試合日程・結果 / FIXTURES & RESULTS

2017年9月9日19時00分 KICK OFFジャパンラグビートップリーグ 第4節

NTTコミュニケーションズシャイニングアークスNTTコミュニケーションズシャイニングアークス

vs

サントリーサンゴリアスサントリーサンゴリアス

11vs36

前半8 - 22

後半3 - 14

多彩なアタック、激しいディフェンスで魅了も
チャレンジ阻まれ今季2敗目。

試合写真

前半戦の大一番――。2017年度のトップリーグは第4節を迎え、NTTコミュニケーションズシャイニングアークス(以下アークス)が、9月9日(土)、昨季1位のサントリーサンゴリアス(以下サントリー)と対戦しました。

試合写真

舞台は東京・秩父宮ラグビー場。気候は9月のナイトゲームということもあり過ごしやすく、涼しい夜風の中、7964人の方々が成長著しいアークスと、昨季王者との一戦を見届けました。

試合写真

対戦相手のサントリーは、アークスと同じレッドカンファレンスに所属。開幕3連勝でカンファレンス2位(総勝ち点14)につけている上位陣です。

昨年は就任1年目の沢木敬介監督のもと、4年ぶり4度目のトップリーグ制覇。オーストラリア代表で111キャップを重ねたFLジョージ・スミスなどの世界的スターに加え、多くの日本代表選手を抱える強豪です。

試合写真

しかし多くの才能を誇るのはアークスも同じ。前節では、近鉄ライナーズに36-10で勝利して2勝1敗(総勝ち点10)。カンファレンス4位から上位を窺います。

アークスにとっては前半戦の大一番。照明の焚かれた午後7時、塩崎公寿レフリーの笛で、アークスのキックオフボールが舞いました。

試合写真

立ち上がりで存在感を発揮したのはアークス。

SO小倉順平のキックパスを交えながら16次攻撃を仕掛けると、前半6分にはサントリーがラックで反則。ここはSO小倉がペナルティゴールを成功させて、3点を先取します。

試合写真

アークスはその後も自陣から積極的にボールを展開。磨かれてきたハンドリングスキルを活かしてボールを左右へ動かします。

しかしラックでボールをターンオーバーされると、前半9分にはサントリーがこの日最初の敵陣でのアタック。6次攻撃目でループプレーから相手11番が左隅にトライ。キックは不成功で3-5となります。

試合写真

さらに攻勢を掛けるサントリー。持ち前の連続攻撃でアークス陣内に攻め込みますが、前半13分、NO8アマナキ・レレイ・マフィが相手14番に絡みついて攻撃権を奪取。チームをピンチから救うビッグプレーを見せます。

しかし前半17分、アークスのハイタックルにより攻め込んだサントリーは、連続攻撃から相手14番が右隅でトライ(ゴール失敗)。両WTBがスコアして3-10とリードが拡大。

試合写真

しかし前半25分でした。

NO8アマナキ、CTBブラッキン・カラウリアヘンリーらが左右でゲインを切り、敵陣22mエリアに入ったアークス。応援団の声援を受けながら、PR庵奥翔太、HO三浦嶺、PRレイルアマーフィーのFW第1列も力強いボールキャリーを重ねます。

さらにFL金正奎キャプテンもトップスピードでゲイン。ここで一度はボールを奪われ外に展開されますが、もう一人のFLである栗原大介が、片腕一本で相手14番を倒す剛腕を披露!すぐに起き上がりNO8アマナキらと共にボールをターンオーバー。

右で待っていたCTB石橋拓也が右中間を突破し、この日チーム初トライ!ゴールは失敗も8-10と点差を縮めます。

試合写真

勢いに乗ったアークスは、再開後のプレーでも自陣から展開。ラインブレイクに長けたCTB石橋の突破からNO8アマナキ、WTB鶴田諒とつないで敵陣へ入ります。

相手のハイタックルでさらに敵陣深くに侵入したアークスは、FL金キャプテンが防御網を切り裂く突破を披露。相手ゴール目前に迫ると、ここでボールを右展開するチャレンジングなアタックを見せます。

