試合日程・結果 / FIXTURES & RESULTS

2016年12月11日13時00分 KICK OFFジャパンラグビートップリーグ 第11節

NTTコミュニケーションズシャイニングアークスNTTコミュニケーションズシャイニングアークス

vs

豊田自動織機シャトルズ豊田自動織機シャトルズ

19vs33

前半7 - 14

後半12 - 19

攻守に渡ってミスを重ね、自滅と言うべき敗戦。

12月11日(日)、松山ニンジニアスタジアム。トップリーグ第11節 vs 豊田自動織機戦は、シャイニングアークス初の四国開催での試合となりました。
風がやや強くなることがありますが、快晴の下、素晴らしいグランドコンディションで試合を迎えます。

試合写真

13時、豊田自動織機ボールでキックオフ。このボールがタッチラインの外に出たため、シャイニングアークスボールでセンタースクラムに。このスクラムを押し込み、いい感触を掴みます。

そしてすぐに敵陣中盤で相手がオーバーザトップの反則。PGで十分に得点を狙える距離でしたが、タッチキックを選択。そして、敵陣ゴール前15mからマイボールラインアウト。連続攻撃を仕掛けますが、攻め急いだようなパスミスでトライを獲り切れません。

逆に前半8分、敵陣10mライン付近の相手ボールスクラムからラインブレイクされて自陣22m内に入り込まれ、反則によるクイックスタートから展開されてトライを奪われてしまいます。G0-7。

直後のリスタートキックをマイボールにすると、前半11分、連続攻撃で攻め上がり敵陣22m内に入り込み逆サイドに大きく展開。WTB鶴田諒からNo.8アマナキ・レレィ・マフィにキックパスで繋ぎ、鶴田に戻すと大外を抜き去りインゴールをゴールポスト近くまで走り込んでトライ。SO小倉順平のゴールも決まり、7-7。

試合写真

試合写真

同点にして嫌な流れを断ち切ったかと思われましたが、ミスが続きます。

前半21分、ハーフウェイ付近での不用意なパスをインターセプトされ、そのままインゴールまで走られてトライ。G7-14。

その直後のリスタートキックからマイボールにすると、すぐさま敵陣22m内まで攻め込みます。相手のオフサイドにより、ゴール前5mからのマイボールスクラム。スクラムを優勢に組んでいたのですが、サイドに展開してまたミスが出てトライを奪うことができません。

試合写真

何か焦って攻め急いでいるようで、肝心のところで強引なプレーを選択してミスが出てしまいます。

前半36分、自陣10mライン付近でハンドの反則を犯してしまい、相手がPGを選択しますが、これは失敗。

ここから両チームとも得点は生まれず、前半終了。せっかくいい試合の入り方をしたものの、一発でトライに結びつけようとする強引とも思えるプレーでミスを犯して獲り切れず、逆に不注意なプレーを起点にして相手に2トライを与えてしまいました。しかし、相手のラグビーに圧倒されたわけでは無く、自分たち本来のラグビーさえできれば、十分に逆転が可能な点差です。


シャイニングアークスボールで後半キックオフ。

後半2分、敵陣中盤でのマイボールラインアウト。これを起点にしてトライを奪いにかかりたかったのですが、逆にジャンパーと合わずに相手に奪われてしまいます。そしてここから繋がれて自陣22m内に入り込まれてしまいます。

後半4分、相手の連続攻撃の中でアドバンテージを与え、ゴール前で裏にショートパントを上げられ、そのボールを相手に拾われてトライ。G7-21。
是が非でも獲っておきたかった後半最初のトライを逆に相手に奪われてしまいました。しかもまたもや攻めている中でのミスが起点となってしまいました。

後半13分、選手を入替。PR小野慎介→楢山直幸。

後半13分、自陣中盤でのマイボールラインアウトからの攻め上がりの中でノックオン→ボールが相手に渡りアドバンテージが与えられたまま連続攻撃を受けてタックルが甘くなりブレイクされてトライ。G7-28。

後半15分、選手入替。SH光井勇人→西橋勇人、CTBブラッキン・カラウリアヘンリー→シェーン・ゲイツ。

その後もパスミスからピンチを招いてしまいます。

後半16分、選手入替。HO三浦嶺→須藤拓輝。

敵陣ゴール前5mでマイボールラインアウト。絶好のチャンスでしたが、サインミスかスロワーとジャンパーが噛み合わず失敗。

後半21分、選手入替。LO目崎啓志→中島進護。

またもや敵陣22m付近でのマイボールラインアウトを失敗。掴んだ流れを自ら手放してしまいます。

後半23分、自陣中盤エリアにおいて最後方からショートパントで相手の裏を狙ったところをキックチャージされそのまま走り切られてトライ。G×7-33。

後半24分、選手入替。CTB溝口裕哉→沼尻大輝。

後半26分、敵陣22m付近のスクラムで相手が反則を犯し、クイックスタートからPR庵奥翔太がトライ。G14-33。

試合写真

後半33分、敵陣ゴール前10mでのマイボールラインアウトで相手がモールを崩してコラプシングの反則。クイックスタートから逆サイドに展開して、最後は大外でFB羽野一志がトライ。G×19-33。

試合写真

試合写真

後半39分、選手入替。PR庵奥翔太→上田竜太郎、FL鶴谷昌隆→山下弘資。

その後両チームとも得点を挙げることはできず、試合終了。第11節を終えて順位は変わらず6位ですが上位チームとの差は開き、逆に6位から12位のチームまでが勝点6ポイント差以内でひしめき合う混戦となってしまいました。

試合写真

次節は、勝点1差で7位に付け好調の宗像サニックスブルースを相手に宮崎県での試合に臨みます。

今は、相手を見すぎずに自分たちのラグビーを取り戻すことが課題と思えます。

また遠方での試合となりますが、できればグランドで会いましょう。

共に戦い、共に喜びを。

試合後のロブ・ペニーHC共同記者会見コメント

ロブ・ペニーHC

相手の豊田自動織機さんのパフォーマンスに勢いがあり、我々は本来の自分たちのラグビーができませんでした。

試合後の金正奎キャプテン共同記者会見コメント

金正奎キャプテン

自分たちのミスで負けてしまいました。相手のエナジーを受けてしまい、良いパフォーマンスを出せませんでした。ただ、まだ残り4試合あります。自分たちのプライドを取り戻すためにも、シャイニングアークスのラグビーをもう一回しっかりとやります。

試合写真
試合写真
試合写真
試合写真
試合写真
試合写真
試合写真
試合写真
試合写真
試合写真
試合写真
試合写真
試合写真
試合写真
試合写真
試合写真
試合写真
試合写真

*試合写真は、公式facebookページにも多数掲載しています。