平成19年5月21日
(報道発表資料)
NTTコミュニケーションズ株式会社
Sprint Nextel Corporation

NTT ComとSprint Nextel、アジアの国際IP-VPNサービスで協力

 NTTコミュニケーションズ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 和才 博美、略称:NTT Com)とアメリカの大手通信キャリアSprint Nextel Corporation(本社:Kansas, USA、Gary D. Forsee, Chairman and CEO、以下 Sprint)は、Sprintのアジア地域におけるIP−VPN網をNTT Comが提供することで合意し、これに基づき6月1日より、Sprintユーザーに対するアジア5カ国でのIP-VPNサービス提供が開始されます。

1.本件の概要

 NTT ComとSprintの国際IP-VPN網を香港とシンガポールで相互接続し、Sprintは、NTT Comのネットワークを利用して、フィリピン、ベトナム、タイ、マレーシア、インドネシアの5カ国において、IP-VPNサービスの提供を開始します。
 これに際して、国際IP-VPN通信網を単に相互接続するだけでなく、さらに、ネットワークの基本仕様やオペレーション手順を両社で整合させることにより、シームレスなサービス提供を可能としています。
 なお、Sprintによる本サービスの提供国は、今後、順次追加予定です。

2.協力の背景

 NTT Comは、平成13年より世界各国においてグローバルIP-VPNサービス(MPLSタイプ)を提供しています。米国内についてはNTT Comの独自接続拠点を設置していることに加え、平成17年より米国内におけるIP-VPN網の相互接続もSprintと行うことで、NTT Comの米国内IP-VPNサービス提供地域を補完する協力関係を築いてきました。
 今回のアジア地域における両社の協力関係においても、企業向けグローバル通信サービスを相互に補完し、それぞれのお客さまの高度なネットワーク品質やサポート体制などのニーズに対しワンストップで対応できるようサービス提供能力のさらなる強化・拡大を行います。

3.両社の協力の意義

 Sprintは、アジア太平洋地域での豊富なネットワーク設備やサポート体制、現地キャリアとの密接な関係を有するNTT Comをパートナーとして選択し、増大していくアジア太平洋地域の顧客ニーズへの対応の強化を図ります。
 NTT Comは、アジアに展開するSprintの米系多国籍企業(MNC)のお客さまを含め、グローバルIP-VPNサービスのより一層の拡大を推進します。

Sprint Nextelについて
Sprint Nextel社は一般消費者、企業、政府向けに固定/携帯通信を総合的に提供しているアメリカの通信事業者です。Sprint社は2004年に携帯通信事業者であったNexTel社と合併し、2007年3月時点で5360万加入者に携帯事業を提供しているアメリカ第3位の携帯通信事業者でもあります。詳細についてはwww.sprint.comをご覧下さい。


<本件に関するお問い合わせ先>
NTTコミュニケーションズ株式会社
お問い合わせはこちらまで

Sprint Nextel Corporation
Sprint Media Relations
(Ms.) Stephanie Greenwood
stephanie.c.greenwood@sprint.com
TEL: +1 (913) 794-3658
(※Sprint Nextelのお問い合わせ対応は英語のみとなります)