選手FOCUS / IN FOCUS

細川 智広 Tomohiro Hosokawa

フォワード・LO/FL

ここぞという時、危険を恐れず低いタックルでチームの窮地を救ってきた、細川智広選手。秋田県人らしい?ねばり強さで、タックルやセービングに活路を見出す異色のLOだ。彼のひたむきなプレーには、通好みのファンも多い。

ルールもよくわからないまま、ただガムシャラに「走る・スクラム」の繰り返し

細川 智広

――ラグビーに初めて触れたのはいつですか?

高校に入ってからです。小学校4年生から中学校3年生まではサッカーでゴールキーパーをやっていましたが、芽が出なかったんです。中学生の時に、遊びでサッカーボールをラグビーボールに見立てて遊んでいてラグビーも面白いかもと思い始め、高校に行ったらやってみようと考えていたんです。

――その興味だけで、県内強豪の秋田工業に?

いや、今だから言えますが、秋田工業は家から近かったということもありました(笑)。入学したらサッカーを続けるか、ラグビーを始めるかまだ迷っていたんです。父親が元々ラグビー好きだったのですが、迷った末サッカー部に決めて入部届を父親に持って行ったらえらい剣幕で怒られ、ラグビー部の入部届に替えて慌てて出した記憶があります。

――強豪校の練習は厳しいですよね

今でも記憶にあるのは、走って、スクラムを組んでの繰り返し。その反復練習に明け暮れていましたね。辛かったです。だけど、練習しながら身体がラグビーを覚えていって、細かいルールなんかわからなくても出来る面白いスポーツだなと思いました。

――レギュラーになれたのは、いつ頃から?

ラグビーでも最初は芽が出ず、3年生の夏までは、ジュニアの試合にも出られないようなC・Dチームにいたんです。ところが、夏にレギュラーの選手がケガをして、リザーブにいた自分にレギュラーの座が巡ってきたんです。

――その時どんな気持ちでしたか?

3年生でやっと掴んだレギュラーで、正直な話、自分の売りがわからなかったので何もかもガムシャラにやっていただけだったんです。レギュラーの選手は自分より身体の大きな選手でしたけど、運動量やタックルの強さとかを見てくれていたのかなと思いました。

――そして県予選を勝ち抜いて、全国大会への切符を手にしました

秋田はラグビー王国とも言われていましたが、実は県予選の出場校は10校弱だけだったんです。だけど、秋田工は昔から全国大会の常連でしたから、県予選なんかでは負けるわけにはいかないという気持ちで戦っていました。

――やはり目標は全国優勝でしたか?

周りや黒澤監督(黒澤光弘  現秋田県体育協会)からもそう言われていましたので、意識はしていましたが、夏の合宿でも全国大会の常連校には負けていたので、あくまで目標という感じだったですね。

――それでも秋田工は勝ち進みます

本当に決勝戦までは接戦の連続でした。特に準決勝の相手が、3連覇のかかっていた東日本Aシードの相模台工高(現神奈川総合産業高)に決まった時、皆「ここまでだろうな」という気持ちがありました。試合前夜は、宿舎で荷物をまとめて帰り支度をしていましたから。でも、試合が始まってみると自分たちのFWが強くて相手をどんどん押し続け、接戦でしたが勝ってしまいました。感動もしましたが、実際に戦った自分たちが一番ビックリしていましたね。

――そして優勝がかかった決勝戦。今チームメイトとなっている川上選手のいた大工大高と対戦しました

大工大高は、大学生じゃないかと思うくらい強かったですね。10-50という今も破られていない40点差の記録的大差で負けました。川上君も当時から高校代表候補で有名だったし。

ルールもよくわからないまま、ただガムシャラに戦っていた秋田工時代ルールもよくわからないまま、ただガムシャラに戦っていた秋田工時代

――やはり悔しかった?

そうですね。負けたことは悔しかったですが、秋田に帰った時、秋田駅前で大勢の人が旗を振って出迎えてくれて嬉しかったです。それを見て、準優勝とはいえ凄いことをしたのかなと思いました。祖父からも「よくやった」と言われて、ジーンと来ました。

――高校3年間を振り返っていかがでしたか?

