試合日程・結果 / FIXTURES & RESULTS

2016年10月9日13時00分 KICK OFFジャパンラグビートップリーグ 第6節

NTTコミュニケーションズシャイニングアークスNTTコミュニケーションズシャイニングアークス

vs

コカ・コーラレッドスパークスコカ・コーラレッドスパークス

17vs14

前半0 - 0

後半17 - 14

薄氷を踏む思いの勝利で、上位争いに望みをつなぐ

10月9日(日)、コカ・コーラウエストスポーツパーク鳥取。トップリーグ昇格以来、初めてとなる会場であり、相手の準ホームグランドでの試合となりました。

朝方降っていた雨も止み、太陽が出てきて蒸し暑くなってきたかと思いきや、試合開始前に突然の雨。しかしキックオフ直前にその雨も上がりました。また風がかなり強く吹き、前半は風下の陣地。

試合写真

13時、シャイニングアークスボールでキックオフ。流れから相手が深く蹴り返したボールを自陣底から繋いでいく中、自陣30m付近で相手につかまりノットリリースザボールの反則。

前半3分、その反則に相手がショットを選択。しかし、PG失敗。

その後10分過ぎまでは多くの時間を敵陣で展開しますが、次の約10分間は風下ということもあり相手のキックにより自陣から抜け出せなくなってしまいます。

前半21分には自陣でのターンオーバーからカウンターアタックを仕掛けて、敵陣深くまで迫りますが、ミスからトライには至りません。

試合写真

試合写真

その後もワイドにアタックを展開して外でチャンスを作りますが、攻め急ぎもありミスやエラーで仕留めきれずに逆に自陣に戻されてしまい、フラストレーションの溜まる展開が続きます。ただ相手も同様にミスが多く、双方得点を挙げることはできません。

そして、前半終了。

試合写真

試合写真


後半開始。選手の入替はありません。

自陣でのノックオンを皮切りに、受けに回ってしまいます。後半15分近くまで自陣でディフェンスに回る時間が多くなり、ゴール前まで2度3度と迫られてしまいますが、相手のミスにも助けられます。

後半17分、相手の反則から敵陣ゴール前5mでのマイボールラインアウトにして、モールを押し込みインゴールに雪崩れ込みます。しかし、これはグラウンディングを認められませんでした。

後半21分、そのリスタートとなる敵陣ゴール前5mでのマイボールスクラムからゴール前ラックになり、近場を攻めて相手を寄せてから後方のSO小倉順平にパス。ボールを持ったSO小倉が相手のギャップを見つけて自ら走り込んで割って入りトライ。自身のゴールも決まり、7-0。

試合写真

後半21分、選手入替。LOアイザック・ロス→アマナキ・レレィ・マフィ、SH西橋勇人→友井川拓、WTB菊池功一郎→小泉将、CTBシェーン・ゲイツ→ブラッキン・カラウリアヘンリー。

後半25分、選手入替。PR庵奥翔太→上田竜太郎、HO三浦嶺→須藤拓輝、PR甲斐直哉→佐藤勇人、LO鶴谷昌隆→山下弘資。

後半27分、自陣30m付近でのコカ・コーラボールでのラインアウトを起点に展開され、絶妙のショートパントから裏を取られてトライを奪われます。G7-7。

しかし、そのリスタートキックからの流れで相手がオフサイドの反則を犯し、タッチキックで敵陣15mからのマイボールラインアウトに。

後半31分、そこからフェイズを重ねていき、SO小倉から右外のNo.8アマナキ・レレィ・マフィへとボールが渡り、大外で十分にゲインを切ってから内にサポートしていたCTBブラッキン・カラウリアヘンリーへとオフロードパスが送られ、インゴールをポスト近くまで回り込んでトライ。G14-7。

