Select Language : English 日本語

南北アメリカ

ブラジル: English / 日本語 / Português do Brasil
アメリカ: English

ヨーロッパ、中東、アフリカ(EMEA)

EMEA:
(ベルギー, フランス, ドイツ, オランダ, スペイン, アラブ首長国連邦, イギリス)
English / 日本語 / Español / Deutsch / Français
ロシア: English / 日本語 / русский

アジアパシフィック

日本(法人のお客さま): English / 日本語
日本(個人のお客さま): English / 日本語
オーストラリア(NTT Com ICT Solutions): English
中国本土: English / 日本語 / 簡體中文
香港/マカオ: English / 日本語 / 繁体中文 / 簡體中文
インド: English / 日本語
インドネシア: English
韓国: English / 日本語 / 한국어
マレーシア: English
フィリピン(DTSI): English
シンガポール: English / 日本語
台湾: English / 日本語 / 繁体中文
タイ: English / 日本語
ベトナム: English / 日本語
cmn_ic_service-kobetsu_network

Arcstar Universal One

VPNとは

NTTコミュニケーションズが提供するVPNサービス Arcstar Universal One。
こちらでは各種ネットワークとの違いや構築方法、セキュリティ対策など多くの観点からVPNとはどういったサービスかをご紹介します。

VPNのしくみ

VPN(Virtual Private Network)とは、主に企業内データ通信に用いられるネットワークサービスです。旧来は専用線やFR(フレームリレー)など、接続する拠点を指定して利用するネットワークが広く使われていましたが、現在では全拠点をフルメッシュで接続するVPNサービスが一般的となっています。それはVPNサービスが、お客さまにとって手間がかからず、お手軽に利用できる形態のサービスだからです。

また、VPNサービスは複数のお客さまでバックボーンやアクセス回線の一部を共有しているため、従来の専用線などに比べ設備利用効率が高いことから、料金がより安価になっていることも、VPNサービスが企業ネットワークとして広く利用されている理由の一つです。

ポイントtoポイント→バーチャルパス→フルメッシュ通信
企業向けネットワークの変遷

VPNニーズの高まり

企業内での情報の電子化、そして近年のクラウド化の流れを受け、ネットワークを経由する情報量は急激に増加しています。また、セキュリティ意識の高まりを受けて、これまではインターネット上で無防備にやり取りしていたデータも、安全なVPN内でやり取りをしたいというニーズが高まっています。

ネットワークでやり取りされる情報の「量」と「質」が変化している中で、それに簡単かつ安価に対応できる「VPNサービス」の利用シーンは、企業において非常に多くなっています。

VPNサービスの基本構成

VPNサービスは下図のように「バックボーン(網)」と「アクセス回線」で構成されています。
「バックボーン(網)」は、全国/全世界規模まで広がる信頼性が高いお客さま共通のネットワークです。
「アクセス回線」はお客さま拠点から「バックボーン(網)」へ接続するために必要な回線であり、お客さまは拠点単位に求める速度や品質、信頼性に応じて選択することができます。

VPNの構成イメージ
Arcstar Universal Oneは万能型のオール・イン・ワン・ネットワーク!

このページのトップへ