選手FOCUS / IN FOCUS

山口 泰生 Yasuki Yamaguchi

フォワード・PR

口数は少なくとも、そのプレーで仲間を惹きつけ頼りになる男、山口 泰生選手。プロップらしく、スクラムに強いこだわりを持ち、「縁の下の力持ち」を地で行く選手である。

山口 泰生

高校で初めてラグビーに出合う

――ラグビーを始めたきっかけは?

高校(東京高校)になってからですね。それまで、まったくラグビーのことは知りませんでした。中学の時は野球部だったのですが、その時の顧問の先生からラグビーをやってみないかと薦められたのがきっかけです。また、同じ野球部の先輩だった方や同じ中学の先輩も東京高校のラグビー部に所属していましたので、その方たちの話を聞いて、やってみようと決めました。

――ラグビーを実際にやってみてどうでしたか?

練習などいろいろしんどかったですね。当時はボールを持って相手とコンタクトするのが楽しかったですね。体重がありましたからね。そこからタックルなど他のプレーや知識を向上させていくうちに、球技なのですが格闘技的な要素が多く含まれているラグビーにどんどんはまっていきました。

――その当時のポジションは?

高校のときは1年目がプロップでしたが、2年目にFL、No8で3人位ケガ人が出てしまい、人がいなくなったのと、自分がそこそこ走れるということでフランカーになりました。体重は今より20㎏位は軽かったと思います。ですが、3年の時はまたプロップに戻りました。

――高校卒業後は?

もっとラグビーを続けたいという気持ちがありましたし、自分自身もっとステップアップしたいという気持ちもありましたので大学でも続けたいと思っていました。それで、一番熱心に声を掛けていただいた専修大学でラグビーをしようと決めました。

――専修大学でラグビーを始めて印象に残ることは?

接点の部分が強かったですし、サイズが皆大きかったですね。4年のときに良い成績は残せませんでしたが、2年生のときに東海大学に勝って大学選手権出場が決まったときは、嬉しかったです。

――4年生のときはキャプテンを務めていましたね。苦労したことはありますか?

口で言ったりするのが苦手なので、プレーで引っ張れればいいなと思っていました。後で考えてみればもっと口でもどんどん言ったほうが良かったなと今は思いますね。当時、部員は70人か80人くらいいました。大学では少ないほうだと思いますが、いろんな人がいましたので、方向性を一つにするのは大変でした。全員を動かすというのは難しかったなと思います。

――専修大学からIBMに入社したいきさつは?

IBMはこれから上を目指していくというチームだったので、このチームで自分を向上させ、チームの勝利に貢献できればと思い、IBMでプレーすることを決めました。また、大学時代にコーチとして3年間お世話になっていた大西さんがヘッドコーチということもあり、学生時代はIBMとよく合同練習などもやっていましたので、そういう繋がりもありましたね。

スクラムでチームを引っ張りたい

――IBMからShiningArcsに移籍をするきっかけは?

シーズン(2008年)が終わってからすぐミーティングがあり、強化が無くなるという話がありました。実際に言われるとショックと言うか、脱力したというか。ミーティング後は自分も若くはないので、残って社業に専念するか、移籍してラグビーを続けるか迷いましたが、ラグビーを続けたいと思いましたので、知り合いの方を通じてお願いをしていました。

――ShiningArcsへの入団前の印象は?

元々、下山さん(下山貴弘選手・東京高校時代の先輩)や磯田(磯田金吾選手・同後輩)がいましたので、NTT東日本時代からちょこちょこ試合を観に行ってましたし、二俣グラウンドでの試合も観に行ったこともあります。強化していると聞いてはいまいしたが、トップイースト時代に比べたら、全然違うチームになっているなと感じました。

――ShiningArcsに移籍して、中からみたチームの印象は?

個人個人でもいい選手が多くいますし、レベルが高いなと感じました。あとは、ラインアウトの獲得率はすごく高いと思います。IBMのときにはラインアウトの獲得率が低く、苦労したのを覚えていましたので、獲得率の高さがとくに印象に残っています。プレー以外の面にも、ONとOFFがしっかり切り替えられるチームだと思いますし、これからまだまだ伸び代があるチームだと思います。

――自身のラグビーに対するこだわりは?

プロップというポジションですし、一番のこだわりはスクラムですね。奥が深くまだまだ改善する点も多くありますが、自分の理想とするスクラムが組めるようにトレーニングに励んでいます。ここぞというときに試合の流れを変えられるようなスクラムが組みたいですね。あとは、私自身試合中にはほとんどボールは持ちませんので、ブレイクダウンやキックチェイスなど、ボールを持っていない時のプレーが重要になってきますので、そこでしっかりとしたプレーができるよう意識しています。

――昨年を振り返って

去シーズンはプレッシャーのかかった試合も多くありましたが、トップイースト優勝、日本選手権出場など、その中で結果を出すことができました。チームとしては、初めての経験ばかりだったので、これ等の経験はチームとしてとてもプラスになっていると思います。私個人としては、移籍1年目でしたが怪我も多くあり、満足のいくシーズンにはなりませんでした。

――今季トップリーグで戦うにあたって

トップリーグで勝つということは大変なことだと思います。これまで以上に戦術面でも、アタック・ディフェンスに関しても、コミュニケーションをしっかりとって意思統一をすることが大切だと思います。あとは、ブレイクダウンでの球出しも重要になってくると思います。(ShiningArcsには)トップリーグのチームと比べても引けをとらない能力のある選手も多いので、初めての舞台であっても受け身にならずに、自分たちがやってきたことを80分間フルで出せれば結果がついて来るのではないかと思っています。

――最後に、応援してくれる方へメッセージを

昨シーズンは、同じ職場の方々をはじめ、本当にたくさんの皆様からご声援いただけたことを感謝しております。ありがとうございました。皆様の応援が選手一人一人の力となりました。今年トップリーグという新たな舞台での戦いとなります。是非お近くで試合がある時はグラウンドまで足を運んでいただき、昨年と同様、熱いご声援の程よろしくお願いいたします。