SOLUTIONドライバーの走行状況を把握して的確な指示をしたい車両の現在位置や映像をリアルタイムに把握できます。
# 業務効率化

課題詳細 イメージ画像

15秒間隔で車両の位置情報をリアルタイムに把握できます

車両の現在地をリアルタイムに把握することで、ドライバーとの電話によるやり取りを減らし効率化が図れます。交通遮断など有事の際や、急な訪問対応が入った場合でも、的確な指示ができます。

登録エリアへの車両の入退出を簡単に把握できます

遠隔からでもドライバーが目的地に到着したタイミングを簡単に把握できます。

Googleの交通情報と合わせて効率的な配車指示を出せます。

渋滞情報を地図上にマッピングできるため、車両の到着予測などにも活用できます。

イメージ画像

こんな業種・業務におすすめ

  • 警備/保守/点検業務 イメージ画像

    警備/保守/点検業務

    車両の現在地を一元管理できるため、取引先からの急な出動依頼にも迅速に作業員を手配し、顧客満足度を向上できます。

  • 建設 イメージ画像

    建設

    所定の配送ルートを通過しているか状況確認が可能。通行禁止区域をあらかじめエリア指定することで、規制にも対応可能です。

  • 介護 イメージ画像

    介護

    緊急の訪問依頼が入った場合も、お客さま近くの車両を把握して、迅速に訪問調整ができます。

  • 除雪車 イメージ画像

    除雪車

    車両の現在地をリアルタイムに把握できるため、除雪作業の進捗を一括管理し、効果的な配車が可能です。

  • 卸・商社 イメージ画像

    卸・商社

    配送状況のお問い合わせにも、ドライバーへ確認することなく、現在地や到着見込み時間を回答可能。サービス品質を向上できます。

  • 物流・運輸 イメージ画像

    物流・運輸

    労働力不足・慢性的な過重労働などの課題(2024年問題)への対策として、運行管理を効率化します。

  • 小売・製造 イメージ画像

    小売・製造

    工場や倉庫への到着タイミングを把握して、搬入出の作業効率を向上できます。