News Release
平成19年6月7日

法人エンジニアリングの強化に向けた提携について

 NTTコミュニケーションズ(略称:NTT Com)は、平成19年4月より法人事業新体制を発足し、法人サービス提供体制の強化を実施しておりますが、この度、取り組みの一環として法人エンジニアリング機能の強化に向け、中堅企業向けITアウトソーシングに注力する日本オフィス・システム株式会社(以下、NOS社)と提携を実施します。

1.NOS社との提携の狙い

 NTT Comグループ一体となった効率的な業務プロセス・事業運営体制を構築し、お客さまの利便性の向上を図るため、平成19年4月に法人事業体制の見直しおよび傘下のシステムエンジニアリング事業子会社を完全子会社化しましたが、この度法人エンジニアリング機能のさらなる強化に向けて、中堅企業向けITアウトソーシング分野で実績のあるNOS社と提携し、同社の有するパソコン管理からERPなどのシステム運用、シンクライアント運用能力および顧客基盤などを活用することで、ICTソリューション提供およびITマネジメントサービスの事業基盤の拡充を目指します。
 NOS社の展開する事業は、NTT Comの行うネットワークマネジメント事業、データセンター事業およびホスティングなどのシステム管理事業、並びにシンクライアントを含むパソコン管理事業との親和性が高く、またエンジニアなどの人材・スキルおよび顧客基盤も相補的であるため、十分な相乗効果が狙えると考えています。


2.提携後の業務推進

 NOS社とは今後、双方の顧客基盤を活用した事業拡張を推進します。
 具体的には、NTT Com顧客に対するシンクライアント、ERPなどの提供にあたって、NOS社エンジニアリング機能を活用するとともに、NOS社顧客へのNTT Comサービスの提供も行う予定です。


3.株式の取得について

 本提携の一環として、NOS社の株式を以下の通り取得しました。

 (1) 対象銘柄 日本オフィス・システム(3790)普通株式
 (2) 数 量 220, 000株、総株主の議決権の数の10.52%
 (3) 買付け日 平成19年6月6日


(参考)NOS社概要
 NOS社は兼松株式会社および日本アイ・ビー・エム株式会社の合弁事業として1982年に設立され、日本アイ・ビー・エム株式会社特約販売店第1号として中小型コンピュータシステムの販売からスタートして、現在はサーバーを用いたERPなど基幹系システム、ソフトウェア開発並びにシンクライアントシステムの構築・運用管理へと業容を拡大してきています。

(1) 商号
 日本オフィス・システム株式会社

(2) 代表者
 尾崎嵩

(3) 設立年月日
 1982年10月1日

(4) 主な事業の内容
  コンサルティング、エンタープライズ・システムインテグレーション・サービス、ネットワーク基盤構築、保守サービスおよびITマネジメントサービスといった情報サービス事業と、システム構築サービスに係るソフトウェア、コンピュータおよび関連機器を販売するシステム販売事業

(5) 従業員数 549名


<本件に関するお問い合わせ先>
お問い合わせはこちらまで