選手FOCUS / IN FOCUS

小林 訓也 Noriya Kobayashi

フォワード・FL / NO.8

今シーズン、ヤマハから4名の新加入選手を迎えたShiningArcs。そのひとりとして、トップリーグの経験値をチームに伝え、新しい風をチームに吹き込んでいる。

小林 訓也

以前から顔なじみだったShiningArcsの選手たち

――ラグビーを始めたきっかけは?

中学3年の頃に、「スクールウォーズ」の再放送があって、それを見てラグビーというスポーツを知りました。それまではサッカーをやっていたんですが、入った高校はサッカー部が弱かったんです。そこで、何か新しいスポーツをやろうかなって思っていました。その時、クラスの席の近くの友人がラグビー部の体験入部に行くって言っていたので、自分も一緒に行き、初めて実際にラグビーを見て面白そうだなと思ったのが始めたきっかっけですね。

――ラグビーに魅力を感じたのはどこですか?

最初は筋トレにはまっていて、やればやるほど体重も増えてきました。ラグビーは未知の世界だったので、スクリューパスとか、キックとか、最初は面白くてずっと練習していましたね。

――高校時代を振り返って

ポジションは、センター、フルバック、ウィング。高校はずっとバックスでした。あとは、U-19日本代表として、香港に行きました。2年前まで在籍していた、蓬莱健人と一緒に遠征に行きました。あとは様々なセレクション合宿で今のNTTのほとんどの同期と一緒でした。佐藤元太とか、君島良夫もそうだし、友井川拓も。当時から彼らとは顔見知りで、このチームに入るときも、そんなに違和感は感じなかったです。

――その当時、小林選手はどんなプレーヤーでしたか?

今からしたらあり得ないですけど、サッカーやっていたので、キックを蹴ることはできました。あとは体も大きかったので、ボール持ったりすることは多かったですね。

――日本体育大学に進学されますが、その理由は?

教員になりたかったので、ラグビーと教員の勉強を両立していける大学を選びました。1年生と4年生のときがウィングで、2年、3年のときがNo.8。色々なポジションをやりました(笑)。4年の時に一緒に両ウィング組んでいたのが、菊池(菊池 功一郎選手)なんです。

――色々なポジションを経験されていますが、どのポジションが好きですか?

ラグビーを楽しむのであれば、バックスの方が楽しいですけれど、トップリーグでやる分には「7番」、オープンサイドのフランカーがいいですね。自分の中で、ラグビーの一番面白いポジションってフランカーだと思います。何故かと言うと、一番しんどいし、一番ラグビーをやっている気がするのです。ラグビーの原点というか、俺頑張っているな!!って気持ちになります。自分としてはあまり周りから見えないところで働くプレーヤーがいいなって思っていて、「こんなところにいたんだ」と思われるようなプレーヤーを目指していきたいし、相手から嫌がられるプレーヤーになっていきたいですね。トライすることよりも、ミスの無いタックルのほうが、自分には興味あります。

――それはいつ頃からそう思うようになったのでしょうか?

ヤマハに入ったくらいからですかね。最初ヤマハに入った頃は、8番と6番をやっていたのですが、2年目くらいから7番をやり始めて、そうするとどうしてもフォーカスされるのは、タックルとかブレイクダウンになってくるので、いつしかディフェンスの方が得意になってきて、それでディフェンシブな感じになってきました。

――ヤマハに在籍していた頃、トップリーグの世界で感じたことは?

なかなか勝てない、トップリーグはそんな甘い世界じゃないなと思いました。ヤマハは強くていいチームですが、トップ4にはなかなか勝てなくて、すごい世界だなと思いましたね。あと、外国人選手がどこのチームもたくさんいて、フランカーやNo.8など、バックローには必ず外人選手がいるので、そういう選手を止めるのは、最初は大変でしたね。

コミュニケーションをもっと増して、チームの一体感を築いていきたい

――今季、ヤマハから移籍してきて、ShiningArcsに対して思ったことは?

