試合日程・結果 / FIXTURES & RESULTS

2016年12月24日14時00分 KICK OFFジャパンラグビートップリーグ 第13節

NTTコミュニケーションズシャイニングアークスNTTコミュニケーションズシャイニングアークス

vs

HondaHEATHondaHEAT

40vs3

前半19 - 3

後半21 - 0

ひたむきに80分間戦い、6トライを奪って5位に浮上

12月24日(土)、今年最後の試合となるトップリーグ第13節は、ホンダヒートを相手に名古屋・パロマ瑞穂ラグビー場で行われました。前節で連敗から脱出しましたが、その真価が問われるのがこの試合。中位グループの勝点差が縮まり、勝敗の結果ですぐに順位が変動してしまう状況でもあります。前日から気温が下がりましたが、快晴のグッドコンディション。前半は時折強く吹く風下でしかも逆光、不利な陣地に立ったシャイニングアークス。

試合写真

14時、ホンダヒートボールでキックオフ。そのボールをノックオンしてしまい、続く相手ボールスクラムでコラプシングの反則を取られてしまいます。

前半2分、その反則に相手がPGを選択。これが決まり、0-3。

ここから反撃が始まります。前半4分、敵陣10mライン付近でのマイボールラインアウトを起点に攻め込み、CTB石橋拓也がタックラーを交わしてゴール前まで迫り、ボールを受けたSO小倉順平がトライ!かと思いきや、レフリーがTMOを指示。その結果、トライ前のプレーでオブストラクションがあったと判定され、トライは認められません。

試合写真

しかし、その後も攻撃の手を緩めません。

前半10分、敵陣ゴール前15m付近でのマイボールラインアウトを起点にゴール前ラックになったところから、SH光井勇人が縦に切り込んできたFLラーボニ・ウォーレン・ボスアヤコにパス、そのままボスアヤコがタックラーを交わしてトライ。CTBエルトン・ヤンチースのゴールも決まり、7-3。

試合写真

前半13分、選手入替。SH光井勇人→西橋勇人。

前半17分、敵陣22m付近での相手ボールラインアウトが乱れてマイボールになると、SO小倉順平がゴール前まで持ち込み、ラックから右に展開してCTBヤンチースが走り込んでトライ。G14-3。

試合写真

この試合ではそれほどキックを使わずに、自陣深くからでも落ちついてボールをつないでいきます。そして敵陣に入り込んでからでも無理な仕掛けをせずに、相手のスペースが空くのを見極めていきます。

前半32分、敵陣22m内に攻め入ってからラインアウトモールで押し進み、最後はSO小倉がパスダミーとステップで一人二人と相手を交わして走りきりトライ。G×19-3。

試合写真

試合写真

ここから得点は動かずにハーフタイム。

ホンダヒートはブレイクダウンで人数をかけて激しくファイトし、時にターンオーバーを奪われましたが、シャイニングアークスは人数をかけるところと離れるところを判断して、立ってプレーしている選手が常に相手を上回ります。そのため、ディフェンスラインを破られることなく、攻めてはワイドに展開して相手のスペースができたところを突いてトライにつなげていきます。またスクラムやラインアウトのセットプレーも安定して、ボールを支配しながら試合を優位に進めていくことができました。


シャイニングアークスボールで後半キックオフ。選手の入替はありません。

深めに蹴ったボールを相手がタッチに蹴り出し、そのマイボールラインアウトから敵陣22m内まで攻め上がります。そして、敵陣右サイドゴール前5mで相手のノットロールアウェーによりスクラムを選択。

後半8分、相手がスクラムを崩すコラプシングの反則を繰り返しますが、シャイニングアークスはいずれもスクラムを選択。3度目のスクラムからラックになったところで、SH西橋勇人がショートサイドを突いてトライ。G26-3。

後半12分、選手入替。PR庵奥翔太→上田竜太郎、HO三浦嶺→須藤拓輝、PR小野慎介→楢山直幸、No.8アマナキ・レレィ・マフィ→栗原大介。

後半15分、また敵陣5mでのマイボールスクラムからプレッシャーをかけて、FL金正奎がピック&ゴーでトライ。キッカーがSO小倉に変わりコンバージョンも成功。33-3。

