News Release
平成19年10月23日

個人のお客さま向け「OCN緊急地震速報」のサービス提供開始について

NTTコミュニケーションズ(略称 NTT Com)は、平成18年12月よりモデル実験を行っていた、緊急地震速報*1のIPv6*2マルチキャスト配信*3を、平成19年10月24日より「OCN緊急地震速報」として提供開始します。

1.サービス概要

地震発生時に気象庁が配信する緊急地震速報を、主要動(大きな揺れ)が到達する前にIPv6マルチキャストにより、受信端末に配信します。

※「OCN IPv6*4」と「OCN緊急地震速報」の申込みが必要です。

サービス概要図

2.サービスの特長

(1)遅延を抑えた緊急地震速報を配信

IPv6マルチキャストを利用することで、国内全域に対して、遅延を抑えた配信が可能です。

(2)具体的な推定震度と猶予時間を通知

気象庁が10月1日より開始した一般向けの緊急地震速報は「一般向け緊急地震速報」と「高度利用者向け緊急地震速報」の2種類*5があります。本サービスは「高度利用者向け緊急地震速報」を再配信するため、具体的な推定震度と猶予時間をお知らせできます。

(3)受信端末側に位置情報等を設定することにより、精度の高い速報が可能

受信端末側に設定した位置情報(利用場所の緯度、経度、地盤情報)を、緊急地震速報の計算時に使用することで、利用場所に届く地震の推定震度、猶予時間の精度を高めています。

(4)様々な受信端末の提供が期待

NTT Comは、受信端末の開発メーカーに配信情報の仕様開示を行なっていきます。受信端末は専用アプリケーションをインストールしたパソコンだけではなく、様々なパソコン以外の受信端末が各メーカーから発売されることが期待されます。

3.受信端末

サービス提供開始時点でパソコンを受信端末としてご利用される場合は、OCN IPv6を終端したパソコンにOCN緊急地震速報受信アプリケーション「なまずきんDesktop」をインストールしていただくことで受信することができます。

メイン画面 詳細画面

「なまずきんDesktop」は株式会社ハレックス(以下、ハレックス、本社:東京品川区、代表取締役社長:越智 正昭)と株式会社ヴァル研究所(以下、ヴァル研究所、本社:東京都杉並区、代表取締役:鈴木和夫)が共同で開発および提供するもので、受信した情報と予め設定された地域情報(緯度、経度、地盤情報)から、予測震度と、主要動が到達するまでの時間を計算し、パソコンのデスクトップにポップアップウィンドウの形でお知らせします

また、今後、専用の受信端末(別紙1)の提供も予定されており、パソコンを常時起動させておかなくてもOCN緊急地震速報の受信が可能になります。

4.料金

初期費用 無料
月額利用料金 525円(税込)/ライセンス
なまずきんDesktop利用料金 無料
平成19年12月31日までの月額利用料金を無料で提供します。
OCNの接続サービス(OCN IPv6)1契約につき最大2ライセンスまで購入いただけます。OCN IPv6を終端する受信端末1台につき1ライセンスが必要となります。
OCNの接続サービスおよびOCN IPv6の料金は別途必要です。
初回の1ライセンス目購入については、申込月の月額利用料を無料とし、2回目以降(2ライセンス目も含む)の購入は申込月から月額利用料が発生します。廃止についても廃止申込月の月末廃止とします。利用料金の日割りは行ないません。
利用料金は、「OCNペイオン」でOCN接続料金と一括して支払いできます。

5.申込方法

 平成19年10月24日午後2時頃より以下のOCNのホームページより受付を開始します。

「OCN緊急地震速報」ホームページ

URL:http://www.ocn.ne.jp/jishinsokuho/

※利用には、「OCN IPv6」の申込みも必要です。

6.その他

(1)地震に関する情報を提供

緊急地震速報を受信した場合の心得や、地震の基礎知識などの情報を掲載するページを10月24日のサービス受付開始と同時に開設します。
URL:http://jishin.ocn.ne.jp/
※本サイトはハレックスからの情報提供を受けています。

(2)緊急地震速報モデル実験から商用サービスへの移行方法

「個人のお客さま向け緊急地震速報のモデル実験」参加のお客さまは、利用していた「なまずきんDesktop」は「OCN緊急地震速報」ではご利用になれませんので削除(アンインストール)していただき、「OCN緊急地震速報」で新に提供を開始する「なまずきんDesktop」をインストールしてご利用ください。
詳しくはOCNホームページでご案内しています。http://www.ocn.ne.jp/jishinsokuho/

(3)注意事項

緊急地震速報は減災に役立つ有効な情報ですが、以下の原理的限界も存在します。
・直下型地震の場合など、速報が主要動の到達に間に合わない、もしくは猶予時間が極端に短い場合がある。
・震度、到達猶予時間などの予測に誤差を含む場合がある。
・地震以外の要因(事故、落雷など)による誤報のおそれがある。
※本サービスは地震災害による損害の軽減を保障するものではありません。
*1震源に近い観測点で捉えた地震波を使って、震源や地震の規模を直ちに推定し、これに基づいて主要動(大きな揺れ)が到達する前に各地での主要動の到達時刻や震度を推定し、可能な限り素早く知らせ、地震災害を軽減することを目指した情報です。

*2インターネットプロトコルの次世代版となる通信プロトコルです。現在、一般的に使用されているIPv4にくらべ大量のIPアドレスを利用でき、PC以外の機器のネットワーク対応にも活用されます。

*3多数ユーザに一斉配信した際も配信システムの負荷を集中させることがなく、通常のユニキャスト(1対1の通信)による配信に比べ、情報遅延の問題が低減出来ます。

*4 OCN IPv6は、OCN接続サービスのオプションサービスです。月額315円(税込)で利用できます。詳しくは、http://www.ocn.ne.jp/ipv6/をご確認ください。

*5 「一般向け緊急地震速報」では具体的な推定震度と猶予時間は発表されません。詳しくは気象庁のホームページ(http://www.seisvol.kishou.go.jp/eq/EEW/kaisetsu/eew_naiyou.html)をご確認ください。
<本件に関するお問い合わせ先>
(報道機関からのお問い合わせ)
お問い合わせはこちらまで

(一般のお客さまからのお問い合わせ)
カスタマーズフロント
Tel:0120-506506
午前9:00 〜 午後 9:00 年末年始除く
OCNホームページ:http://www.ocn.ne.jp/