Select Language : English 日本語

南北アメリカ

ブラジル: English / 日本語 / Português do Brasil
アメリカ: English

ヨーロッパ、中東、アフリカ(EMEA)

EMEA:
(ベルギー, フランス, ドイツ, オランダ, スペイン, アラブ首長国連邦, イギリス)
English / 日本語 / Español / Deutsch / Français
ロシア: English / 日本語 / русский

アジアパシフィック

日本(法人のお客さま): English / 日本語
日本(個人のお客さま): English / 日本語
オーストラリア(NTT Com ICT Solutions): English
中国本土: English / 日本語 / 簡體中文
香港/マカオ: English / 日本語 / 繁体中文 / 簡體中文
インド: English / 日本語
インドネシア: English
韓国: English / 日本語 / 한국어
マレーシア: English
フィリピン(DTSI): English
シンガポール: English / 日本語
台湾: English / 日本語 / 繁体中文
タイ: English / 日本語
ベトナム: English / 日本語
Cloud App Security

Cloud App Security

Office 365環境をはじめとするクラウドアプリのセキュリティをまとめてパワーアップ!

Office 365ユーザー向けに、安心のクラウド利用に必要不可欠なセキュリティ機能をワンパッケージで提供。想定されるリスクへの包括的な防御を施すことで、Office 365環境のセキュリティレベルを強化し、ユーザーを保護します。

メール環境のセキュリティを強化したい!

Exchange Online向けに、サンドボックスによる標的型メール対策や不正プログラム対策(不審な添付ファイルのブロック)、スパムメール対策(文書内に記載されたURLの解析)を強化します。

ポータルおよびクラウドストレージのセキュリティを強化したい!

クラウドサービス型の不正プログラム解析サンドボックスにより、ゼロデイ不正プログラムや隠れた脅威を検出します。API連携により、Office 365環境に負荷がなく、ルーティングの設定変更も不要です。

お問い合わせ/お申し込み

フリーダイアル

0120-106107

受付時間 9:30~17:00
(土日祝日を除く)

サービス概要
特長
提供機能
利用シーン
料金
最新の脅威や情報漏えいへの対応
Office 365標準セキュリティを強力にカバーするクラウド型セキュリティサービスです。
社外に置かれるメールやクラウド共有ストレージデータのセキュリティを補完し、クラウドサービスを安心してご使用いただくための新しいソリューションをご提供します。
サービス概要イメージ図
サービス概要イメージ図
APIでクラウドtoクラウド直接接続だから
簡単導入・いつでもスキャン
  • サンドボックス機能での標的型攻撃メールへの対策、ドキュメントの情報漏えい対策が可能
  • API連携するためDNSの切り替えやメールフローの変更不要で導入が容易
  • Office 365だけでなくBox・Drop Boxなどにも対応
サービス概要イメージ図
サービス概要イメージ図

主な機能

Office 365、Box、Dropbox、Googleドライブが標準で提供している機能をさらに強化します。クラウドの利便性を損なわず、従来のオンプレミスで実施していた場合と同様のセキュリティ対策が可能です。
■脅威の検知、隔離、ブロック
①Exchange Online受信メール、送信済フォルダー、予定表に対して、以下のリアルタイム検索およびストア検索
  • 既知の不正プログラムに加えて、未知の脅威(*1)の検出に対応した不正プログラム検索
  • クラウド型サンドボックスを用いた疑わしいファイルの分析による未知の脅威検索および分析
  • Webレピュテーションによる不正URL検知
  • 受信メール、送信済フォルダーに対するリアルタイムDLP(Data Loss Prevention)による情報漏えい対策
  • 受信済み、保存済みデータを検索するディスカバリDLPによる情報漏えい対策
  • ファイル形式、ファイル名、ファイル拡張子によるファイルのブロック
②SharePoint Online、OneDrive for Business、Box、Dropbox、Googleドライブに新規アップロード、またはデータやファイルの更新時、以下のリアルタイム検索およびストア検索
  • 既知の不正プログラムに加えて、未知の脅威(※1)の検出に対応した不正プログラム検索
  • クラウド型サンドボックスを用いた疑わしいファイルの分析による未知の脅威検索および分析
  • Webレピュテーションによる不正URL検知
  • 情報追加および更新時のリアルタイム DLPとディスカバリ DLP による情報漏えい対策
  • ファイル形式、ファイル名、ファイル拡張子によるファイルのブロック
※1: すべての未知の脅威に対応するものではありません。
■管理機能
  • Webブラウザーを利用したクラウド上での管理コンソール
  • ログ記録による利用状況の把握
  • レポート作成、送信
  • 隔離処理されたメール/ファイルの管理

機能一覧

メール情報漏えい対策
メール不正プログラム対策 パターンマッチングファイル検索
サンドボックス動的解析
ドキュメント脆弱性検索
添付ファイルブロックフィルタ
本文とファイル内の不正URL検索
共有文書不正プログラム対策 パターンマッチングファイル検索
サンドボックス動的解析
ドキュメント脆弱性検索
添付ファイルブロックフィルタ
ファイル内の不正URL検索
共有文書情報漏えい対策
レポート作成、送信
メール情報漏えい対策
メール不正プログラム対策
パターンマッチングファイル検索
サンドボックス動的解析
ドキュメント脆弱性検索
添付ファイルブロックフィルタ
本文とファイル内の不正URL検索
共有文書不正プログラム対策
パターンマッチングファイル検索
サンドボックス動的解析
ドキュメント脆弱性検索
添付ファイルブロックフィルタ
ファイル内の不正URL検索
共有文書情報漏えい対策
レポート作成、送信

