Select Language : English 日本語

南北アメリカ

ブラジル: English / 日本語 / Português do Brasil
アメリカ: English

ヨーロッパ、中東、アフリカ(EMEA)

EMEA:
(ベルギー, フランス, ドイツ, オランダ, スペイン, アラブ首長国連邦, イギリス)
English / 日本語 / Español / Deutsch / Français
ロシア: English / 日本語 / русский

アジアパシフィック

日本(法人のお客さま): English / 日本語
日本(個人のお客さま): English / 日本語
オーストラリア(NTT Com ICT Solutions): English
中国本土: English / 日本語 / 簡體中文
香港/マカオ: English / 日本語 / 繁体中文 / 簡體中文
インド: English / 日本語
インドネシア: English
韓国: English / 日本語 / 한국어
マレーシア: English
フィリピン(DTSI): English
シンガポール: English / 日本語
台湾: English / 日本語 / 繁体中文
タイ: English / 日本語
ベトナム: English / 日本語
  • HOME
  • Partnership
  • About McLaren
  • Future
  • RACE Calendar
  • RACE Result
  • Gallery
  • Partnership
  • About McLaren
  • Future
  • RACE Calendar
  • RACE Result
  • Gallery
  • Japanese
  • English

NTT Communications with McLaren HondaNTT Communications with McLaren Honda

MARK

NTTコミュニケーションズは、マクラーレン・ホンダの
テクノロジー・パートナーです。

scroll
img

Partnership

莫大なデータのスピーディな分析力
マクラーレン・ホンダの厳しい要求に応えた
NTTコミュニケーションズ

F1では、「レギュレーションの範囲でどのチームよりも戦闘力のあるレーシングカーを製作すること」と、「各コースの特性や天候など、あらゆる条件下に於いてそのレーシングカーを最速タイムで走れるように開発を続けて行くこと」が重要です。その意味では、まさに「科学と技術のチームスポーツ」と言えます。また、高速と低速コーナーで必要となるセッティング、直線距離とのコンビネーションまで計算が必要となる完璧なセッティングは至難の業と言われています。つまり、開発はレギュレーションの範囲で極限を追求すること、セッティングは最適なバランスを追求することとも言え、この極限とバランスを追求する際に必要となるのが「データ」です。
シミュレーターや風洞を使った莫大な事前データ、レーシングカーの各所に取り付けられた200を越えるセンサーから届く莫大な量の走行時のデータ。これらをいかにスピーディに分析し、レーシングカーに反映させていくかが、勝敗を大きく左右します。走行時のエンジン、ブレーキ、タイヤ、ギアボックスそして空力パーツやサスペンションを含む車体全般に加え気象情報など、さまざまなデータがリアルタイムも含めチームに届きます。その情報量は1レースで約100ギガバイト。F1のレギュレーション上、チームはクラウドや高速ネットワークを活用して、各チームの本拠地で分析を行っています。このセンシング、モニタリング、分析、そしてチーム内で情報を素早く共有するためのビジュアライズまでの一連の仕組みを「テレメトリーシステム」と呼びます。
80年代半ば、F1にテレメトリーシステムを導入したのはホンダです。そしてそれを80年代の後半から90年代にかけて進化発展させた代表的チームがマクラーレン・ホンダで、現在においてもこの領域でのトップランナーです。マクラーレン・ホンダは、チームのさらなるパフォーマンス向上を実現すべく、マクラーレングループのICT基盤の強化に向けて、パートナーとしてNTTコミュニケーションズを選びました。

マクラーレン・ホンダとNTTコミュニケーションズテクノロジー・パートナーシップ契約を締結

なぜ、NTTコミュニケーションズは、
グランプリの世界に?

NTTコミュニケーションズのコーポレートスローガンは「Transform. Transcend.」。
時代を先駆ける技術やサービスを提供することで、お客さまのビジネスや社会、そして市場に飛躍的進化(Transform)とダイナミックな変革(Transform)をもたらし、期待や想像を超える(Transcend)新たな価値や、すべての垣根を越え(Transcend)つながる世界を創造していく。そんな私たちの決意を表しています。
NTTコミュニケーションズは、このパートナーシップを通じ、マクラーレン・ホンダのF1レースにおけるデジタルデータ収集と活用を変革(Transform)し、これまでのモータースポーツレーシングの限界を超えて(Transcend)いけると信じています。

なぜ、NTTコミュニケーションズはマクラーレン・ホンダのオフィシャルテクノロジーパートナーとなったのか?

F1界でも有数の歴史をもち、勝利へのこだわりが強く、決して過去の成功体験に酔うことなく、常に技術的イノベーションを追求するチーム。それがマクラーレン・ホンダです。妥協を許さない厳しい姿勢と、あくまでも論理的なアプローチを志向する企業風土といえます。
NTTコミュニケーションズは、ICT環境の最適化を通じてお客さまの経営改革(Digital Transformation)に貢献するため、2011年に策定した「グローバルクラウドビジョン」にもとづき、クラウドやネットワーク、セキュリティなどの革新的なサービスをグローバルかつシームレスに提供してきました。この背景には、ICTの新たなイノベーションの追求があります。
マクラーレン・ホンダとNTTコミュニケーションズは、妥協なく常にトップを目指し、最先端の技術で共に戦う姿勢など、企業としての価値観に合致するところが多く、パートナーとなりました。

