをダウンロードするための装置。具体的にはSM-SR(Subscription Manager Secure Routing)を指します。

保守窓口はNTT Comで統一。
煩雑なSIM管理から担当者を解放

各国の現地キャリアからコネクティビティサービスを調達する場合、契約や回線管理プラットフォーム、保守窓口が国ごとにバラバラになり、管理の煩雑さが課題になります。保守窓口はNTT Comが日本語で一元対応を行い、世界各国のSIM管理を実現するポータルサイトを提供することで、お客さまのSIM管理の負荷を大幅に軽減します。

One SIMでBtoB、BtoCを実現

自動車からのデータ収集「テレマティクス」と自動車を利用するエンドユーザー向けの車内Wi-Fiなどの「インフォテインメント」、双方の通信の分計が可能です。これにより、お客さま側でエンドユーザー向けの通信を分けて管理・計算する必要がなくなり、より簡単にエンドユーザ向けビジネスを始めることが可能です。

豊富なオプション機能

セキュア&ダイレクトルーティング

お客さまデータセンター、クラウドまでIPSec及び専用線などで安全にデータを転送できます。さらにテスト環境から本番環境への切り替えでもデバイス設定の変更なしでルーティング可能です。

トラフィックコントロール

目的のマーカー(IPアドレス、APNなど)に応じてトラフィック分類エンジンでトラフィックを制御。許可/ブロック/データ帯域制限といったアクションを各トラフィックカテゴリに適用可能です。

SIM間&サーバーとSIM間通信

セキュリティへの配慮からブロックされたSIM間通信が解除可能。お客さまが契約中のSIMカード間の通信ができます。さらに静的に割り当てられる携帯電話番号を指定するだけで、サーバーからSIMへの接続もできます。

ご利用料金

各国での回線あたりの通信利用量に応じた、最適な料金プランをご選択いただけます。

月額基本料金

回線費用

SIMアクティベーション、SIM基本料、データ通信量(MB従量料金)、SMS/音声利用料

ケーススタディ

CASE 01 自動車メーカーの通信ビジネス展開に。

主な導入自動車メーカー

STELLANTIS / Fiat / Jeep / Alfa Romeo / Maserati

テレマティクス、走行距離に応じた自動車保険、車内エンタテインメント等、コネクテッドカーに求められるIoT通信ニーズをフルカバー。パーマネントローミング規制国での常時接続はもちろん、自動車メーカー用のB2B通信、ユーザー用のB2C通信を1枚のSIM上で実現します。

CASE 02 故障予知・予測メンテナンスを可能に。

主な導入航空機器メーカー

AIRBUS

なりすまし防止など航空業界基準の高いセキュリティ要件をクリア。機密データを安全に収集し活用できます。さらにシンガポール、フランス、アメリカの3拠点の中から最も利用地域に近いモバイル基盤を経由することで、高スループットで通信が可能です。収集したデータを活用し、航空機の予測メンテナンスを実現しています。

CASE 03 建設機械の盗難予防、運用効率化に。

主な導入機器メーカー

KVERNELAND GROUP

建設機械などの輸出製品をグローバルでコネクテッド化。世界各国に展開する機器からの収集データの活用により紛失・盗難のリスクを低減、サプライチェーンの効率化が図れます。位置情報のみならず温度や揺れといった各種情報を可視化することで機器の故障予知、稼働状況の最適化の実現も可能です。

CASE 04 海外工場のスマートファクトリー化に。

パーマネントローミング規制国を含む世界の製造拠点からのセキュアな常時接続によりスマートファクトリーを実現。予期せぬダウンタイムの短縮など、製造拠点のパフォーマンスや信頼性を高めます。さらに機器や設備の稼働分析、リソースの供給・利用の監視などにより、製造工程の改善にも貢献します。

主な提供機能

カバレッジ数 180の国・地域
拡張機能 ・モバイルキャリア制御
・SMSプッシュ機能
・IPドメイン/フィルタリング
・IP-Sec VPN接続
・一部国/地域での5Gアクセス提供
・グローバルでの音声通話対応SIM提供
・閉域接続機能(データセンタ直収)
・サーバからデバイスへのプッシュ通信
・パーマネントローミング規制国への対応(マルチIMSIソリューション)
・eUICC対応
・お客さまが選定するSIM/eSIMへのプロファイル提供
・お客さま準備のeSIM管理装置との連携
・1枚のSIMカードで利用用途ごとの請求分離(B2C/B2B向けなど)

※ 通信キャリア(プロファイル)を書き換え可能なSIM。Remorte SIM Provisioningに対応。

ユースケース 日本・海外問わず世界各国へIoT機器を出荷し、データ収集をする用途など

NTTコミュニケーションズのIoT Connect Mobileは、
お客さまのご利用用途に合わせてお選びいただけます。

LTEインターネット
アクセス

eSIM

WEBポータル /
APIによるSIM管理

保守サポート

IoT機器のグローバル展開にあたり
高いフレキシビリティを求めるお客さまには
こちらがおすすめです

IoT Connect Mobile® Type A

[ユースケース]
海外の大規模IoT

詳細は下のボタンよりお問い合わせください

スピーディーにIoTコネクティビティを導入したい
お客さまにはこちらもおすすめです

IoT Connect Mobile® Type S

[ユースケース]
国内・海外の中小規模IoT

このページのトップへ