Topics
平成19年11月30日

「World Communication Awards 2007」で「Best Managed Service」賞を受賞

NTTコミュニケーションズ(略称:NTT Com)は、平成19年11月28日夜(日本時間平成19年11月29日早朝)に英国ロンドンで開催された「World Communication Awards 2007」*1において、「Best Managed Service」賞を受賞しました。

「World Communication Awards」は、有力な国際メディア会社であるTerrapinn社*2が主催している、全世界のキャリアやベンダーを含む通信業界を対象とし、過去1年間の成果を評価する賞です。今年も、AT&T、BT、Orange Business Services、Verizon Businessなど、世界の主要キャリアなど約50社がノミネートされ、14部門において表彰が行われました。

その中で「Best Managed Service」賞は、企業のお客さまに対し、ネットワークサービスに加えて、ICTサービスをフルマネージで提供する能力を評価する賞で、ノミネートされた5社(Orange Business Services、Verizon Business、Vanco、Easynet、NTT Com)の中から、NTT Comが日本およびアジアのキャリアとしては初めてこの栄誉ある賞を獲得しました。

当社が「ICTソリューションパートナー」として重要視している部門である、2004年のBest Global Carrier賞、2005年のBest Customer Care賞に加えて今回Best Managed Service賞を受賞したことで、三冠を達成しました。

審査員団はNTT Comの2007年の活動を評価して、「豊富なお客さま事例が、サービスを一貫して提供していることの証明であり、NTT ComはICTソリューションの提供を確実に広げていっている」とコメントしています。

*1 World Communication Awards 2007 (WCA 2007)

英国Terrapin社が主催する、通信・ITサービス提供事業者を対象として設置された賞で、今年度は14部門において、産業団体・コンサルタント・エンドユーザ組織により公平に決定されました。

*2 Terrapin社

通信業界メディアTotal Telecom (www.totaltele.com)などのビジネス出版を手がける、英国ロンドン本社の国際メディア企業

<本件に関するお問い合わせ先>
お問い合わせはこちらまで