「試合に出られなくて辛い思いをしても続けられたのは、チームメイトの村田君のお陰です」と言っておきましょう。本人からそう言えと頼まれていますから(笑)。真面目な話、自分たちの世代は部員が少なかったこともあって、仲も良く非常にまとまった良いチームでしたね。

――さて細川選手は法政大に進まれます。どういった経緯でしたか?

自分は夏まではベンチでしたから、秋田で就職を考えていました。ところが夏にレギュラーになってから大学に声をかけてもらい、「本当に行ってもいいのか」という気持ちがありました。父親に相談したら、「一人ぐらい大学に行かせるのは問題ない」と言われて、頭が下がる思いでした。就職すると思っていた両親には迷惑をかけたと思いますよ。高校3年生の秋口にいきなり「大学行きたい」と言われて、やっぱり準備とかある筈なのに何も言わず希望を聞いてくれたのですから、今でも本当に感謝しています。

――その法政大ではいかがでしたか?

最初からまたガムシャラにやっていましたね。1年生の春のオープン戦で、LOなのにタックルやセービング(地上に転がっているボールを身を投げ出して捕らえるプレー)、運動量と言った部分を監督が評価してくれました。それで自分は、背が高くてパワーで突進する普通のLOとは違う、異色のLOなんだと思いました。また、そういうところを見てくれて評価してもらったのが自信になりました。

――レギュラーとなった3年生ではリーグ戦で優勝しますが、大学選手権では2回戦敗退。何があったんですか?

関東学院大を倒してリーグ戦を優勝した時は、国立(国立霞ヶ丘競技場・・・大学選手権決勝が行われるスタジアム)に行けるかも知れない、優勝できるんじゃないかと感じていました。「お前を使いたい」と言われて起用されていましたから、自信を持って大会に臨んだはずでした。ところが、1回戦の日体大を大差で下した後、2回戦でその日体大に対抗戦で負けている早稲田に足元を掬われてしまいました。低迷している頃の早稲田だったので勝てると思っていたんでしょうね。早稲田の闘志むき出しのラグビーの前に、自分たちの武器だったディフェンスが気持ちで押されて敗れてしまいました。

――雪辱を期したはずの4年生でも結果が残せませんでした(リーグ戦5位、大学選手権1回戦敗退)

FWも他のチームより大きかったしBKも速い選手が多かったので、今考えても強いチームだったと思うんですが、自分たちのラグビーを見つけられず、チームとしてまとまりきれていませんでしたね。リーグ戦では関東学院大を倒したりもしましたが、結局チームとして一つになれなかった、そういう年でしたね。4年間で国立に一度も行けなかったのが、本当に残念です。

――大学卒業後は当時のNTT東日本に入社。チームの印象は?

正直言って、練習しないチームだなと思いました。それに、何も考えずに練習メニューをこなすだけだったり、みんなウェイト(ウェイトトレーニング)も全くしていないし......ただ所属していた選手は、大学時代には1本目(レギュラー)でプレーしていた人ばかりでしたから、もったいないなという思いも同時にありました。

――でも、そういうチームも成績が上向きになっていきましたね

当初は学生時代の貯金でやっていた、ラクで楽しいラグビーだったんですが、新しく入った大内(大内和樹)らがメニューを考えてくれて良くなっていきました。今の方がやっていて楽しいし、考えてラグビーをやるうれしさが、自分にとっては新しい発見でした。

練習から「ALL OUT」して、優勝の喜びを分かち合いたい

練習から「ALL OUT」して、優勝の喜びを分かち合いたい

――今年チーム体制が新しくなって、どんなところが変わりましたか?

応援してくれる方の数が増えてビックリしています。秩父宮の試合なんか、応援の声がわーっと降ってくるんですよ。あれを背中に受けると奮い立ちますよね。それに試合の翌日には、会社の人が声を掛けてくれるのが本当に嬉しいですね。注目度が上がって、モチベーションも上がっています。自分は名前を呼ばれると燃えるタイプなので、試合会場では皆さんの大きな声援を待っています(笑)。

――NTT Comになって初めてのシーズンを振り返っていかがでしたか?