しかし最後は相手7番にボールを奪われ、自陣に戻されます。試合後にFL金キャプテンも「取りどころで取り切れなかった」と悔やむシーンのひとつとなりました。

試合写真

アークス陣内に入ったサントリーは前半35分。

安定しているラインアウトから波状攻撃を仕掛け、相手15番がタックラーを弾きながら左中間にグラウンディング。ダミープレーを交えながら外で取り切る勝負強さを見せ、ゴール成功で8-17。

【HIA/前半38分→前半39分】PRレイルアマーフィー→白隆尚
【選手交替/前半39分】PRレイルアマーフィー→白隆尚

さらに前半終了間際の38分、サントリーはスクラムから左展開して相手13番が突破。左隅で生まれたラックを基点にして、最後は相手6番が突進からトライ(ゴール失敗)。

8-22とサントリーのリードで前半を折り返します。

試合写真


後半もスタートダッシュを決めたのはアークス。

自陣でサントリーの攻撃を受け止めると、途中出場のPR白隆尚がイーブンボールへ反応してボール奪取。SO小倉のキックで敵陣へ入ると、後半5分にサントリーが反則。

ここはSO小倉がショットを冷静に沈めて、ビハインドを11点(11-22)に縮めます。

試合写真

ここからゲームの好守がさらにヒートアップ。

アークスのターンオーバーを交えて、お互いに長い攻撃が続きます。アークスは再度、自陣へ攻め込まれますが、最後は相手10番がノックオン。

ディフェンスで奮闘したアークスが粘り勝ちで攻撃権を引き戻します。

試合写真

【出血/後半11分→後半13分】FL栗原大介→牧野内翔馬

後半15分、アークス陣内に入ったサントリーは、モールコラプシングのペナルティからスクラムを選択。アークスはこの日劣勢だったスクラムで、ここから2度のコラプシングの反則を取られてしまいます。

【選手入替/後半17分】HO三浦嶺→種本直人

HO種本を投入して組み直した同地点での3度目のスクラム。

ここでもレフリーにペナルティをコールされてしまい、反則の繰り返しにより途中出場のPR白がシンビン(10分間の一時退場)。すでに同ポジションの3番で先発していたPRレイルアが、脳しんとうの検査により交替不可能のため、スクラムは押し合いをしないノーコンテストスクラムとなりました。

直後の後半21分、右ゴール前ラインアウトを選択したサントリーは、6番が密集を抜け出してトライ(ゴール成功)。11-29とリードを広げられてしまいます。

試合写真

【選手入替/後半25分】PR庵奥翔太→上田竜太郎/SH湯本睦→友井川拓/NO8アマナキ・レレイ・マフィ→ラーボニ・ウォーレンボスアヤコ/CTBブラッキン・カラウリアヘンリー→シェーン・ゲイツ

14人となったアークスですが、LOヴィリー・ブリッツがボールを奪い取るなどディフェンスで粘り、失点を防ぎます。

逆にサントリーが反則を重ねたことで相手ゴールへ迫りますが、ノックオンなどもあって得点はなりません。

試合写真

【選手入替/後半29分】WTB小泉将→マックス・ウッドワード
【選手入替/後半35分】LO杉浦直人→牧野内翔馬

15人に戻った後もアークスはゴールを背負って身体を張り続け、サントリーの反則を誘ってエリアを戻すなど、試合後ロブ・ペニー ヘッドコーチが「選手の努力を誇りたい」と語ったハードワークを披露します。

しかし後半終了間際の40分、相手15番にタックルを何度も外されてゴール中央を奪われてしまいます。ゴールキック成功で、最終スコアは11-36。

試合写真

自陣やゴール前で何度も挑戦的なアタックで魅了し、ディフェンスでは一時的に14人になりながらも奮闘。

確実にファンを増やした戦いぶりを見せたアークスですが、サントリーの敵陣に入れば高確率でスコアする決定力、強いスクラム、個の力などにチャレンジを阻まれてしまい今季2敗目。

