チーム紹介 / INFORMATION

2016-2017シーズンを迎えて

松山知英

日頃はシャイニングアークスへ熱いご声援を賜り、誠にありがとうございます。

ロブ・ペニーHC率いた2年目の昨シーズンは、ロンドンでのワールドカップ、リオデジャネイロ五輪予選などがあった関係で変則的なシーズンとなり、コンディション作り等に選手・スタッフが試行錯誤しながら、順位を一つでも上にあげようとチャレンジ致しました。
結果は、シーズン後半から思うような試合が出来ず、二年連続の同順位(8位)となり納得のいくシーズンとはなりませんでした。しかし、その苦しさの中からチームとして得たものは数多くあり、若い選手たちにとっても貴重な経験値を蓄えることができました。

今シーズンは、個々の選手の強みを最大限に活かすことで、チーム全体の底上げに注視し、柱となるスタイルづくりに拍車をかけ、皆様が誇りに思えるような試合をしていきたいと選手・スタッフ一同決意しております。
縦横無尽に展開するスピーディなラグビーを期待していて下さい。

選手たちの更なる成長のため、またワールドカップ以降のラグビーブームをブームとして終わらせないためにも、サポーターの皆様からの熱い声援が何物にも代えがたい力になります。引続き他チームを圧倒するTOPリーグNO.1の応援をよろしくお願い致します。

各会場で皆様と共に歓喜し合えることを楽しみにしております。

グランドで会いましょう。

シャイニングアークス部長
松山知英


ロブ・ペニーヘッドコーチ

シャイニングアークスサポーターの皆様 元気にお過ごしでしょうか。

私達同様、サポーターの皆様も新しいトップリーグシーズンへ期待が高まっていることと思います。選手・スタッフ一同、2016-17シーズンに向け、より強くそして競争力のあるチーム作りに取り組んでおります。
日本のラグビー界でベストなサポーターである皆様には、ShiningArcsサポーターであることを誇りに思って頂けるように努めてまいります。

私たちは過去2年の8位より、上位進出することを決意しました。
自信を持って、トップチームと互角以上に渡り合える力をお見せ致します。

サポーターの皆様の声援が選手を鼓舞します。チームカラーを身にまとって応援に来てください。会場でお会い出来る事を楽しみにしています。

All the best and Arcs Attack.
Rob Penney

Dear NTT ShiningArcs supporters
I hope you are all well and like us, you are all very excited about the start of the new Top League season that lies ahead. The players and management are working hard to make us a stronger and more competitive team in the 2016/17 season. As a team we feel we have some of the best supporters in Japanese rugby and are really looking forward to playing for you and making you proud of being a NTT ShiningArcs supporter. We as a team are very excited and determined to do better than our 8th place in the last 2 seasons. We know we can do better and are looking forward to proving to everyone that we are capable to competing with the top teams once again. We are looking forward to seeing you all at our games, hearing your chants and calls of support for the players as they play their hearts out for you, and the NTT Shiningarcs team. Please wear our NTT Shiningarcs colours with pride and we look forward to seeing you soon. All the best and Arcs Attack.

Rob Penney

シャイニングアークス ヘッドコーチ
ロブ・ペニー


金キャプテン

日頃から多大なるご声援ありがとうございます。

新シーズンからキャプテンを務めることになりました、金 正奎です。

今年はシャイニングアークスにとって変革の年としなくてはなりません。
昨年、思うような結果が出せずサポーターの皆様のみならず、私たち自身も納得のいくシーズンとはなりませんでした。
昨年以上の結果を残すために、選手のみならずスタッフやシャイニングアークスに携わるすべての人と共に、惜しみない努力・チャレンジをして皆様に誇りに思っていただけるチームになるよう全力で努めてまいります。

そして、シャイニングアークスの成長曲線を描く中で大きな影響を与えてくださるサポーターの皆様のご支援・ご声援に本当に感謝しております。サポーターの皆様の期待に応えるだけでなく、期待を上回る結果を残し、自然と愛されるチームになることをお約束いたします。

素晴らしい仲間と素晴らしい環境でラグビーができることに「感謝」を忘れず、素晴らしいシーズンにしたいと思います。

皆様とグランドでお会いし、共に喜びあえることを楽しみにしております。

今年度もシャイニングアークスを宜しくお願い致します。

シャイニングアークス キャプテン
金 正奎

チーム愛称&ロゴマーク

チームロゴ

NTTコミュニケーションズを象徴するロゴの名称「シャイニングアークス」を、チームの愛称として採用しました。
そこに込める想い―それは、NTTコミュニケーションズらしさが感じられ、社内外に向けて企業イメージをアピールできること。シンボルチームとして、社員をはじめ、誰もが親しみを抱き、ともに戦う気持ちを高めてくれること。そして、チーム自体がトップリーグ昇格に向けて、強いモチベーションで勝ち進むパワーを与えてくれること。 またこの愛称には、どんなときでも明るく輝き放つサンシャインをイメージさせるとともに、前へ、世界へ、未来へ向けて、チカラ強く矢を引くチャレンジャーでありたい、という想いが込められています。

ロゴマークは、チカラ強い光を発する弧が輝くラグビーボールをモチーフに、トライへ向けてがっちりとスクラムを組み、強固で堅実にまとまるチームイメージを表現しています。

2016-2017シーズン チームスローガン

Arcs ATTACK

It is Dynamic.
それは、ダイナミック。

It is Explosive.
それは、爆発的。

It is Strong.
それは、強健。

It is Powerful.
それは、力強い。

It is Ruthless.
それは、容赦ない。

It is Energetic.
それは、エネルギッシュ。

チームコンセプト

ALL OUT Complete P A D S

ALL OUT:全てを出し尽くす
Complete:完璧
P A D S:(パドス)英単語の頭文字を取った造語

Purpose(目的・決意)
Achievement(達成)・Aggressive(積極性)
Defence(守備・防御)
Support(支援)・Spirit(精神・魂)

すべての目標達成のために、チーム全員、そしてチームを応援してくれる社員やファンの人々と力を合わせ、魂のこもったプレーをする。さらに、ノーサイドのホイッスルが鳴り終わるまで、フォワードとバックスが一丸となって、すべてを出し尽くす。そんな、シャイニングアークスの積極的なプレースタイルを言葉として表しました。

ユニフォーム

ユニフォーム

ユニフォーム

1stジャージ2ndジャージ

2年連続でトップリーグベスト8入りを果たし、チームは今まさしく変革期を迎えております。
オフィシャルジャージについては、発足当時からゴールデンイエローを基調としたデザインを1stジャージとして着用しておりました。
今シーズンは様々な局面から相乗効果を発揮させるために、会社のコーポレートスローガン「Transform Transcend」の精神のもと、1stジャージの基調カラーをブルーへとTransformいたしました。

まずはコーポレートロゴであるシャイニングアークをより際立たせ、愛称通り未来に向けて、チカラ強く矢を引くチャレンジャーでありたいという想いを込めております。

また、NTTのコーポレートカラーであるブルーに統一することによって、NTTグループとしての一体感を醸成し、更には共に戦う仲間としてNTTドコモレッドハリケーンズのレッドカラーを、襟首にワンポイントで挿入しております。アディダス社としても、ブルーを基調としたトップリーグ唯一無二のチームとなりますので、他チームとの差異化も狙いとなっています。

変革に相応しいシーズンになるように、「CHANGE BLUE」をモットーに戦ってまいります。
皆さま、グランドで会いましょう。

お問い合わせ

お問い合わせは以下よりお願い致します。

お問い合わせ