まずは、すごく勢いのあるチームだなと、これから上昇していくチーム、伸びていくチームなんだろうなと感じました。それに、石田健と八藤後裕太は同郷ですし、高校からの顔見知りも多かったので、面白そうだなと思いました。ただ、自分の意見を持っていない人が多いと感じました。コミュニケーションを取ることに消極的な人も多い気がしましたね。あとは、コーチ主体ですよね。ラグビーってやっぱり選手がやるものじゃないですか。それなのに、コーチに言われたからこうしているとか、自発的な行動が無いチームだと感じましたね。

――トップリーグでの経験があってこその意見だと思いますが、そのチームの現状をどうしていこうと思いましたか?

やっぱり移籍組が変えていかなくてはと思いました。チームのメンバーに色々話を聞くと、「他のチームがどうやっているかわからない」ってよく聞きました。コーチ主体というのが当たり前だと思っていたみたいなんですよ。だから、そういう認識のズレだけであれば、これから改善していけるんじゃないかなと思いました。自分の思っていることって言わなければ始まらないじゃないですか。思っていても伝えられなかったら、意味がないと思っているので、時には的外れな意見を言ってしまうこともありますが、自分の思っていることはどんどんチームに発信していきたいと思っています。それでこそ、チームが出来上がって、チームメイトがどうしたいのか、それぞれ人によって持っている癖もわかるので、コミュニケーションをしっかり取っていきたいといつも思っています。

――トップリーグがすでに開幕していますが、これまでにチームの変化は感じますか?

変化はすごくあります。チームがすごく良くなっているのを感じます。最初、4月、5月には円陣組んでいても、発言するのは移籍組が多かったですが、最近は色々な人が集まって意見したり、話し合ったりする機会も増えてきて、最初よりはすごく良くなったと思います。

――小林選手はチームにとってどんな存在でありたいと思いますか?

皆に元気を与えられるプレーヤーでありたいと思いますね。フランカーなので、チームの先陣を切っていきたいです。タックルにしろ、ブレイクダウンにしろ、体を張って、味方に良いボールを出したり、相手の攻撃を止めたりだとか、そういうプレーで先陣を切っていきたいと思いますね。そうすれば、チームにも元気を与えることも出来ます。あとは、しゃべり続けることですかね。これは凄く大事で、それは元気を出させるというのもありますし、他の人を助けるために指示を出すという意味もあります。だから、しゃべり続けることが大事だと思います。

――これからチームにとって、必要なことは何だと思いますか?

やっぱり若手がもっと頑張らないといけないですね。今は、中山さんだったり、馬屋原さんだったり、川上さん、木曽さんもそうですし、30才オーバーの選手の活躍がすごいと思います。でも、そういうベテランを下から刺激する人というのが、まだあまりいません。もう少し若手が伸びれば、ベテランとの競争が生まれるだろうし、そうしていかないとチーム力っていうのが上がっていかないと思います。だから、もう少し若手が頑張って、チーム内での競争を生むことができれば、各々のレベルが上げられ、チームにとってもプラスになっていくと思います。

――小林選手の今後の目標は?

自分としては、「7番」という仕事を極めたいというのがあります。まだ「7番」を始めて3年目ですが、試合の「読み」だったり、まだまだ出来ていないこともあるので、色々な人のプレーやアドバイスを参考にしていきたいと思っています。

――今季、チームとしての目標は?

一つでも多く勝つことじゃないですかね。一つでも多く勝っていけば自ずといい結果に繋がると思います。あとは、一体感ですね。言葉で言うのは簡単ですが、今はチームがいい方向に向かっているので、チームの一体感が現れているかもしれませんが、これからもし、悪い方向に向かった時、どう立て直すかが大切だと思います。

――最後にファンの皆さんに一言お願いします。

いつも応援ありがとうございます。今は一つでも多く勝って、会場に足を運んでいただいたお客さんに、観に来てよかったなと思っていただけるような試合を、これからも心がけていきたいと思っています。自分としては泥臭く、チームの勝利のために頑張っていきたいと思います。