選手FOCUS / IN FOCUS

大内 和樹 Kazuki Ouchi

フォワード・HO

選手としてのみでなく、練習メニューを作成したり対戦相手チームの分析を行うなどスタッフ的仕事もこなす、大内和樹選手。試合では大声でコーチングの指示を出す姿が頼もしいが、ひとたびグランドを離れれば、沈着冷静な分析官となる。

客観的に自分やチームのことを見ることが、力となった

大内 和樹

――ラグビーを始めたきっかけは?

父親がラグビーをよく見ていた影響もあって、元々興味があったんですね。小学校の時の一つ上の先輩が中学でラグビーを始めていて、同じ中学に入った時にその先輩に誘われ自然とやるようになり、そのまま早稲田実業高校でも続けました。

――その後、早稲田大学ラグビー部に進まれた理由は?

早実は早稲田大学ラグビー部のOBが監督やコーチをやってくださっていて良い雰囲気を作ってくれていました。そのため大学ラグビーを経験されていた方は一本筋が通っていて尊敬できると感じていた点が一つ。もう一つは、高校最後の大会で都のベスト16で敗れてしまい、このままでは終われないと感じて大学でも続けようと思ったことです。

――早稲田大学というと選手層も厚いですね

中学・高校時代は部員を集めるのにも苦労していたので、部員数が110~120名というのは聞いてはいましたが驚きました。当然選手のレベルも高くて、フッカーは当時平均で体重90キロ近くという世界でしたので、75キロ位しかなかった自分との体格の違い、強さを感じました。

――その体格ならば他のポジションもあったのでは

中学時代は純粋に部員が少なかったので、試合に出られるところに当てはめられた結果、フッカーになりました。最初はポジションにこだわりもなかったですが、だんだん楽しくなっていって気が付けば今でもっていう感じです。

――レギュラーになるのには苦労しませんでしたか?

レギュラーになる為には自分に何が足りないのか、同じポジションの選手に勝つためにはどうしたらいいか、と常に自分のプレーを分析してひとつひとつ課題をこなしていきました。なんとなく漠然とプレーしている選手が意外と多かったのですが、学生にしては客観的に自分を見ていたと思います。その甲斐もあってか、2年生ごろから順々とステップアップして、レギュラーになっていきました。

――最後の大学選手権はベスト8で敗退してしまいましたね

あの試合は、スクラムが壊滅して負けました。珍しく試合中のことを覚えていないぐらい悔しさが残っています。途中でPRが怪我してしまったこともありまして、合計で何メートル押されたんだかというぐらい圧倒されました。当時私はフロントローのリーダーでしたので、他の選手やその試合が最後になってしまった4年生にも申し訳ない思いで一杯でした。

――ご自身が過ごされた、早稲田のいわゆる低迷期をどう捉えていますか?

優勝するんだという強い思いだけは4年間常にあって、日本一になることをあきらめたことはありませんでした。正直、私たちの学年は技術が高い人間が多いとは言えなかったのですが、意識は高かったので良い経験ができたと思っています。でも今振り返ってみると、勝つためのスキルが無かったのだと思います。

――勝つためのスキルとは?

その時代の早稲田は、自分達自身と勝負している感じだったんですね。自分たちの理想とするスタイルに凝り固まりすぎていて、他のチームにいかに勝つかという考えが足りませんでした。みんな日本一になりたいから当然きつい練習はするんですが、そこの大事な考え方をしっかりやっていなかったので、勝つためのスキルが無かったのです。

観ている人に、熱さとか気持ちが伝わるチームにしたい

――そしてNTTラグビー部に入部されましたが

ラグビーと仕事とを両立したいという考えを持っていましたので、当時NTTラグビー部に所属していた早稲田の先輩に相談して、総合的に考えて入部を決めました。

――NTTコミュニケーションズ ラグビー部になって何が一番変りましたか?

環境面が大きく変わりました。ジャージやユニフォームを支給されたり、応援組織をつくっていただいたりなど、言い訳の出来ないバックアップ体制になりました。

力強い選手たち

――そうすると選手もモチベーションが高まりますね

やらなければならないという責任と自覚がチーム全体に根付いてきていると感じます。特に私たちの世代は今までは環境面のことを言い訳にして逃げ道を作っていたところもあり、支援に対する責任をきっちり果たしていかなければならないと若い選手以上に自覚しています。

――NTTコミュニケーションズ ラグビー部の魅力とは?

与えられるのではなく、自分たちで考える力があることだと思います。監督は全体の方向付けはもちろんしてくれますが、プレーへの細かい指示はあまりしません。だから選手ひとりひとりが考えてプレーしなければならない。それは昨年もそうでしたが、このチームにはずっとそういう伝統があるんです。絶対的な監督がいると与えられたメニューをこなすだけになり、当然その監督がいなくなると崩壊してしまう。自分達で考えて実践するという文化が根付いているのが、このチームの魅力ではないかなと思います。

――大内選手のプレーで注目して欲しい点はどこでしょう

グランドに響く声に注目して欲しいですね。自分はプレーでは目立つタイプではないのですが、自分が声を出すことによって100の力を120%にするという役割ができると思っています。それが責任だと思うので、私の声が出ている時は調子が良いんだと思って観て欲しいです。

――HOとしてFW陣をどう見ていますか?

自分でも強力なFW陣だと思います。例えばラインアウトモールを得点源として、自分たちはこれでトライを取れると自信を持ってやっていることが強いと思います。個人的には、スクラムにこだわりがあります。たとえ勝った試合でもスクラムが押されていたら、チームとしては嬉しいのですがHO大内和樹一選手としたら喜べません。

大内選手

――今季の個人的な目標はありますか?

何トライを挙げるというポジションではないですし、スクラムやラインアウトをしっかりするというのを目標にしてはいけないと思っているので......うーん、難しいですね。スタッフ的な役割を担って長いので、私個人のことよりもどうしてもチームの視点で見る方が強くなってしまっているんですね。ただそれだけでもいけないので、もっともっと個人としてもレベルアップしていきたいと考えます。

――リーグ戦が始まって感触はいかがですか?

他チームを見ていると、以前より上位と下位で差が開いてきているなと感じます。勝つための思考プロセスが見えるチームと見えないチームが分かれてきていて、自分達はここで勝つんだというプロセスが見えるチームはやはり力があると思います。

――ファンの一番の興味はセコムとの勝負だと思いますが

具体的な戦い方は試合が近くなるにつれて仕上げていくのですが、ラグビーはやっぱり勝てないかなという気持ちが少しでもあると勝てないスポーツなので、12月に試合をする時にスタメン15人とリザーブの7人やそれ以外の全選手やスタッフ、そして観客の全員が絶対に勝てると思える土壌を作って臨みたいと思います。

――大内選手にとってラグビーの魅力とは?

どんな体格の人でも出来るスポーツで、そこに考える行為をプラスすれば誰にでもチャンスがあるスポーツです。それと人間性がものすごく出るスポーツだとも思います。例えば口先でどんな格好いいことを言う人でも身体を張らない人は張らないですし、目立たない選手でも張る人は張ります。そういったところが人間の本能に訴えかけて、観ている人に熱さとか気持ちを伝えられるのがラグビーの魅力なのだと思います。

――ファンに向けてメッセージを

勝っても負けても観客に伝わってくるものがあるチームが本当に魅力のあるチームだと思います。その為に選手がもっともっと熱を発していけるようにしたいと思いますので応援よろしくお願いします。