7点差以内のボーナスポイントはなく、勝敗は2勝2敗(総勝ち点10)でカンファレンス4位残留。

1週間の休みを挟み、次節の豊田自動織機シャトルズ戦へ向かい、再浮上を目指します。

試合写真

ロブ・ペニー ヘッドコーチの声

ロブ・ペニーHC

前半はとても良かったです。しかし2つのディフェンスのミスがあり、12点を失いました。ディフェンスは状況判断があまり良くありませんでした。アタックはトライを狙えるシーンを多く作ることができましたが、サントリーはワールドクラスの選手が多くいるので、なかなか難しかったです。

後半の入りも良かったですが、キーポイントは(後半20分の)イエローカードで、そこが残念でした。サントリーのような強い相手に対しては幸運も必要ですが、今日はありませんでした。ただ選手の努力については、本当に誇りたいと思います。

――トライを取り切れなかった理由は?

風を上手に使えませんでした。自陣からの脱出に関してもあまり良くなかったと思います。もったいないミスもありました。また、今日のレフリーはワールドラグビー(国際統括団体)の「ラックでの新ルール」(※1)に対して、あまり厳しくありませんでした。オフサイドの反則に対しても、もっと厳しければいいと思っています。

※1 「タックラーはボールをプレーする前に一度立ち上がらなければならず、立ち上がった後は、タックルゲートの自陣側からのみプレーできる」(旧ルールは「どの方向からボールをプレーしてもよい」)など3項目。

金正奎キャプテンの声

金正奎キャプテン

結果に関してはすごく残念に思っています。準備の段階では、全員で良い準備ができていましたが、前半の取りどころで取りきれませんでした。逆に、2本のビッグミスのところでトライを取られてしまいました。前半は良い戦いができたのですが、後半にイエローカードが出た時に、リーダーとして全員の方向性をまとめることができなかったことは反省しています。

ただ選手全員が、80分間戦い続けました。そこに関しては本当に誇りに思っています。一週間空いて試合があるので、この敗戦が意味のあるものになるよう、これから準備をします。

――イエローカードが出た後半のスクラムでは、レフリーとどんなやりとりがあったのですか?

僕たちが引いていて(スクラムが)安定しないのでペナルティを取っている、ということでした。そこはレフリーが全てです。80分間を通して修正しきれなかったことは、これから成長できる部分なのかなと思っています。

PR白隆尚選手の声

SH湯本睦選手

――前半39分から急きょ途中出場しましたが、ピンチ時にボールを拾って攻撃権を奪うなど、好プレーが多かったように見えました。

どのタイミングで出場しても良いパフォーマンスができるように準備をしているので、いつ出ても一緒かなと思います。みんなが良いディシプリン(規律)でディフェンスをしていたこともあり、タックルやブレイクダウンでは良いパフォーマンスが出せたと思います。4試合を終えて、自分のイメージするプレーがスクラムで出せたかというとまだまだなので、そこは反省です。

――ペニーHC、そして金キャプテンも「選手の努力を誇りたい」と仰っていました。

いろいろな要因があり、最終的にスコアは離れてしまいました。しかし僕たちがやろうとしていることについては、今日の点差ほどの差はないのではないかとチームの中で言っています。

FL栗原大介選手の声

HO三浦嶺選手

――今日の試合を振り返ってください。

みんな頑張っていましたし、チームとして勢いを持っていたと思います。ただチャレンジ精神が上手く働いた部分もありましたが、ディフェンスで前に出過ぎてしまうなど、悪い所でも働いてしまいました。サントリーさんが試合巧者でした。

――前半25分のCTB石橋拓也選手のトライは、栗原選手の素晴らしいタックルからのターンオーバーが起点になりました。

僕の個人的な役割としては、良いタックルや、タックル後にすぐ起き上がってターンオーバーをすることです。僕のやるところをやって、トライにつなげることができたのは良かったと思います。トライにつなげたのは仲間の仕事でした。

――第5節の豊田自動織機戦へ向けて、ひと言お願いします。

僕たちが上に行くためには、必ず勝たなければいけない試合です。勝つことを優先して頑張っていきたいと思います。

試合写真
試合写真
試合写真
試合写真
試合写真
試合写真
試合写真
試合写真
試合写真
試合写真
試合写真
試合写真

*試合写真は、公式facebookページにも多数掲載しています。