システム要件

Cloud App Security(CAS)が対応するクラウドアプリケーションは以下の通りです。
  • Office 365 ビジネスプラン:ビジネス、エンタープライズ両プランの全てが含まれています。
    (Exchange Online, SharePoint Online, OneDrive for Business)
    ※また、以下のスタンドアロンのプランもサポート対象となります。
      -Exchange Online
      -SharePoint Online
      -OneDrive for Business
  • Office 365 教育機関向けプラン
  • Box ビジネスプラン:ビジネス、エンタープライズ両プランが含まれています。
  • Dropbox ビジネスプラン
  • Google Apps for Work:Google Apps with unlimited storage and Vault
    (保存容量無制限+ Vault) で提供されるGoogleドライブがサポート対象となります。

管理コンソール利用環境

Cloud App Security(CAS)では、次のWebブラウザーの最新バージョンと一つ前のバージョンがサポートされます。
  • Google Chrome
  • Mozilla Firefox
  • Microsoft Internet Explorer
※注意:システム要件に記載されているOSの種類やハードディスク容量などは、OSのサポート終了、製品改良などの理由により、予告なく変更される場合があります。

導入の負荷を軽くしたい

オフィスアプリケーションを「Office 365」へ移行により、標的型メール対策が急務な場合。
「Office 365」に最適化されたセキュリティサービスなので、簡単でスピーディに導入できます。
オフィスアプリケーションを「Office 365」へ移行により、標的型メール対策が急務な場合。<br>「Office 365」に最適化されたセキュリティサービスなので、簡単でスピーディに導入できます。
オフィスアプリケーションを「Office 365」へ移行により、標的型メール対策が急務な場合。<br>「Office 365」に最適化されたセキュリティサービスなので、簡単でスピーディに導入できます。
※Office 365上のグローバル管理者アカウントを利用して、Cloud App Securityと連携するためのアカウントが自動生成されます。(Office 365上にユーザーアカウントが2つ作成されます。この2つのアカウントはOffice 365のライセンス費用対象外です。)

標的型メールには、多層防御で対策したい

サンドボックスを含む各種機能により、標的型メールから保護します。
サンドボックスを含む各種機能により、標的型メールから保護イメージ
サンドボックスを含む各種機能により、標的型メールから保護イメージ

社外秘など、キーワードを可視化し、情報漏えい対策したい

メール本文やファイル内の情報を検索(キーワード/正規表現を利用)することで個人情報やマイナンバーなどの利用状況を可視化します。
メール本文やファイル内の情報を検索(キーワード/正規表現を利用)することで個人情報やマイナンバーなどの利用状況を可視化イメージ
メール本文やファイル内の情報を検索(キーワード/正規表現を利用)することで個人情報やマイナンバーなどの利用状況を可視化イメージ
※情報漏えい対策はテンプレートとの一致により処理を行います。クレジットカードや個人情報、マイナンバーなどを検出するテンプレートを標準で200以上用意しており、個別にテンプレートの追加も可能です。(例:「社外秘」が含まれるファイルを検出)

ログ・レポートを残したい

検知したログは管理コンソールから確認し、エクスポート可能です。レポート機能により定期的に管理者へのメール通知を実現します。
管理コンソールレポート(抜粋)

ライセンス

提供メニュー 工事費 月額料金
新規 変更 廃止
CASライセンス
(1ライセンス)
3,000円
(税込:3,240円)
0円 0円 300円
(税込:324円)
CASライセンス
(10ライセンス)
3,000円
(税込:3,240円)
CASライセンス
(100ライセンス)
30,000円
(税込:32,400円)
CASライセンス
(1,000ライセンス)
300,000円
(税込:324,000円)
CASライセンス
(10,000ライセンス)
3,000,000円
(税込:3,240,000円)
提供メニュー
CASライセンス(1ライセンス)
工事費
新規3,000円 (税込:3,240円)
変更0円
廃止0円
月額料金
300円(税込:324円)
CASライセンス(10ライセンス)
工事費
新規3,000円 (税込:3,240円)
変更0円
廃止0円
月額料金
3,000円(税込:3,240円)
CASライセンス(100ライセンス)
工事費
新規3,000円 (税込:3,240円)
変更0円
廃止0円
月額料金
30,000円(税込:32,400円)
CASライセンス(1,000ライセンス)
工事費
新規3,000円 (税込:3,240円)
変更0円
廃止0円
月額料金
300,000円(税込:324,000円)
CASライセンス(10,000ライセンス)
工事費
新規3,000円 (税込:3,240円)
変更0円
廃止0円
月額料金
3,000,000円(税込:3,240,000円)
  • 契約単位ごとに必要なライセンス数に応じて単位毎の数量を指定してお申し込みいただきます。
    例) 111ライセンス申込の場合の申込内容(数量指定方法)
    ・100ライセンス単位:数量1 + 10ライセンス単位:数量1 + 1ライセンス:数量1
  • サービス開始月は月額費が無料です。
  • 変更月および解約月は日割計算になります。
  • 最低利用期間はありません。(ただし、新規利用初月に解約となった場合は、新規工事費および1カ月分の月額利用料をいただきます)
 

関連サービス

このページのトップへ