悔しさだけが残るシーズンでした。特に最後の3試合は個人的に全くやりたいことができませんでした。ここ何年もリーグ戦では終盤に連敗してシーズンを終えているので、「またか」という思いばかりです。チーム力は確実に上がって上位との差も縮まっているとは思いますが、勝つことができない......来シーズンは最後に勝って(トップリーグ昇格を)喜びたいですね。

――3位になってしまったターニングポイントになった試合はどこだと思いますか?

うーん、難しい質問ですね。試合で言ったら明治安田生命戦かな。シーズン序盤は勝ち続けていましたが、この試合は前半を終わって同点でした。結果的には勝ちましたが、予想外の苦戦をして、この辺りから選手たちも「まずいな」と意識し始めたと思うんです。でも、そこから気持ちを入れ直してももう間に合わなくて、一度傾いた流れを取り戻せなかった。それは自分もそうなのかもしれませんが、練習から全てを出すというところがまだ足りないと感じてます。

――それを今後どう修正していきますか?

まず、ふだんの練習から全員が気持ちを前面に押し出すことだと思います。今練習で大声を出しているのはベテランばかりなので、若い選手にも元気を出して欲しいですね。遠慮してるのかな。口で言っても難しい面もあるので、最初のうちは意識して(声を)出すしかないです。これだけ言うと自分も来シーズン先頭に立ってやらないといけませんね(笑)

――その若い選手を見て、どう感じていますか?

やっぱり自分たちベテランを脅かす存在が出て来て欲しいです。大学時代もそうでしたが、下から突き上げて追い越そうとする選手が出てくるから、上の世代の選手も刺激を受けてまた成長しますし、それがチームにとっていい循環になると思っています。自分たちが若手を育てて、次の世代に引き継いでいかなければとも考えています。

――リーグ戦は残念な結果でしたが、細川選手個人としては国体で秋田県代表として優勝しました

「国体は祭だ」と言われる方もいるのですが、秋田県代表が招集された事前練習で、国体の意義やチームができた経緯などを説明されて、優勝は義務であると叩き込まれました(笑)。だから、次第に優勝しなければならないというプレッシャーを感じていきました。

――そのプレッシャーを跳ね除けて優勝したんですね

ラグビーを始めてから日本一を味わったことがなかったですから、日本一がこんなに素晴らしいのかということを初めて経験しました。シーズン中でしたが、祝勝会ではみんなで胴上げし合って、「今日ぐらいはいいだろう」と(笑)。

――地元だけにその味も格別だったのでは?

そうですね。地元に貢献するというのは中々できないので、優勝で少しは恩返しできたのかな。決勝は秋田の男鹿という地方で行われたんですけど、男鹿はラグビーが盛んな地域で観客の目も肥えていて、自分のディフェンスをよく見てくれていました。男鹿の人たちらしいなと思っていました。

――来シーズン、トップリーグに行くには細川選手個人としては何が必要ですか?

やはり身体づくりだと思います。自分は、トップリーグのLOの選手と比べて明らかに線が細いと思ってます。ウェイトトレーニングは毎日の少しずつの鍛錬が結果に繋がっていきますから、意識して大きくしていきたいと思います。

――FWとしての課題はありますか?

終盤戦はFWが崩れて負けてしまったと思っています。レベルが落ちたとは思わないですが、相手から警戒されても突破できるように、今まで以上に目標に向けてのプランニングをしっかり行い、密度の濃い練習をしていきたいと思ってます。

――最後にサポーターにメッセージをいただけますか

今シーズンはご声援ありがとうございました。トップリーグ昇格のチャンスを活かせず申し訳無いと思っています。去年と比べて順位は上がっていませんが、上位との差は縮まっていると感じます。必ず来シーズンこそはトップリーグ昇格を叶えたいと思っていますので、ご声援よろしくお願いします。