Global Site|
Powered by Goo
個人のお客さま法人のお客さま企業情報ICT Visionグローバルサービス

企業情報トップ > お知らせ > ニュース > 2011年7月27日:ソーシャルメディア上の『顧客の声』分析サービス「Bizマーケティング Buzz Finder」の提供開始について

このページを印刷する(PDF)

ニュース

2011-R072
2011年7月27日

ソーシャルメディア上の『顧客の声』分析サービス
「Bizマーケティング Buzz Finder」の提供開始について

NTTコミュニケーションズ(略称:NTT Com )は、ソーシャルメディア上に流れる『顧客の声』分析サービス「Bizマーケティング Buzz Finder(以下、Buzz Finder)」を2011年7月27日より提供開始します。

NTT Comでは、既にリリースしているTwitter(*1)/Facebook(*2)クライアント「CoTweet(*3)」に「Buzz Finder」を加えることにより、企業がソーシャルメディアを活用したCRMやマーケティング活動を展開するために必要なプラットフォームを提供します。

1.市場背景

日本でのソーシャルメディア利用者数は急速な成長を遂げています。また、ソーシャルメディア上の会話の約35%は企業やそのサービス、商品に関しての愛着、質問、苦情、キャンペーンへの反応、新製品のアイデアや要望などの「顧客の声」といわれています(*4)

企業にとっては「顧客の声」は今や無視できない存在となっており、これら貴重なメッセージを収集・分析し、素早く対応していくことが求められています。

2.サービスの概要

Twitter、ブログや検索キーワードなど、ソーシャルメディア上をリアルタイムに流れる顧客の声を傾聴・分析・洞察し、企業のCRMやマーケティング活動を支援するクラウドサービスです。

分析結果は、「顧客ニーズの変化の把握」、「風評被害への対策」、「新商品の開発」「ブランド価値の向上施策」や「広告宣伝やPRの効果測定」などに活用できます。

3.主な機能と特長

(1)Twitter、ブログや検索キーワードのトレンドを分析

Twitter、ブログや検索エンジン「goo」における、分析対象キーワードのクチコミ数のトレンド(推移)を把握。さらに性別・年齢・地域別の分布や、複数のキーワードを比較した分析結果も表示することができます。 

(2)クチコミが好意的か否定的かを高精度に分析し、一覧表示

NTT研究所が開発した日本語解析技術「リッチインデクシング技術」(*5)により、クチコミが好意的か否定的か(ポジティブ/ネガティブ)を高精度に分析、さらにフィルタリングして一覧で表示することができます。

(3)顧客の興味を深く把握する関連語分析

分析対象のキーワードと一緒に書かれている関連キーワードを表示します。これにより、顧客の興味にどのような広がりがあるのか、またその背景を知ることができます。

※「Buzz Finder」の画面イメージ、および、機能に関しては、別紙を参照ください

4.販売開始日

2011年7月27日(水)

5.価格

項目 金額(税込み)
初期導入費用 52,500円
1IDあたりの月額利用料金 52,500円

※ 1IDにつき、1人の利用となります。

※ Twitterの分析キーワードは基本料金内では、1IDあたり10個までとなります。

※ 最低利用期間は6ケ月以上となります。

※ オプション料金

・初期導入サポート費用は262,500円(税込)となります。

・1IDあたり11個以上のTwitterキーワードを登録する場合、11個目より1キーワードあたり10,500円(税込み)が必要となります。


関連リンク

*1:Twitter(ツイッター)について (http://twitter.com/)

米国Twitter社が提供するミニブログのサービス。今起きていることや考えていることなどを1 回 140字以内(ツイート=つぶやき)で表現して、それを投稿・共有できます。米国では2006年にサービス開始。日本では、2008年1月、デジタルガレージ社が米国Twitter社との間で日本展開支援のための資本・業務提携を発表。Twitterの日本語版を2008年4月にサービス開始。

* 2:Facebook(フェイスブック)について (http://www.facebook.com)

2004年2月設立の米Facebookがサービス提供しているSNS。Facebookではソーシャルユーティリティサイトと称している。ハーバード大学の学生だったM・ザッカーバーグが創業。ハーバード大学生向けのコミュニティサイトだったが、他大学にも開放。現在では誰でも利用できるようになった。アプリケーション開発プラットフォーム「Facebook Platform」をクラウドサービスとして提供する。

*3:CoTweetについて(http://cotweet.jp)

TwitterやFacebook上に流れる顧客の声を把握し、顧客との関係性を高めるための対話の促進を支援し、それらの活動を分析・レポートすることが出来る、企業のソーシャルメディア活動支援ソリューション。日本市場向けには2011年3月より、NTTComが独占提供中。

*4:ExactTarget社調べ

*5:リッチインデクシング技術 (http://www.ntt.co.jp/journal/0806/)

リッチインデクシング技術とは、自然な日本語で書かれたテキストから有用な知識を抽出・活用するためにNTTサイバースペース研究所が開発したテキスト意味抽出技術です。

本件に関するお問い合わせ先





RSS配信について

新着情報をRSS/RDF配信しております。