導入事例はこちら

img

About McLaren

マクラーレンの歴史

マクラーレンの歴史は、ニュージーランド出身のブルース・マクラーレンが、ブルース・マクラーレン・モーターレーシング・リミテッド社をロンドン近郊に設立した1963年にまでさかのぼります。レーシングドライバーだったブルースが、F1マシンのデザイン・製造を行うため少数精鋭の職人、エンジニアを集め、自身の名を冠するレーシングカーの開発を始めたのです。
設立からわずか3年後の1966年にはF1デビューを果たし、以来50年以上にわたりレース最高峰のF1を象徴する革新的なマシンを開発、グランプリレース史上もっとも輝かしい成功を収めたチームとしての地位を確立しました。現在は、ロンドン郊外のウォーキングに建つマクラーレン・テクノロジー・センターに本拠を構え、3,000人を超えるスタッフを擁しています。F1チームに関わる運営はもちろん、1980年にレーシングチームの監督に就任し、その後マクラーレン・グループのCEOを務めたロン・デニスのリーダーシップにより最先端の一大テクノロジー企業へと変貌したグループ全体の業務がこの地で行われているのです。

マクラーレン・レーシングは、1966年のモナコグランプリ以来、実に182の勝利を積み重ねてきました。その間、ドライバーズタイトルを12回、コンストラクターズタイトルを8回獲得しています。また1967〜72年にかけて北アメリカで開催されたカンナムシリーズで43回の勝利を挙げたほか、インディ500においても1972〜76年の間で3回勝利しています。1995年ル・マン24時間レースでは耐久レース初挑戦にもかかわらず、関谷正徳をドライバーに擁して総合優勝も収めています。
エマーソン・フィッティパルディ、ジェームス・ハント、ニキ・ラウダ、アラン・プロスト、アイルトン・セナ、ミカ・ハッキネン、ルイス・ハミルトン……。マクラーレンのハンドルを握った偉大なチャンピオンたちは、モータースポーツの伝説として今も語り継がれています。そして迎えた2017シーズン、NTTコミュニケーションズをパートナーに、マクラーレン・ホンダは2005〜06年にワールドチャンピオンになったフェルナンド・アロンソと、日本のスーパーフォーミュラ―での活躍が認められリザーブドライバーから昇格したストフェル・バンドーンが駆るF1マシン「MCL32」で、新たなワールドチャンピオンシップ獲得に挑みます。

レースドライバー

フェルナンド・アロンソ
(Fernando Alonso)

2005年、2006年世界チャンピオン
国籍:スペイン
生年月日:1981年7月29日
身長:171cm
体重:68kg

フェルナンド・アロンソ

ストフェル・バンドーン
(Stoffel Vandoorne)

2016年 F1初参戦
国籍:ベルギー
生年月日:1992年3月26日
身長:177cm
体重:67kg

ストフェル・バンドーン
img

Future

NTTコミュニケーションズと
マクラーレン・ホンダの未来像

NTTコミュニケーションズとマクラーレン・ホンダは、F1でのパフォーマンス向上のため、先進技術の研究開発を共同で進めます。
現代のF1では、レース会場や走行中のレース車両などから取得される大量のデジタルデータを、 より早くかつ確実に共有され、最速で対策を実行できることが、レーシングチームのパフォーマンスに大きな影響をおよぼします。
そのため、NTTコミュニケーションズは、英国、スペイン、米国、シンガポール、日本などのマクラーレン・ホンダの拠点間を、グローバルネットワークおよびNFV*1サービス(Arcstar Universal One)で接続。本サービスは、週末のレース中に、レーシングカーなどから収集し発生する大容量のデータを、リアルタイムにマクラーレン・ホンダの技術チームまで伝送し、即座に分析結果をレースに反映するために不可欠なネットワークとなります。
さらにNTTコミュニケーションズは、マクラーレン・ホンダの事業の柔軟性や技術変革の加速に向け、多くの企業のクラウドサービスへの移行をリードしてきた知見を活かし、用途によって共有型・専有型、双方から選択できるクラウドサービス(Enterprise Cloud)と、他社サービス含め複数のクラウド基盤をお客さまが一元的に管理可能なCMP(Cloud Management Platform)を提供。変革(Transform)と超越(Transcend)の挑戦は続いていきます。

img

RACE Calendar

2017 FIA Formula one World Championship Series

01 AUSTRALIA

3月24日~26日

|結果|

Driver Lap Ranking

02 CHINA

4月7日~9日

|結果|

Driver Lap Ranking

03 BAHRAIN

4月14日~16日

|結果|

Driver Lap Ranking

04 RUSSIA

4月28日~30日

|結果|

Driver Lap Ranking

05 SPAIN

5月12日~14日

|結果|

Driver Lap Ranking

06 MONACO

5月25日~28日

|結果|

Driver Lap Ranking

07 CANADA

6月9日~11日

|結果|

Driver Lap Ranking

08 EUROPE(Azerbaijan)

6月23日~25日

|結果|

Driver Lap Ranking

09 AUSTRIA

7月7日~9日

|結果|

Driver Lap Ranking

10 GREAT BRITAIN

7月14日~16日

|結果|

Driver Lap Ranking

11 HUNGARY

7月28日~30日

|結果|

Driver Lap Ranking

12 BELGIUM

8月25~27日

|結果|

Driver Lap Ranking

13 ITALY

9月1日~3日

|結果|

Driver Lap Ranking

14 SINGAPORE

9月15日~17日

|結果|

Driver Lap Ranking

15 MALAYSIA

9月29日~10月1日

|結果|

Driver Lap Ranking

16 JAPAN

10月6~8日

|結果|

Driver Lap Ranking

17 UNITED STATES

10月20日~22日

|結果|

Driver Lap Ranking

18 MEXICO

10月27日~29日

|結果|

Driver Lap Ranking

19 BRASIL

11月10日~12日

|結果|

Driver Lap Ranking

20 ABU DHABI

11月24日~26日

|結果|

Driver Lap Ranking

このページのトップへ