試合写真

試合写真

第3節のNEC戦でもトライを奪った二人の攻撃パターンであり、もっと言えば今年の日本代表 vs スコットランド戦でもマフィ選手と金選手とで同様の突破からトライにつなげていました。マフィ選手の破壊力を外で生かしたアタックの型ができたように思えました。

ここで畳み掛けたいところでしたが、逆に反撃を食らってしまいます。

後半33分、相手のカウンターアタックから自陣22m内で連続攻撃を仕掛けられ、最後は右大外を突破されトライかと思われましたが、ビデオ判定の末、その前に足がタッチ外へ出ていたためノートライに。

そして後半34分、そのプレー前にアドバンテージが出されていたことにより、自陣ゴール前5mでの相手ボールスクラムとなります。そこから速攻で展開され左大外にトライ。難しい角度のゴールも決まって14-14。

後半37分、リスタートキックからの流れで相手がオーバーザトップの反則。SO小倉が約40mのPGを決めて17-14。

試合写真

およそ15分の間に静かだったゲームが目まぐるしく動きました。

この後、相手ボールにもなりましたが、得点は動かずに試合終了。

終わってみれば、薄氷を履む思いの勝利でした。チーム全員が同じ絵を見ることができていたため、連携してワイドに展開し外のスペースを突いてチャンスを何度も作りながらも、ミスで仕留めきれずに相手を黙らせることができませんでした。

ただ自陣22m内での守りの場面で相手がミスをしてくれたこともあり、勝利を拾い上げることができました。

チャンスを作りながら獲り切れなかったのはスキルの問題か、それともメンタルの問題か、いずれにせよ試合が続く中での修正が求められます。

試合写真

次節は10月16日、vs トヨタ自動車ヴェルブリッツ戦。以前は相性のいい相手でしたが、ここ2シーズンは勝ちがありません。しかし、自分たち本来のラグビーをやり切ることが出来さえすれば、勝機も見えてくるはずです。

共に戦い、共に喜びを。

次節も、グランドで会いましょう。

ロブ・ペニーHCの共同記者会見コメント

ロブ・ペニーHC

何度かいいチャンスを作ることができましたが、ポジションのキープやコントロールができず、せっかくラインブレイクして相手のディフェンスの鍵をこじ開けたにもかかわらず 、前半はトライを獲り切ることができませんでした。

前半は風下だったため、自陣深くからキックを使うことは難しい状況でした。我々のチーム戦術に従い、パスをつないで相手のスペースを見つけてアタックを仕掛けて4、5トライを奪えるチャンスはあったと思いますが、獲り切れなかったことは反省すべき点です。

トライを獲り切ることが出来なかったために、選手は自分たち自身にプレッシャーをかけてしまい、自分たちのやるべきプレーができませんでした。そして、コカ・コーラさんの硬いディフェンスに阻まれてしまいました。

栗原大介ゲームキャプテンの試合後コメント

栗原大介ゲームキャプテン

――試合の感想を。

トップリーグでは楽な試合はありませんので、勝てたことは自信にもつながりますし、うれしく思います。コカ・コーラさんのディフェンスが良かったことと、要所の部分でこちらのプレーの精度が低かったことで、相手のやりたい展開になってしまいました。前節のパナソニック戦で課題となっていたプレーを出せた部分もありましたが、詰めのところの甘さで点を獲り切ることが出来ませんでした。

――パナソニック戦で出た課題とは?

自分たちのアタックシステムはスペースを見つけてそこにアタックをすることなのですが、パナソニック戦では外側にスペースがあったにも関わらず、気の焦りや相手のディフェンスの圧力で外まで持っていけなかったことが多かったです。外まで持っていければもっとチャンスを作れたのではないかという反省がありました。

――パナソニック戦と今日の試合、2試合続けてゲームキャプテンを務めましたが。

パナソニック戦では苦しい展開になってしまって、自分で考えすぎてしまい、チームに還元できなかったばかりか、自分自身のプレーさえ悪くなってしまったので反省しました。今日はまず自分のプレーに集中することを念頭に置きました。