試合写真

敵陣ゴール前に迫ってから焦って展開することなく、落ち着いてボールをキープして優位に組めているスクラムを起点にトライを奪っていきます。

後半16分、選手入替。FB沼尻大輝→シェーン・ゲイツ。ゲイツがCTBに入り、ヤンチースがSOに、小倉がFBにポジションチェンジ。

後半20分、敵陣ゴール前右10mでのマイボールラインアウトから逆サイドに大きく展開し、左ゴール前ラックからボールを受けたLO鶴谷昌隆が体を回転させて相手を交わしてトライ。小倉のゴールも決まり、40-3。

試合写真

後半21分、選手入替。LO鶴谷昌隆→石神勝。

後半28分、選手入替。WTB鶴田諒→菊池功一郎。

後半36分、選手入替。HO須藤拓輝→三浦嶺。

後半20分以降も敵陣でボールをワイドに動かしてゲームを支配し続け、何度もトライチャンスを作りましたが、詰めが甘く獲りきれませんでした。そして、フルタイム。

この勝利と他会場での試合結果により、順位を一つ上げて暫定5位となりました。
またマンオブザマッチは、攻守に活躍しトライも挙げた金正奎キャプテンに与えられました。

年明けのトップリーグ第14節は、1月8日(日)。キヤノンイーグルスを相手に秩父宮ラグビー場で行われます。

共に戦い、共に喜びを。

グランドで会いましょう。

ロブ・ペニーHCの試合後共同記者会見でのコメント

ロブ・ペニーHC

今日の勝利をうれしく思っています。この一週間しっかり準備をして、チャレンジする気持ちで試合に臨みました。前半風下からスタートしましたが、後半に向けて勢いをつけることが出来て、このような結果で終われました。

ハーフタイムでは、正確性を上げること、ブレイクダウンで相手が激しく来るのでしっかりファイトすること、強度を上げること、この三つを指示しました。前半ゲームを支配していましたが、ちょっとしたことで流れが変わってしまうので、後半もしっかり集中していくように伝えました。

次節に向けて一週間のブレイクがありますが、選手がコンディショニングを整える時間を過ごせる意味もあります。年明けの最後2試合ではランキングを上げていく心構えで戦います。

このまま勝ち続けて最終的にトップリーグ年間5位以上の成績を残して、チームの新しい歴史を築いていきたいと思っています。

金正奎キャプテンの試合後共同記者会見でのコメント

金正奎キャプテン

今日勝てたことを本当にうれしく思っていますし、チームメイトがひたむきに体を張って、80分間粘り強く戦えたことを誇りに思っています。この一週間、ひたむきに戦うというメンタルにフォーカスしてきたことが、この結果につながったと思います。

(初のマンオブザマッチ受賞になりましたが)特別な思いはありませんが、チーム全体で獲らせてくれたマンオブザマッチだと思っています。僕一人が頑張ったからもらえたものではなく、全員が体を張ってしっかりスコアできた結果、僕がたまたま頂けただけと思っています。

杉浦直人選手の試合後コメント

杉浦直人選手

勝てて良かったです。それだけです(笑)。第8節のヤマハ戦以来の出場になりましたが、いつでもいけるように準備はしていました。自分としてはセットプレーを安定させることにフォーカスして試合に臨みました。結果がついてきて、良かったです。相手がどうこうというのでは無く、自分たちのラグビーをやることにフォーカスして一週間準備してきました。ラインアウトもスクラムも良かったと思います。一週間空きますが、リフレッシュしていい準備をします。残り2試合、絶対に勝ちます。

石神勝選手の試合後コメント

石神勝選手

もっとトライを獲れるチャンスはありましたが、前半から安定した戦いができたと思います。自分自身は、第2節のリコー戦以来の出場となりました。膝がまあボロボロですが(笑)。今日は問題なくプレーできました。豊田自動織機戦の敗戦から、何が悪かったかということを選手同士で話し合って、自分たちで改善していくことが出来て、いい結果につながったと思います。(豊田自動織機戦の敗因は?)うまくやろうとし過ぎてしまって、勢いがなくなってしまったところがあったかもしれませんね。本来がむしゃらにやるチームであって、そういうチームではなかったのですが。そこはもう大丈夫です。あとは勝ち続けるだけです。

試合写真
試合写真
試合写真
試合写真
試合写真
試合写真
試合写真
試合写真
試合写真
試合写真
試合写真
試合写真
試合写真
試合写真
試合写真
試合写真
試合写真
試合写真

*試合写真は、公式facebookページにも多数掲載しています。