――ハーフタイムではどんな話し合いがありましたか。

やはりプレーの精度に関してです。軽いプレーやイージーなミスがありましたので、相手を抜いた後に一発でトライを獲ろうとしないでしっかり我慢していこうと話しました。

――なかなか立て直すことが出来ませんでしたが。

前節ではアタックの形自体を作れなかったのですが、今日の試合では形を作れた上でミスをしてしまいました。一歩前進はしているのですが。次の試合では今日の反省を生かしてプレーの精度を高めていきたいと思います。

――自分自身の今シーズンのパフォーマンスに関して。

上がって下がって上がってという感じですかね。パナソニック戦ではゲームキャプテンをやったプレッシャーで自らつぶれてしまいましたが(苦笑)。それまでは良かったと思います。

――昨シーズンと比べて、個人的には何が変わりましたか。

とりあえず体重を少し落として動けるようになりました。それとチームとしての動きの理解度が上がりました。また徹さん(栗原徹スキルコーチ)からバックスとのコネクションの部分での細かい指示をもらっているので、以前よりもアタックに絡めるようになっていると思います。

――次の試合に向けて。

相手によってどうこうということでは無く、立ち返るべきは自分たちのやるべきラグビーだと思います。前半節の残り3試合、がんばります。

小倉順平選手の試合後コメント(本日のマンオブザマッチ)

小倉順平選手

――今日の試合の感想を。

ボールキープして回すという、自分たちのやるべきことをみんな明確に分かっていながら、パナソニック戦から続いてミスが多かったです。また、キックと攻めの兼ね合いをハーフ団でもっとコントロールすべきでした。

スペースを見つけてそこにボールを運ぶまではできていましたが、その後に起こってしまうミスをどう修正していけばいいのかみんなわかっていないので、今後に向けて話し合いが必要だと思います。

――ジャパン合宿メンバーに選ばれましたが。

今日帰って、ナキ(アマナキ・レレィ・マフィ選手)と一緒にすぐ合流します。ロブ(ロブ・ペニーHC)からは、楽しんで頑張ってこいと言われました。

今日の試合のように、自分にはまだまだ未熟な部分がありますので、いろんな刺激を受けて学びたいと思っています。そこで成長して帰ってこようと思います。

上田竜太郎選手の試合後コメント

上田竜太郎選手

――今日の試合の感想を。

勝てて良かったのですが、学ぶべきところも多い試合でした。いいところも悪いところも両方出ましたが、しっかり切り替えて次の試合ではもっといいプレーを出せるようにします。

――苦しんでしまった原因は?

攻めている時に最後のちょっとしたミスで獲り切れないで自陣に戻されて、きつい展開になってしまいました。獲り切ることさえしっかりできれば、大丈夫だと思います。

大外にしっかり振ってそこから崩すというプラン通りにできていたのですが、外でゲインを切った後のプレーが続かなかったので、みんなにフラストレーションが溜まり、ますます準備してきたプレーができなくなり苦しい展開になってしまいました。

――スクラムに関して。

8人でしっかり固まって低く押すということを、ずっと練習でやってきています。去年より手応えはあります。

――ラインアウトはすっかり安定していますね。

毎試合パーセンテージが出るのですが、90%以上の成功率になっていると思います。

――次のトヨタ自動車戦に向けて。

もう一段階レベルアップし、試合の入りから圧倒してファンの皆さまにもっと楽しんでいただけるような試合にしたいと思います。自分自身としてはもっと走ってボールキャリーして、スクラムでももっと相手にプレッシャーをかけられるように頑張ります。

試合写真
試合写真
試合写真
試合写真
試合写真
試合写真
試合写真
試合写真
試合写真
試合写真
試合写真
試合写真
試合写真
試合写真
試合写真
試合写真
試合写真
試合写真

*試合写真は、公式facebookページにも多数掲載しています。